シワ改善の超アンチエイジング術!3つの原因を一掃しよう!

 

 

肌のシワにはいくつか種類あります。

 

  • 乾燥小じわ
  • 表情ジワ

 

そして以上の2点のシワが発展すると、
二度と治らない

  • 肌奥の真皮性のシワ

になる事があります。

 

 

ここまで発展すると化粧品でのケアは
ほぼ不可能になります。

 

ですので

  • 乾燥小じわ
  • 表情ジワ

の2点を徹底的に潰す方法を
まずはお伝えいたします。

 

その上で
肌奥の真皮性のシワの症状を緩和させる方法
メイクで消す方法もお伝えいたします。

 

乾燥すると何故しわになるの?

 

肌が乾燥して冬場とかに目立ち易くなるのが
乾燥小じわです。

 

 

主に目元とかに出現しやすいです。

 

肌が乾燥すると何故シワができるかというと、
肌を構成している細胞の1つ1つの含有水分量が少なくなることで
肌の細胞が収縮するから
です。

 

 

 

この細胞の収縮が原因で乾燥小じわが出てきます。

 

乾燥小じわ対策に最も効果的な方法は?

 

更に肌が乾燥すると肌を守るバリア機能が低下して
紫外線などの外部刺激を受け易くなります。

 

その結果真皮性の深いしわに発展してしまいますので、
保湿対策はしっかりとるようにしましょう。

 

【シワ対策の極意①】乾燥小じわ対策に効果的な保湿方法についてはコチラから

 

乾燥小じわが起こらない湿度は何%?

 

 

湿度が60-70%あれば基本的に肌の乾燥は起きにくいんですけど、
日本は実は年中乾燥していて、
晴れている時期は季節を問わず湿度40%以下になることが多いんです。

 

ですので、上記で保湿をしつつ、
家の中では加湿器などを取り入れると良いです。

 

加湿器は温風気化型のハイブリット加湿器を選ぶと
空気中に雑菌を飛ばす心配がなく
最も衛生的に利用ができます。

 

【シワ対策の極意②】最近流行りの手作り加湿器は意味がない

 

【シワ対策の極意③】注意すべき加湿器の選び方

 

紫外線は深いしわの原因?

 

先ほどお伝えしたように紫外線は
深く二度と戻らないシワを起こすことがあります。

 

紫外線に含まれるUV-A波という光で
肌奥のコラーゲンを変性させるからです。

 

 

肌の乾燥によって紫外線など
外部刺激を受け易い状態になりますので、
乾燥小じわを放置すると
真皮性の深いシワに発展する可能性があります。

 

変性した肌は二度と戻りませんので、
日焼け止め対策は必ずするようにしましょう。

 

ただ、紫外線は実はメリットもありますので、
完全に遮断するのではなく
正しく紫外線を浴びることも大事
なんです。

 

これは紫外線を浴びる事でセロトニンやビタミンD3等の
アンチエイジング成分を分泌させてくれるからです。

 

【シワ対策の極意④】紫外線をただ避ければ良いって事じゃない?紫外線の正しい浴び方は?

 

表情ジワ対策方法

 

 

続いて表情ジワ対策についてです。

 

額や眉間、目元、目じり、口元、ほうれい線にできるシワを
表情ジワと言います。

 

普段の表情の癖によってできるシワですが、
子供の頃はどんなに笑ってもシワが残ることは
ありませんでしたよね?

 

何故、今だと表情ジワができるかというと、
表情を作った後に肌を元に戻そうする
肌の弾力が衰えているからなんです。

 

そこで肌奥のコラーゲンの分泌を
促進させる方法
が効果的です。

 

詳細は下記をご覧ください。

 

因みに肌奥の真皮性のシワも
コラーゲン分泌で多少緩和できる可能性もあります。

 

【シワ対策の極意⑤】肌奥のコラーゲンを強化する驚異的な方法

 

【シワ対策の極意⑥】表情ジワを作る悪い習慣の簡単な改善方法

 

メイクを使ってシワを消すには?

 

メイクでの消し方は
シワ自体を薄くする方法と、
シワ以外の部分を強調することで、
シワの印象を薄くする方法があります。

 

コチラは下記を参照にしてみてください。

 

【シワ対策の極意⑦】表情ジワによるほうれい線のメイク方法

 

【シワ対策の極意⑧】肌のたるみが原因の場合のほうれい線のメイク方法

 

肌のハリはあなたの若さの象徴になりますので、
二度と治らない深いシワができにくい肌になるよう
日常的に意識して頂くと良いと思います。

 

乾燥ジワも表情ジワも放っておくと
深いしわに発展します
ので、
症状の薄い今のうちにしっかりケアをしておきましょう。