紫外線吸収剤は肌荒れの原因?!実際に注意すべき成分は…?

 

「紫外線吸収剤は使い続けると肌荒れを起こすの…?」

「紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってないの?」

 

 

よく、紫外線吸収剤は肌荒れの原因になると言われますが、
実際に何故肌に悪いと言われているのか
知らない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は

  • 紫外線吸収剤が何故危険なのか
  • 具体的に注意すべき成分
  • お薦めの紫外線吸収剤フリーの化粧品

をお伝え致します。

 

紫外線吸収剤は化粧品選びにおいて絶対避けるべき成分

 

 

化粧品選びにおいて絶対避けるべき成分は

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 毒性のある植物エキス
  • 防腐剤
  • 紫外線吸収剤
  • ナノ化成分

があります。

 

それぞれの危険性は別ページにて説明いたしますが、
今回は紫外線吸収剤に焦点を充ててお伝え致します。

 

日焼け止めに使われる2つの成分

 

日焼け止め効果を発揮する成分として、

  • 紫外線散乱剤
  • 紫外線吸収剤

の2つが使われます。

 

紫外線散乱剤とは?

 

紫外線散乱剤とは
肌に当たった紫外線をそのまま反射させる成分です。

 

 

紫外線吸収剤とは?

 

一方で紫外線吸収剤とは、
肌に注いだ紫外線を吸収し
化学反応が起こり、熱エネルギーなどに変換し、
肌に直接紫外線が注ぐのを防ぐ成分
です。

 

 

ただ、その吸収した紫外線エネルギーは
どこへ行くのでしょうか?

 

肌です。

 

紫外線吸収剤は
肌上の化学反応で熱を発したり、
紫外線吸収剤が紫外線を吸収し過ぎると
別の物質に構造が変わったりする事で、
吸収したエネルギーを無害な別のエネルギーに
変換しているんです。

 

ただ、これらのエネルギーが
100%熱や化学反応だけに変換されているかと言うと
そんな事は無いんです。

 

現に、この紫外線吸収剤が
人によっては肌の刺激になる事は分かっていて
肌に赤み、かぶれ等が出たり
長期的利用でシミ・シワに発展したりする事もあるんです。

 

 

つまり吸収したエネルギーの何割かが
肌にも悪影響を及ぼしているんです。

 

紫外線対策をして、
結局紫外線を浴びた時と同じ症状が出るのなら
日焼け止めを塗る意味がありません。

 

ですので、日焼け止めは
紫外線吸収剤不使用のものを
選ぶ事をお薦めします。

 

紫外線吸収剤の主な成分

 

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

 

これらが紫外線吸収剤の代表的成分ですので、
まずはこれらが不使用のものを選びましょう。

 

んで、酸化チタン、酸化亜鉛などの紫外線散乱剤のみ
使われている日焼け止めを使うと良いです。

 

紫外線吸収剤不使用のお薦めの日焼け止めは?

 

男性でも女性でも、紫外線対策には
レイチェルワインのミネラルファンデーションをお薦めします。

 

 

紫外線吸収剤は勿論、
上記合成界面活性剤などの危険物質を
一切配合していないんです。

 

それでいて、SPF27/PA+++
十分すぎる日焼け止め効果もありますので、
お薦めです。

 

ミネラルファンデ―ションの良い口コミ・悪い口コミはコチラ

 

まとめ

 

  1. 紫外線反射剤は注いだ紫外線を反射させる成分
  2. 紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱や化学反応を起こす事でエネルギー発散をする
  3. 紫外線吸収剤は肌の刺激になる為、肌荒れの原因になる
  4. 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めはレイチェルワインがお薦め