運営者プロフィール|何故今アンチエイジングなのか?

 

当サイトにお越し頂きありがとうございます。

 

アンチエイジングコンサルタント
よーと申します。

 

別に本名晒してもいいんですけど、
素顔と本名は

  • 成功体験談を対面でお伝え頂ける方
  • なかなか変化を実感できず対面で肌状態をお伝え頂ける方

ご連絡頂き、
対面でお会いした方
にしかお見せしておりませんので、
ニックネームで失礼いたします。

 

サイトのタイトル通り、
当サイトではアンチエイジングに特化した内容
まとめております。

 

ここでは

  • 自己紹介
  • このサイトを作った理由
  • 何故今アンチエイジングなのか?

という事を話していきたいなぁと思っています。

 

ではまずは折角ご訪問頂いたので、
自己紹介から。

 

よーと言います。

 

あらためまして、よろしくお願いいたします。

 

今29歳の男です。

 

本業は役者脚本家です。

 

神奈川県生まれで、転勤族だったので
幼少期はその場の友達とプラプラ遊びに行っては、
どんな場所でも遊び場に変えていました。

 

そして、よく怒られていました。

 

そんな子供でした。

 

特に自分が子供の時代はポケモンの人形が流行っていて、
ママゴトみたいな感じで
ストーリーを組み立てて遊んでいたんですよ。

 

痛々しいですけど、
たぶんそれが脚本家としてのルーツだと思います。

 

(いや、今は遊んでないですよ!笑)

 

そんな自分と化粧品の出会いは中学1年生でした。

 

その頃はちょうど思春期で、
「天才テレビ君に出てくる子供たちイケメンばっかりだなぁ」
っていう憧れを抱き、
オードムーゲを親からの薦めで使っていました。

 

この頃には「テレビに出る人になろう」と既に決めていました。

 

ただ、いくらオードムーゲでケアしても
ニキビってできるんですよ。

 

そこで、どの化粧品がいいのかっていうのを
ドラッグストアと睨めっこの日々を送っていました。

 

それでも成分について勉強していなかったから、
肌の目覚ましい回復は無かったんですけどね。笑

 

いくら高い化粧品を買っても肌が荒れる…

 

中学、高校はそんな時期でした。

 

回復がなく思春期の肌をコンプレックスに持っていたので、
その期間は有名人になる為に
自分の武器を増やそうと受験を頑張りました。

 

それでなんとか大学は早稲田大学に合格できたんです。

 

ただ…ここでブレました。

 

早稲田に入る程の学力を持った自分なら、
他に何かできるんじゃないか?って思い始めちゃったんですよね。

 

そこで僕の役者への歩は止まりました。

 

その代わりに周りに合わせた人生が始まりました。

 

毎日のように酒を飲み、
毎日のように遊び、
普通に就活。

 

就活は周りに合わせ、
普通に業界研究し、某広告代理店に。

 

ただこれも運命か、
クライアントは化粧品・健康食品業界の会社でした。

 

なので、化粧品・健康食品業界の人がどのような事に悩みを抱え、
どういうキャンペーンでどう売ろうとしているのかを
把握する事ができました。

 

因みにその間は当然肌に対する意識も高く、
エステに通うようになり、
100万円以上は化粧品に使っていたと思います。

 

肌は綺麗でしたが、
その頃の僕の見た目年齢としては
大体年齢相応ぐらいの年に見られていました。

 

その後やはり役者の道をあきらめられず、
1年経たないぐらいで会社を辞め
役者の養成所に通い始めます。

 

バイト生活が始まったので、
エステ通いもここで終わります。

 

ですが、エステを行くのを止めてから、
一気に老けたんです。

 

養成所に入って2年目ぐらいで周りから
「急にめっちゃ老けたね」
と言われるようになったのです。

 

初対面の人からも「今26歳です」と伝えると
「えー絶対30代だと思いました」
とほぼ確実に言われるようになりました。

 

衝撃でした。

 

「化粧品には妥協してないはずなのに何で?」
と思い、徹底的にアンチエイジングに関する本を読み、
色んな人と会い、知識を集めました。

 

そこでエステの何が悪かったかというのも分かりました。

 

そして集めた知識を実践してきた結果。

 

今、29歳。

 

「今何年生ですか?」

 

大学生に見間違えられることが殆どになったんです。

 

何なら1回だけ高校生と見間違えられたこともあります。

 

しかもかなり年下の大学生に年下に見られたんです。

 

結構な変化ですよね?

