洗顔後のケアの正しいやり方|凄く簡単なアンチエイジング?

 

「洗顔後は化粧水?乳液?何を塗るのが肌に一番いいの?」

「顔のベタツキが気になるんだけど、洗顔後のケアに化粧水とか塗っていいの?」

「乾燥肌の人は洗顔後の保湿ケアはどうすればいいの?」

 

 

今回はこれら疑問にお答えします。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム、オイル、フェイスパック、ピーリング…

 

 

挙げればキリがありませんが、
今では色んな種類の化粧品が出ていて、
自分の肌の為にはどれを塗るべきか迷う事ありませんか?

 

更に、美顔器、小顔ローラーとかも出てきていて、
本当何をすればいいのか分からなくなってしまいます。

 

 

実はこれらをテキトーに組み合わせて、
テキトーな順序で使うと
効果がないどころか、
逆に今より肌を悪化させてしまう事もあるんです。

 

 

綺麗になる為に塗っているのに
冗談じゃないですよね。

 

そこで、今回は正しい洗顔後のケアを
お伝え致しますので、
是非参考にして頂ければ幸いです。

 

正しいクレンジング方法

正しい洗顔方法

毛穴の黒ずみが気になる方の洗顔方法

 

洗顔後のケアは保湿ケアだけで十分?

 

 

先に結論から言いますと、
洗顔後のケアとしてすべき事は
保湿ケアだけです。

 

その理由は下記になります。

 

洗顔後のケアは多すぎるとダメ!その理由は?

 

実は洗顔後は
肌にもともとある常在菌が洗い流されて、
肌の常在菌のバランスを
崩してしまっている状態
なんです。

 

 

「洗顔時は擦り過ぎないように摩擦に気を付けましょう!」
という謳い文句を聞いたことありませんか?

 

私の場合、普段も顔を触ったりするのに、
何で洗顔時だけにそんなに意識しなきゃいけないんだー
って何となく思っていました。笑

 

ですが、洗顔時は
肌の常在菌のバランスを崩してしまっているので、
洗顔時や洗顔直後はちょっとした刺激にも反応し易い
敏感肌の状態
になっていますので、
刺激は極力抑えた方が良いみたいです。

 

 

ですので、洗顔後のケアとしてはまずはやり過ぎず、
あなたの肌に本当に必要なケアのみ
を取り入れて頂くのが
美肌に大事なのです。

 

私も以前は
美容液(プラセンタ)、美容液(EGF)、保湿美容液、美白美容液、化粧水、乳液…
と大量に塗っていましたが、
今では化粧水と保湿美容液のみに絞って使っています。

 

ですので、あなたに本当に必要な化粧品を
まずは見極める必要があるのです。

 

そこで、洗顔後のケアとして
是非取り入れて頂きたいのが保湿ケアです。

 

理由①肌を弱酸性に戻す

 

 

というのも洗顔料にもよりますが
石鹸洗顔などの場合、
肌が弱アルカリ性に傾きます。

 

化粧品は基本的に全て弱酸性でできていますので、
化粧水や美容液を塗る事で
肌を弱酸性に引き戻す事ができるんです。

 

もし、石鹸の多少の洗い残しがあったとしても
中和して洗浄力を無効化・無毒化させられますので、
肌をより安全に守る事ができるんです。

 

肌に石鹸カスが残った場合、
肌から分泌される皮脂でも中和できるんですけど、
本来肌を潤すはずの皮脂で中和させますので、
肌の潤いを損なう可能性もあるんです。

 

 

ですので、弱酸性の洗顔料をご利用の方には関係ありませんが、
肌を弱酸性に戻す上で化粧水や美容液は
利用した方が良いんです。

 

理由②乾燥を防いで肌の内部を守る為

 

 

保湿には「肌を潤す」「透明感を上げる」以外にも、

  • 肌にもともとある水分を蒸発させない
  • 外部からの細菌や刺激から身を守る

という働きがあります。

 

 

先程言ったように
洗顔後は肌が傷付き易くなっていますので、
肌を守る必要があります。

 

そこで、肌はもともと水分と油分が何層にもなって、
細菌や外部からの刺激から
肌の内部を守っているんですけど、
保湿ケアによって
この油分を補う事ができるんです。

 

 

特にセラミドという成分が配合された美容液であれば、
例え湿度0%でも肌を潤し続ける事が可能ですので、
他の保湿美容液とは桁が違うんです。

 

ですので、セラミド配合の保湿美容液は
洗顔後のケアとして最低限入れて頂ければと思います。

 

脂性肌でも保湿はすべき?

 

 

脂性肌の方も保湿はするべきです。

 

というのも、脂性肌の原因は
皮脂の過剰分泌
にあるからです。

 

洗顔後、皮脂を洗いすぎると、
洗い過ぎた分の皮脂を補おうと
皮脂を多めに分泌しようと働きます。

 

 

すると普段からも皮脂を多めに分泌するのが
当たり前になってしまうので、
普段から皮脂が不足しないよう
セラミド配合の美容液で
保湿ケアをすると良いんです。

 

乾燥肌のケアの場合は?

 

 

乾燥肌の方の場合も、
勿論保湿ケアが大事です。

 

洗顔後のケアはセラミド配合の
保湿美容液によるケアで十分なんですけど、
もし、乾燥肌があまりにも酷いという事であれば、
化粧品の利用を一切止める事をお薦めします。

 

これを巷では「肌断食」って呼ぶみたいですね。

 

洗顔も洗顔料は使わず、
ぬるま湯洗顔のみで行うんです。

 

 

これによって肌が本来持つ
皮脂分泌力が回復します
ので、
極度の乾燥肌や敏感肌の方は
「肌断食」で素肌力の回復をさせてみて下さい。

 

個人的なお薦め「フラーレン配合化粧水」とは?

 

 

一応上記の保湿美容液だけで
ケアとしては十分なんですけど、
もう1つだけ化粧水を紹介させてください。

 

それがフラーレン配合の化粧水です。

 

フラーレンは抗酸化力に優れていて、
ビタミンC誘導体の100倍以上の抗酸化力がある
と言われているんです。

 

ですので、老化やニキビの原因にもなる
肌表面の活性酸素を取り除く事ができますので
アンチエイジングとして非常に効果的な化粧品なんです。

 

「保湿美容液だけだと物足りない」
という方は是非取り入れてみて下さい。

 

フラーレン配合化粧水の詳細はコチラ

 

洗顔後のケアに必要な事

 

 

ですので、洗顔後のケアに必要な事は
「セラミド」による保湿です。

 

ヒアルロン酸とかグリセリンとか
保湿成分は色々ありますが、
セラミドの保湿力は桁違いです。

 

潤いのある若々しい肌になる為、
是非洗顔後のケア方法の1つとして
参考にしてみて下さい。

 

セラミド配合美容液の詳細はコチラ

 

まとめ

 

  1. 洗顔後のケアはケアによっては肌を悪化させることがある
  2. 洗顔後は肌の常在菌のバランスが崩れるので、刺激を抑える為スキンケアは最小限にする
  3. 保湿ケアは肌を弱酸性に戻せる
  4. 保湿ケアで傷付き易い肌を守る効果にも期待できる
  5. 保湿はセラミド配合の美容液を使う
  6. 脂性肌の方も保湿をする事で皮脂の過剰分泌を抑えられる
  7. 乾燥肌の方も基本的にセラミドによる保湿ケアで問題なし
  8. 極度の乾燥肌の方は化粧品の使用を一切止めるのが良い
  9. フラーレン配合の化粧水は肌表面の活性酸素の除去に有効