セラミドの種類・効果と選び方|保湿効果が高いのは〇〇?!

 

「ヒト型セラミドと動物性セラミドって別物なの?」

「セラミド1とか2とか色々種類があるけど、結局どのセラミドが効果的なの?」

 

 

「保湿にはセラミドが大事」
ってテレビとか雑誌とかでも言われていますが、
セラミドって何種類かあるってご存知でしたか?

 

保湿美容液の成分表を見てみると
セラミド1
セラミド2
セラミドNP…
等、何種類か記載ある場合があるんですよ。

 

 

これだとどのセラミドを選べばいいのか
なかなか分かり辛いですよね?

 

「セラミドって書かれた美容液を使っておけばとりあえず問題ないでしょー」
と思うかもしれませんが、
そんな事もないんです。

 

実は誤ったセラミド美容液を使う事で、
全く効果が無かったり、
むしろ肌に悪影響を及ぼしたりする事まであるんです。

 

ですので、間違ったセラミド配合美容液を選ばないように、
今回はセラミドの種類についてお伝え致します。

 

セラミドには大きく4種類ある

 

 

セラミドは大きく天然で作られた「天然セラミド」
人工的に合成された「合成セラミド」があります。

 

天然セラミドに分類されるのが、

  • 動物セラミド
  • 植物セラミド

 

合成セラミドに分類されるのが、

  • ヒト型セラミド
  • 疑似セラミド

です。

 

各種類1つずつ違いを見ていきます。

 

疑似セラミドとは?

 

 

まず、疑似セラミドですが、
名前の通りセラミドに似た組成ですが、
セラミドではありません。

 

化学合成によって作られるセラミドなんですけど、
セラミドの構造式は凄く複雑なんです。

 

 

光学異性体という鏡に映ったかのように
似た構造のセラミドや、
微妙に構造が違うセラミド等が混合されています。

 

全てが全く効果がないとは言いませんが、
正確な組成でなく
結合している位置が少しずれているだけで
ただの不純物になってしまうのです。

 

中には肌に悪影響を及ぼす物質ができる事もございますので、
個人的には疑似セラミドを付けるぐらいなら
何もつけない事をお薦めします。

 

疑似セラミド配合の美容液は
安いセラミド美容液に有りがちです。

 

植物セラミド、動物性セラミドとは?

 

 

上記に引き換え、植物セラミドや動物セラミドは
植物や動物の機能によって
正確な組成のセラミドが生成されます。

 

植物性のは「コメヌカスフィンゴ糖脂質」
動物性のは「セレブロシド」
等が化粧品に含まれるセラミド成分として有名です。

 

どちらも「セラミド+糖」
組成されているものですので、
保湿力に関してはほぼ同じで、
双方大した違いは無いかと思われます。

 

ただ、「セラミド+糖」となっていて
余計な「糖」がくっついてしまっていますので、
セラミドとしての本来の機能は
どちらも半減してしまいます。

 

そこで植物性セラミドや動物性セラミド以上にお薦めなのが
ヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドとは?

 

 

酵母などの菌類や酵素による分解によって、
糖を省き、セラミドだけを抽出したものを
ヒト型セラミドと言います。

 

最も人間の持つセラミドと組成の近い事から、
ヒト型セラミドと呼ばれるんです。

 

動物性セラミドや植物性セラミドと違って、
糖の付いた前駆体ではなく、
肌上でそのまま働けるセラミドに
既に分解処理されているのが特徴
です。

 

ですので、人間の肌の組成に最も近く、
しっかりセラミドとして働けますので、
ヒト型セラミドが上記3つと比べて
最も効果が高い
と言われているんです。

 

ヒト型セラミドのデメリットは
値段が高い事です。

 

ただ、全く効果のない可能性のある
中途半端な物を塗るよりは
無駄遣いではありませんので
圧倒的にマシだと思います。

 

ヒト型セラミドの中でもいくつか種類がある

 

実はこのヒト型セラミドの中でも
種類がいくつか分けられます。

 

実際は何種類もあってかなり多いんですけど、
中でも代表的なのが、

  • セラミド1
  • セラミド2
  • セラミド3
  • セラミド4
  • セラミド5
  • セラミド6Ⅰ
  • セラミド6Ⅱ
  • セラミド7

です。

 

これらのそれぞれの特徴や効果については
また別記事で紹介しますが、
肌の保湿に必要なセラミドは
上記のセラミド全部
です。

 

ですので、保湿美容液や乳液を選ぶ際は
できるだけ多くの種類のセラミドが配合された物を
選ぶと良いと思います。

 

それぞれ役割が異なりますので、
複数の種類のセラミドを使う事で、
保湿に対して相乗効果を得る事ができるのです。

 

少し複雑な話になってしまいましたが、
セラミドに対して
そこまでマニアックになる必要はないです。

 

ただセラミド配合の美容液や乳液を選ぶ際は
ヒト型由来のできるだけ多種多様なセラミドが
配合された化粧品を選ぶと良い
です。

 

それに加えて、合成界面活性剤や
合成ポリマーが含まれていない化粧品

選んで頂けると肌に優しい
保湿美容液が手に入ると思います。

 

是非、上記を基準に
セラミド配合化粧品を選んでみて下さい。

 

まとめ

 

  1. セラミドという成分には複数種類がある
  2. 誤ったセラミドを選択してしまうと肌に悪影響を及ぼす事がある
  3. 疑似セラミドは化学合成で生成される為、異性体(不純物)が生成する事が多い
  4. 植物性セラミド・動物性セラミドはセラミドに糖が付いている為、効果が半減する
  5. ヒト型セラミドはそのまま肌上で働ける状態なので、最も保湿効果が高い
  6. 肌の保湿には多種多様なセラミドが配合されたものを選ぶと良い