テストステロンを増やす食べ物|男性モテホルモン分泌促進?

 

 

今回は男性のモテホルモン
「テストステロン」を増やす食べ物・栄養素
紹介いたします。

 

テストステロンが分泌されることで
筋肉がつきやすくなりますし
肌も奇麗になりますし
男性フェロモンも出ます。

 

 

ですので、テストステロンは
男性のモテホルモンと呼ばれ
意識することに越したことはないんです!

 

テストステロンの分泌量を増やす食べ物とは?

 

赤身肉とか魚類等
動物性たんぱく質
男性ホルモンを増やす上で
効果的と言われています。

 

 

というのもテストステロンの原料は
コレステロールだから
です。

 

テストステロンの原料はコレステロール?!

 

 

正確にはコレステロールに含まれる
アルギニンや亜鉛、ビタミン・ミネラル類が
性腺ホルモンの原料
となっていますので、
コレステロールの摂取で男性ホルモンが分泌されるかも…
ってことが言われます。

 

ですが、それは間違いです。

 

コレステロールの過剰摂取は血液中にも溜まって
血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると各栄養素が全身に行き渡り辛くなって、
テストステロン分泌的にも逆に良くないんです。

 

コレステロールは意味がない?本当に摂取すべき食べ物・栄養素とは?!

 

 

んじゃあ何を摂取したらいいんだー
という所ですが、
コレステロールに含まれるテストステロン前駆体の

  • アルギニン
  • オルニチン
  • その他アミノ酸各種
  • 亜鉛などのミネラル類
  • ビタミンB6、ビタミンD等のビタミン類
  • Dアスパラギン酸

等です。

 

含有量だけで考えると
赤身肉とか卵の黄身などに
これらが豊富に含まれるんですけど、
摂り過ぎは血流を悪くしますので逆効果です。

 

そこで赤身肉や卵の黄身と合わせて、
血中コレステロールの酸化(ドロドロになる原因)を防ぐ
抗酸化食品を合わせて摂取することが大事
です。

 

 

具体的にビタミンACEやアスタキサンチン、
コエンザイムQ10とかです。

 

結局何を食べればいいの?!

 

つまり、テストステロンを増やすために摂取すべきは

  1. タンパク質(アルギニン、オルニチン等)
  2. ミネラル類(亜鉛等)
  3. ビタミン類(ビタミンA,C,D,E)
  4. 抗酸化成分(アスタキサンチン、コエンザイムQ10等)

です。

 

食事から摂取するなら
シジミ、牡蠣、ホタテ、
納豆、豆腐、ナッツ類、
ウナギ、レバー、鮭、イワシ、
ブロッコリー、アスパラ

等が効果的です。

 

 

摂り過ぎは血中コレステロール値を上げてしまいますので、
タンパク質と野菜をバランスよく摂取することが大事です。

 

因みにビタミン・ミネラルは
マルチビタミン&ミネラルのサプリから摂取すると
包括的に必要分を摂取することができます。

 

当サイトのおすすめはマルチミネラルビタミンです。

 

ビタミン・ミネラルを包括的に摂取するには?

 

天然原料、GMP認定の品質管理、無添加で、
配合されているビタミン・ミネラル類も
厚生労働省で推奨している数値を
ほとんど超えているサプリですので、
しっかりと効果にも期待できます。

 

ただ、アルギニンサプリは
これら条件に合致するものが1つも無かったので、
当サイトではタンパク質は
食べ物からの摂取をおすすめ致します。

 

それに普通に食べ物から摂取していれば
過不足が起こり辛い栄養素ですので、
サプリも必要ありませんし。

 

普通に肉や魚から摂取した方が
アルギニン以外のタンパク質も補えますので、
抗酸化食品を摂取しつつ
赤身肉やウナギ、レバーなどからの摂取がおすすめです。

 

まとめ

 

  1. テストステロンの原料はコレステロールだが血流を悪くする為、逆に抑制してしまう
  2. テストステロン前駆体のアルギニン、オルニチン、ビタミンミネラル等を摂取すると良い
  3. 抗酸化食品を合わせて摂取すると血中コレステロールの酸化を防げる
  4. シジミ、牡蠣、ホタテ、ナッツ類、ウナギ、レバー、鮭、ブロッコリー等の摂取が効果的
  5. アルギニンサプリは色々あるが、通常の食事で過不足なく摂取できる