 

そこで、自分の中の知識をできるだけ見易いように
当サイトにまとめました。

 

…って言えば聞こえはいいかもしれません。

 

正直なところ、
始めたきっかけは完全にアフィリエイト目的です。

 

因みにアフィリエイトとは
「この商品がお薦め」って広告を貼って
メーカー側から報酬を貰う
いわゆるビジネスです。

 

正直「アフィリエイトをやって収入を上げつつ、
役者活動出来たら最高じゃね?」

って始めた当初は思っていました。

 

恐らく他の数ある情報発信サイトやランキングサイトも
アフィリエイト目的が99%だと思います。

 

ですが、成分の知識を知れば知る程に分かるんですよ。

 

「日本に出回っている商品ってろくなものがない」という事を。

 

この事について軽く捉えている人が多いと思うんですけど、
日本って敗戦国なんですよ。

 

敗戦したことで日本がアメリカにとって
どういう国になったかってご存知ですか?

 

色々あるんですけど、大きく

  • 労働者生産国になった事
  • 在庫処理国になった事

の2点があります。

 

戦後日本の教育というのはGHQによって決められ、
今も同じ教育課程で
言われたことをやる前に倣え教育。

 

つまり優秀な労働者になる為の教育が行われているんです。

 

現在、先進国の中で日本は一番給与が低く、
そして二番目に労働時間が長い国
です。

 

日本でも外国人労働者を安く雇うじゃないですか?

 

あれと同じことをアメリカは実現させようとしたのです。

 

だから日本以外の先進国は
義務教育に「心理学」や「経済学」を
取り入れている
んですけど、
日本だけは意味のない教育しかしていないのです。

 

この教育方針により、
よく働くシステムに組み込むことに成功。

 

有能な労働力はアメリカに取り込まれるようになりました。

 

就職活動でよく聞く
「仕事にやりがいを求めろ」
って他の国の人からしたら
正直意味が分からないらしいですからね。

 

そしてもう1つが在庫処理の国になった事です。

 

例えばマーガリンに含まれる「トランス脂肪酸」。

 

発がん性があるので
アメリカではもう殆ど使われていませんが、
日本では当たり前のように使われていますよね?

 

何故かというと
悪い商品はアメリカで売れない為、
商品が余っているんです。

 

じゃあ日本に流せばいいじゃんっていう考えなのです。

 

これ、ヤバくないですか?

 

因みに日本でも貧困国に対して似たような事をやっています。

 

例えば自分も某貧困国にボランティアしていたことがあるのですが、
スーパーに並ぶ商品は
どれも賞味期限切れだったことを覚えています。

 

これに関してどう思うかは人それぞれだと思いますが、
少なくとも日本はアメリカの在庫処理の国として
粗悪な商品が出回っているのです。

 

しかもそれで商売が成り立つので、
日本の新しい企業も同じ粗悪品を作っています。

 

自分は早稲田に合格しましたが、
当時は英語を喋れませんでした。(留学したので今は喋れます。)

 

アメリカの情報を得られないように
日本の教育はそうなっているのです。

 

本当に喋れる子を育成するなら
3年もあればある程度喋れますが、
喋られるとアメリカの本当の情報を得られるので
敢えて義務教育では教えていないんです。

 

不要な単語ばかりを教えるんです。

 

情報収集の末、
そんな実態に辿り着いたわけですが、
アフィリエイトの為とは言え、
そんな粗悪な商品売れませんよね?

