若返り成長ホルモンを分泌するには無酸素運動が効果抜群?!

 

「若返りに効果的な成長ホルモンを分泌させるにはどうすればいいの?」

 

 

成長ホルモン分泌には

  • 質の良い睡眠
  • 適度な運動
  • 空腹
  • 適切な栄養素の摂取

の4つが大事です。

 

これらによって若返りに効果的な成長ホルモンを
ドバドバ分泌させる事ができます。

 

逆に疎かにしてしまうと
実年齢以上に見える老化促進に繋がってしまうので、
今の内にチェックしてみましょう。

 

今回は成長ホルモン分泌促進の為の
適切な運動方法についてお伝え致します。

 

成長ホルモン分泌には無酸素運動が効果的?!

 

 

成長ホルモン分泌には
有酸素運動・無酸素運動どちらも必要なんですけど、
より多くの成長ホルモンを分泌させるのは
無酸素運動といわれています。

 

有酸素運動・無酸素運動とは?

 

有酸素運動とは長時間続けられる運動で
無酸素運動とは長時間続けられない運動
です。

 

ですので、
何分も走れるジョギングは有酸素運動ですが、
全力疾走や負荷のかかる筋トレは無酸素運動です。

 

無酸素運動は何で成長ホルモン分泌に効果的なの?

 

無酸素運動時に糖分をエネルギー源として
乳酸を分泌させます。

 

 

この乳酸を分解する為に成長ホルモンが働くので
無酸素運動によって
結果的に成長ホルモンが分泌されるのです。

 

それからもう1つ。

 

筋トレによって筋繊維が破壊されると、
破壊された筋繊維を補おうと
成長ホルモンが分泌され、
細胞分裂が促進されます。

 

 

この細胞分裂によって
より強固な筋力ができるようになっていますので、
筋トレの過程によって
成長ホルモンが分泌されるんです。

 

ですので、無酸素運動によって
成長ホルモンの分泌促進ができるんです。

 

上記過程で成長ホルモンが分泌されますので、
無酸素運動中というよりは
無酸素運動後に分泌されます。

 

有酸素運動を無酸素運動後に取り入れると効果UP?

 

 

無酸素運動で成長ホルモンの分泌を促す事ができますが、
物凄く筋力がある人でも
背が高くない人っていますよね?

 

あれって負荷をかけすぎて
無酸素運動で壊した筋繊維のみに
成長ホルモンを使っている状態ですので
身長を伸ばす方にまで
成長ホルモンが行き渡っていないんです。

 

そこで無酸素運動後に有酸素運動を取り入れる事で
体全体に成長ホルモンが行き渡り易くなります。

 

無酸素運動後は脳下垂体を通じて
成長ホルモンが負荷のかかった必要部分に
分泌されている状態ですので、
この状態で全身を使う有酸素運動をすると、
脳下垂体から全身に成長ホルモンが行き渡り易くなる
んです。

 

 

ですので肌の若返りを目指すなら
無酸素運動⇒有酸素運動
の流れで運動を取り入れると良いんです。

 

走るだけが有酸素運動じゃない

 

 

因みに有酸素運動は何も走る事だけではありません。

 

家から外へ出たくないという方は
「軽度のスクワット」を取り入れると良いと思います。

 

因みに私の場合、
腕立て・腹筋・背筋⇒スクワット、ジョギング
という流れで
2日に1回のマイペースで行っています。

 

肌のアンチエイジングの為、
成長ホルモンを分泌させる為、
続けられる範囲内で
まず取り組む事が大事です。

 

運動してあなたの持つ若々しさを
取り戻していきましょう!

 

まとめ

 

  1. 有酸素運動は長時間可能な運動で、無酸素運動は長時間不可能な運動
  2. 無酸素運動は乳酸を分泌し、細胞分裂も促進する為、成長ホルモン分泌に効果的
  3. 無酸素運動⇒有酸素運動の順で取り組むと、体全体に成長ホルモン分泌を促せる