20代のスキンケアはライン使いが効果的!←これ、嘘です!

 

「化粧品は同じメーカーのラインで揃えると効果的って聞くけど、本当?」

 

 

今回はこの疑問にお答えします。

 

って言ってもタイトルに答え書いちゃってんですけど。笑

 

まず、「スキンケアのライン使い」って言うのは
クレンジングや洗顔、美容液などを
全て同じメーカーで揃える事を言うんです。

 

 

んでよく言われるのが、
「ライン使いにすると、化粧品同士の相乗効果でより美肌になれる」
という謎理論です。笑

 

キッパリ言うんですけど、
スキンケアのライン使いっていうのは
化粧品メーカーが生み出した化粧品を売る為の
ただの企業戦略です。

 

 

実際に成分同士による相乗効果って言うのは
合法的な成分の場合、
皆無
なんですよ。

 

んじゃあ何で「化粧品同士の相乗効果」のイメージが広まったかと言うと
単純にその方が効果がありそうに見え、
化粧品の売り上げが数倍伸びるから
なんです。

 

 

よくありがちなのが、
合成界面活性剤+美白成分
の組み合わせです。

 

相乗効果っていうか…
これは合成界面活性剤で肌のバリア機能を破壊して、
有効成分を中に入れ込む為の組み合わせ
です。

 

 

美容導入液(ブースター)で
「浸透させる為」という名の
肌の破壊を合成界面活性剤で起こし、
美容液で美容成分を肌奥に注入するという仕組み
なんです。

 

こんなの繰り返していたら、
肌荒れや乾燥肌、敏感肌の原因になります。

 

それから短期利用者の感想でよく聞く、
「使用感が良い」とか「ツヤが出た気がする」とかって言うのは
ただのビニールの膜のようなもの(合成ポリマー)の力です。

 

 

ですので、ライン使いは合成ポリマーを複数大量に使う事になるので、
単純にそれによって効果(錯覚)を実感し易いんです。

 

肌にない物でツヤを出していますので、
長期間利用すると肌の新陳代謝を乱して
肌荒れを起こすデメリットがあります。

 

 

デメリットがあるにも関わらず、
短期で効果を出せないと化粧品は売れない時代ですので
意識が本当に高いメーカー以外の化粧品は
ライン使いであろうと何だろうと
肌に良く無い成分を配合しているケースの方が多いんです。

 

化粧品のライン使いのメリットは

 

とは言え、ライン使いもスキンケア初心者の方であれば、
多少のメリットもあります。

 

  • 化粧品の組み合わせを間違えにくい
  • 使用する順序を覚えられる

という2点です。

 

それぞれ別買いする人の、極端な例を挙げると
毛穴を占める収れん化粧水を塗った後に
美白美容液を塗るなどです。

 

美白美容液は肌奥にアプローチをしないといけないので、
毛穴を引き締める前に塗る必要があるんです。

 

こういった順序や組み合わせの間違いを
起こさないようにする上では
ライン使いは分かり易く有効
です。

 

 

ですけどやっぱり肌に悪影響を与える成分が含まれているので、
やはり安全成分が使われている化粧品を選ぶのがお薦めです。

 

まともなライン販売している化粧品メーカーは?

 

どうしてもライン使いがしたいという方へのお薦めは
ワイエスラボです。

 

ワイエスラボの詳細はコチラ

 

私が一通り調べたライン戦略をしている企業の中では
無添加で一番肌の事を考えた化粧品でした。

 

ですが、やはり洗顔料は通常の固形石鹸の方が
肌に優しく、洗浄力もありますし、
このラインでの保湿力も微妙です。

 

ですので、ワイエスラボのラインを基盤として
保湿美容液と洗顔料を別途選択するのが一番いいと思います。

 

「面倒臭っ!」って思うかもしれませんが、
このワイエスラボ以外の化粧品メーカーのラインは
色々調べましたが、正直私だったら例え無料で貰えたとしても
付けたくないぐらい物しかありませんでした。

(合成界面活性剤、合成ポリマー、毒性のある植物エキスの含有の為。)

 

ですので、変な企業戦略にハマるぐらいなら、
当サイトで正しいスキンケア商品の選び方も紹介しておりますので、
ワイエスラボでなくても
そちらを参考にして頂けると
本物を見極められるようになると思います。

 

下記、是非参考にしてみて下さい。

 

当サイトお薦め化粧品一覧はコチラ

 

まとめ

 

  1. 化粧品のライン使いが効果的と言うのはただの企業戦略
  2. ライン使いとは洗顔料~美容液まで全て同一メーカーで揃える事
  3. 短期で効果を実感できるのは合成ポリマーと言う肌に悪い成分によるもの
  4. 合成ポリマーの利用で肌荒れが起きる事がある
  5. ライン使いはスキンケア初心者にとっては順序や組み合わせを間違える事は無いので良い
  6. もしライン使いを検討しているならワイエスラボが肌に優しくお薦め