 

日本の化粧品は99%が粗悪品です。

 

洗顔石鹸で言えば何千円とする石鹸が出回っていて、
それをアフィリエイトするのが一番お金になります。

 

ですが、本当にいい洗顔石鹸は
1個100円程度で買えてしまうのです。

 

少し大きい事件だと
2013年カネボウの販売した美白化粧品が原因で
白いシミができるという事件が発生しました。

 

真皮層にまで成分が届いているので、
この白いシミを治すのに5年以上かかる人もいます。

 

こんな事件が起きているにもかかわらず、
原因の合成界面活性剤は禁止されていません。

 

事件もそこまで大々的に取り上げられていませんが、
大手のカネボウでさえ、これです。

 

こんな現実を知った上で
僕は粗悪品や間違った情報を与えてまでも
儲けようなんて思えないです。

 

当サイトで商品の紹介は何点かしていますが、
それは自分が自信を持って言える
本物の数点の商品に対してだけ
です。

 

選んだ基準も明確に示していますし、
その基準に合う商品ってなかなか見つからないはずです。

 

プログラムのない物に関しては
アフィリ関係なしにサイトURLを貼り付け
紹介している商品もあります。

 

つまり紹介しても1円にもならないという事です。

 

しかも何となくイメージできると思いますが、
100円程度の物なんて殆ど儲けにならないんですよ。

 

これで少しは信頼頂けましたかね?笑

 

ただ、アフィリエイトの代わりに
僕がこのサイトを通じて実現しようとしているのは
別の事です。

 

ハッキリ言います。

 

本物の情報を提供する事で
皆様から確実な信用・信頼を得ようと考えています。

 

「?」って感じだと思います。

 

まず、自分は健康や化粧品知識に関しては
相当詳しいんですけど、
まだまだ29歳なので知らない事が多すぎるんです。

 

人脈も狭過ぎるんです。

 

なので、あらゆる分野において人脈が欲しいのです。

 

こういう事を言うと
「自分は大したスペックじゃないから…」
という方も中にはいると思うんですけど、
そういう事じゃないんです。笑

 

ニートでもフリーターでも学生でもサラリーマン、OLでも
本業の脚本家として繋がっておきたいのです。

 

これから日本はどんどん不況になっていきます。

 

このままだと2031年に年金システム崩壊。

 

60歳地点で総資産1億以上なければ
90歳まで普通の生活をする事なんかできません。

 

政府がインフラや技術の投資を行わない限り、
日本の不況は続きます。

 

日本円の価値がどうなるかも分かりません。

 

こんな時代に必要なのは何かと言うと、
お金は勿論ですが「人脈」です。

 

僕のある尊敬する人が
「家に泊めてくれる友人が365人いれば、お金があるのと同じだ」
という事を仰っていました。

 

僕もそう思いますし、
お金以上に価値があるんじゃないかとすら思います。

 

だから、もしアンチエイジングに成功したら、
僕と会ってみてください。
(東京・神奈川圏のみ。勿論無料。)

 

話を色々聞かせて下さい。

 

人脈を広げさせてください。

 

可能性を下さい。

 

その代わりに僕があなたを若くします。

 

アンチエイジングの重要性を分かっていない方も多いと思うんですけど、
人間って内側から変わっていくんですよ。

 

例えば血管や臓器、脳のアンチエイジングを行えば、
その外側にある顔の若さ、
頭の回転も変わってきます。

 

外見のアンチエイジングを実現したら、
ファッションや行動が変わります。

 

ファッションや行動が変わると
人間関係や仕事が変わります。

 

人間関係や仕事が変わると
あなたが社会に与える影響が変わってきます。

 

つまり、色んな投資があると思うんですけど、
健康やアンチエイジングというのは
あなたの全てを左右するベースなんです。

 

あなたを幸せにする第一歩なんです。

 

因みに自分はアンチエイジングをする事で
有名人を含めた色んな方が
脚本取材に応じてくれるようになりました。

 

一見関係ないように見えますが、
これはアンチエイジングを通じて
自分に自信が持て、
その結果色んな方へ声をかける事に抵抗が無くなり、
その結果取材に応じてくれたんです。

 

先ほど言った健康が行動を変え、
行動の変化が人間関係を変えた例の1つ
です。

 

なので、是非アンチエイジングを実現し、
良い未来を歩んでください。

 

勿論、皆さんのゴールは
アンチエイジングの先にあると思います。

 

  • 異性にモテる為
  • 社会的に優遇される為
  • 仕事の為
  • 自分に自信を持つ為

…人それぞれだと思います。

 

微力ながらそういった点も
記事や対面でのお話を通じて
協力したい
と思います。

 

ですので、もし成功したら、
是非お茶しましょう!笑

 

よーさんに直接連絡するならコチラのページから