超敏感肌を僅か〇〇円の安い化粧品で改善?まずすべき事は?

 

「どの化粧品を使ってもすぐに肌荒れを起こしてしまう」

「20代後半になってから急に敏感肌になってしまった」

 

 

このように超敏感肌で
「化粧水を塗ると肌がヒリヒリする」
という症状のあなた。

 

これ、実はかなり重症なんです。

 

っていうのも化粧水の9割は水でできていますんで、
言い換えると、ほぼ水だけでヒリヒリしている状態
なってしまているからです。

 

つまり、この次のステップに行ってしまうと
普通のぬるま湯洗顔でさえヒリヒリしてしまうんです。

 

いや、もう既にぬるま湯洗顔でさえ
ヒリヒリしちゃっている人もいるんじゃないでしょうか?

 

このように敏感肌が進行してしまうと、
肌は紫外線やウイルスの影響を受けやすくなって
シミやシワができ易くなってしまうんです。

 

 

肌もボロボロの状態ですので、
実年齢よりも老けて見えてしまうかもしれません。

 

ここで「肌に優しい化粧水を」と思って、
あらゆるスキンケアに手を出してしまうと思うんですけど、
肌がヒリヒリしてしまう化粧品を塗る行為は
火に油を注ぐ様なもので、余計悪化させるだけなんです。

 

それでもワラにすがる思いで
こういった敏感肌用の化粧品につい手が出てしまうんですよね。

 

自分もそうだったので、分かります。笑

 

じゃあ、正しくはどうすればいいんだという所ですが、
あなたが今敏感肌なのは、
肌の常在菌のバランスを崩している事が原因ですので、
あなたの肌の常在菌を取り戻せば
敏感肌を改善できるんです。

 

この肌の常在菌を取り戻すスキンケア方法については
後述致します。

 

何故、あなたは敏感肌になってしまったのか?

 

 

日本人の過半数以上が生まれつきではなく、
後天的な敏感肌になっているみたいです。

 

その原因としては

  • 誤ったスキンケア
  • 生活習慣の乱れやストレス

の2点が考えられます。

 

ですが、日本人のほとんどは
この誤ったスキンケアによる
肌表面の破壊が原因と考えられています。

 

誤ったスキンケアとは?

 

誤ったスキンケアとは具体的に
「合成界面活性剤」「合成ポリマー」「多様な植物エキス」
が配合された化粧品を使う
という事です。

 

これら成分によって敏感肌は引き起こされるんですけど、
今出回っている化粧品の95%以上は
実はこれら成分が配合されています。

 

ですので、知らない人だと
ほぼ確実に誤ったスキンケアをしてしまっているのです。

 

合成界面活性剤は何でダメなの?

 

合成界面活性剤とは戦後アメリカから流入してきた
本来溶け合わない水分と油分を溶かす成分です。

 

 

もともと日本では石鹸とかの弱い力で
化粧水などの水分と油分を溶かしていたんですけど、
合成界面活性剤というパワフルな成分が流入してきたおかげで
美容液や化粧品は
様々な成分を均一に溶かし易くなったんです。

 

ただ、合成界面活性剤はこの水分と油分を溶かす力が強すぎて
人の肌も破壊してしまうというデメリットもあるんです。

 

っていうのも実は人間の肌もウイルス等から肌内部を守る為に
水分と油分が何層にもなっているから
です。

 

 

ですが、合成界面活性剤が配合された化粧品を使う事で
水分と油分を溶かして、
このバリア機能を破壊してしまいます。

 

 

この破壊によってまずは水分が蒸発してしまって、
乾燥肌を引き起こすんです。

 

 

それでも合成界面活性剤の使用を続けると
肌を守るバリア機能がボロボロになってしまって
外気等のちょっとした刺激からも身を守れなくなってしまう
敏感肌になってしまうんです。

 

 

ほとんど全ての化粧品に
この合成界面活性剤は含まれていますんで、
あなたの使っている化粧品成分も是非調べてみて下さい。

 

恐らく意識していないと
「クレンジング」「洗顔料」「化粧水」「美容液」「乳液」…
全てに含まれてしまっているかと思います。

 

因みにアメリカで何故
この合成界面活性剤が良しとされているかと言うと
日本と違って紫外線量が多いからです。

 

ですので、「多少のデメリットがあっても力強い効果がほしい」
っていう考え方なので、アメリカでは良しとされているみたいです。

(勿論アメリカでも自分で調べて、
合成界面活性剤が使われていない化粧品を使っている人も中にはいます。)

 

大量の植物エキスが配合されている化粧品も肌を破壊する

 

スキンケアに詳しい人だと
もともと上記の合成界面活性剤が肌に悪い
って言う事を知っていた人もいると思います。

 

そういう人たちの間で使われているのが無添加化粧品です。

 

ですが、この無添加化粧品にも穴があって
合成界面活性剤を使わない代わりに
更に危険な成分を配合している事があるんです。

 

それが、植物エキスです。

 

 

植物エキスをたくさん配合させることで、
実際の合成界面活性剤以上の
界面活性力を発揮させることもありますんで、
合成界面活性剤以上に注意が必要です。

 

中には安全な成分もありますが、
多種の植物エキスが配合された化粧品は
まずアウトだと思って頂いて間違いない
と思います。

 

そもそも小学生の頃とかに
「植物に触れて、肌がかぶれた」
等の経験はございませんでしたか?

