茶クマの解消法|茶クマの原因を根本から改善するには?

 

 

「なかなか消えない茶クマの解消法を知りたい!」

 

実は茶クマはクマの中でも
素肌レベルで解消するなら難しい部類に入ります。

 

というのも茶クマの原因は

  • メイクによる色素沈着
  • 目の擦り過ぎ、紫外線等でできた眼の下のシミ

だからです。

 

どちらにしてもシミなので、
引っ張っても、見る角度を変えても
色の濃さが変わらない
というのが特徴です。

 

茶クマとシミの解消法はほぼ同じ

 

ですので、改善策としてはシミと同じです。

 

  • ターンオーバーの促進
  • メラニンという物質を過剰分泌しないようコントロールする

 

この2点です。

 

「なかなか改善し無さそう…」と思うかもしれませんが、
症状が浅いケースも多く、
ターンオーバーを促進させる事で、
1ヶ月以内で改善する事も結構あります。

 

 

ターンオーバーを促進するには
下記記事を参考にしてみて下さい。

 

ターンオーバーを促進させる方法とは?

 

それから何で目の下にシミができるかと言うと、
シミは皮膚の過剰な防衛反応によって生じます。

 

茶クマの原因はメラニン?

 

発がん性のある紫外線が肌に当たると、
肌奥のメラノサイトという組織が働いて
肌内部をバリアしようとメラニンと言う物質を分泌します。

 

 

 

 

このバリアが別名シミです。

 

眼の下のシミの場合、眼を強く擦る癖がある方だと、
強い摩擦から肌を守る為にシミが生じる事もあります。

 

 

私も花粉症なので、分かるのですが、
できるだけ擦ったり刺激を与えたりしないように
注意する事が大事です。

 

大変ではあるとは思うんですけど、
目薬とかを駆使して何とか耐えて下さい。

 

それからシミのできにくい肌にする為の
効果的な栄養素を3つ紹介いたします。

 

茶クマを解消する栄養素①システイン

 

上記のように茶クマは
肌に刺激が加わり、
その防衛反応としてチロシナーゼと言う酵素が働く事で
メラニンが分泌します。

 

システインはそのチロシナーゼの働きを抑制する事で
シミのできにくい肌にします。

 

 

システインは主に
大豆、ブロッコリー、カシューナッツ等に含まれています。

 

 

納豆やミックスナッツなどを
食事やおやつに取り入れると効果的です。

 

茶クマを解消する栄養素②フェルラ酸

 

フェルラ酸を摂取する事でチロシナーゼの基になる
チロシンの分泌を抑えられます。

 

これによってメラニン分泌を抑えられますので、
シミのできにくい肌を作る事ができます。

 

上記システインと働き方が微妙に違いますので、
両者それぞれ摂取する事で相乗効果で
よりシミができにくい肌を作る事が可能
です。

 

米ぬか、玄米、トウモロコシ、筍等に含まれます。

 

 

主食を玄米で摂ようにすると効果的です。

 

茶クマを解消する栄養素③アスタキサンチン

 

最後にアスタキサンチンです。

 

紫外線を受けると肌内部で活性酸素という
肌を酸化させる強力な成分
が分泌します。

 

活性酸素が分泌されると、
肌内部を酸化させてしまうので、
この活性酸素もメラニンによってブロックされます。

 

 

ですので、活性酸素の分泌もシミの原因となります。

 

この活性酸素の分泌を抑える為に
抗酸化成分を摂取すると良いです。

 

中でもアスタキサンチンは
ビタミンEの約1,000倍
という強力な抗酸化効果
を持ちますので、
摂取する事でシミやその他肌老化の原因の活性酸素を
無毒化する事ができます。

 

ですので、アスタキサンチンも
摂取する事をお薦めします。

 

 

アスタキサンチンは鮭、いくら、エビ、鯛等の
魚介類に多く含まれます。

 

ただ、鮭の場合切り身2,3切れ分が
効果を出す上で必要な摂取量で、
結構多いので
サプリなどで摂るようにしてもいいかもしれません。

 

メイクの色素沈着の場合解消法が少し違う

 

これは目の擦り過ぎや紫外線によって生じた
茶クマの対策法ですが、
メイクの色素沈着が原因の場合、
解消法が少し異なります。

 

その場合の解消法は次回お伝え致します。

 

茶クマの原因「メイクの色素沈着」予防には…?

 

まとめ

 

  1. 茶クマの原因は「メイクによる色素沈着」か「外部刺激によってできた目の下のシミ」
  2. 茶クマは「ターンオーバー促進」と「メラニン分泌を抑制する事」で解消可能
  3. システイン、フェルラ酸、アスタキサンチンの摂取が茶クマに効果的