 

植物エキスは外敵を寄せ付けない為に発するものですので、
多少なりとも毒素を含んでいる為、
肌がかぶれる事があるみたいです。

 

 

ですので、植物エキスには安全の物もございますが、
基本的には多種配合された植物エキスも避けた方が無難です。

 

合成ポリマーは肌の働きを狂わせる

 

肌に悪い成分として合成ポリマーもございます。

 

合成ポリマーとは「使ってみてすぐに効果を実感できた」
と言わせる為だけの成分
です。

 

メーカー側も
「効果を実感してもらえないと継続利用して貰えない」
「使用感が悪いと継続利用して貰えない」

と考えるので、この合成ポリマーを配合して
利用者に継続利用させようとするんです。

 

ただ、合成ポリマーの実態を簡単に言うと
肌にビニールの膜を張って綺麗に見せているだけなんです。

 

 

ビニールの膜を張るので、
肌にツヤが出て明るくなったように見えます。

 

 

ただ、実際は何の解決にもなっていなくて、
肌にビニールの膜を張る状態ですので、
肌の新陳代謝を乱して、どんどん肌の機能を乱していきます。

 

よく@コスメの口コミとかで
「この化粧品の利用を止めたら肌が荒れてきた。気付かなかっただけでちゃんと効果があったんだなって思った。」
みたいなのがありますが、これはただビニールの膜が剥がれてきて、
本来の肌が出てきただけに過ぎません。

 

こうやって合成ポリマー入りの化粧品を
使い続けてしまう悪いループも生まれますし、
使い続ける事で肌本来の機能を乱してしまいますので、
使用しない事をお薦めします。

 

超敏感肌な私たちは何から始めればいいか?

 

まずは上記3点の化粧品を控えて下さい。

 

そして、現在肌の機能が乱れていたり、
肌の常在菌が偏ったりしている状態なので、
まずは正常な肌を取り戻す事から始めます。

 

化粧品の使用しない

 

 

そこでまずは化粧品や化粧の利用を控えて下さい。

 

肌に何かを塗るのは勿論、
洗顔も保湿も全てNGです。

 

この状態でまずは次のケアを行ってみて下さい。

 

ぬるま湯のみの洗顔を行う

 

 

もしヒリヒリするようであれば、
数日間このぬるま湯洗顔のみの生活を続けて下さい。

 

すると、あなた持つのもともとの素肌力が回復していって、
肌の水分量や油分の量、
常在菌のバランスが元に戻っていくんです。

 

ぬるま湯洗顔でヒリヒリしなくなったら
次のステップに行きます。

 

普通の安い固形石鹸を使った洗顔

 

 

特別な洗顔料じゃなくて
普通の固形石鹸を使った洗顔を取り入れてみて下さい。

 

っていうのも普通の固形石鹸は
実は50年以上その安全性が認められている石鹸ですので、
肌の皮脂や常在菌を取り過ぎてしまう事はないんです。

 

余分な皮脂のみ取り除きますので、
洗顔ネットで泡立て、優しく洗顔してみて下さい。

 

 

もしヒリヒリするようなら、
ぬるま湯洗顔に戻ってもう少し回復を待ってみて下さい。

 

そしてヒリヒリしなくなったら
更に次のステップへ進みましょう。

 

セラミドを使った保湿を行う

 

 

肌のバリア機能が正常に戻ってきていますので、
ここで一気にバリア機能を強化します。

 

これでヒリヒリしなくなったら、
ようやく敏感肌脱出です。

 

無添加の化粧品を使って
あなた好みでケアを行う事が可能になります。

 

お薦めのセラミド配合保湿美容液

 

上記で敏感肌が治らない場合

 

ほとんどのケース上記で改善可能ですが、
生活習慣の乱れが原因で敏感肌になる事もあります。

 

現在抱えている悩みに応じて下記参考にしてみて下さい。

 

睡眠不足

 

食生活が乱れている

 

他にも生理や妊娠中は
ホルモンの乱れで敏感肌になるケースがあります。

 

一時的ではありますが、
そのような場合も上記の肌に優しいスキンケアが求められます。

 

何万円もするスキンケアよりも遥かに効果的です。

 

金額自体も今よりも安く抑えられる事ばかりだと思いますので、
できそうな事から是非実践してみて下さい。

 

まとめ

  1. 敏感肌は放置すると、刺激を受けやすいので肌荒れの原因になる
  2. 敏感肌の主な原因は「誤ったスキンケア」と「生活習慣の乱れ」
  3. 合成界面活性剤、合成ポリマー、大量の植物エキスが入った化粧品は敏感肌を悪化させる
  4. 超敏感肌の場合は全てのスキンケアを止め、ぬるま湯洗顔のみを行う
  5. ヒリヒリしなくなったら石鹸洗顔を行う
  6. 石鹸洗顔でもヒリヒリしなくなったらセラミド美容液で保湿を取り入れると良い