ニキビ対策には生活習慣改善から?!初期症状を防ぐには…?

 

「最近あまり眠れてないから肌荒れが凄い…」

「甘いものを食べ過ぎてニキビができてしまった…」

 

 

こういった話はよく聞きます。

 

ですが生活習慣が乱れると
何でニキビができるかってご存知ですか?

 

ホルモンバランスが乱れるからです。

 

ホルモンの分泌は
脳から分泌するように命令が行くんですけど、

  • 睡眠
  • 運動
  • アルコール・タバコ
  • 食生活

等生活習慣の乱れによって
脳が正常に機能せず
ホルモンを分泌する命令が上手くできなくなります。

 

 

その結果ホルモンバランスが乱れて、
皮脂の過剰分泌が起こるんです。

 

皮脂の過剰分泌によって
毛穴が詰まってニキビができてしまうんです。

 

 

ですので、逆に生活習慣を整える事で、
ニキビの原因となる皮脂の分泌量を抑える事ができます。

 

脂性肌の方やニキビができ易い方は
下記方法を参考に生活習慣を整えると
皮脂の分泌量が抑えられるかもしれません。

 

生活習慣を整えるには?

 

質の良い睡眠を取る

 

 

睡眠不足も皮脂の過剰分泌・ニキビの原因になります。

 

とは言え、仕事の都合上
睡眠時間がどうしても確保できない
という方も多いと思います。

 

そこで睡眠の質を高める事を意識してみて下さい。

 

人間は入眠後90分間が1番深い眠りに入ります。

 

 

ですので、深く入眠できるようにする事で、
短い時間でも高い睡眠効果を得る事が可能なのです。

 

電車内でのうたた寝の2時間と
布団でしっかり寝る2時間では
疲れの取れ方が違いますよね?

 

 

そのぐらいに睡眠の質は
疲れの取れ方に大きな差を生みますので、
入眠時の質にこだわると良いです。

 

具体的にリラックスした状態
「副交感神経優位の状態」で寝る事が大事です。

 

 

ギリギリまでパソコンやスマホを使っていると
「交感神経優位」の興奮状態になってしまいますので、
いくら長い時間眠っても
しっかり疲れが取れない事もあるんです。

 

「10時間ぐらい寝たのに疲れが取れない」
っていうことありませんか?

 

これは単純に睡眠の質が悪いからなんです。

 

そこで副交感神経を優位にする為に、
軽くストレッチを取り入れると良いです。

 

んで、寝る時は「ワクワクする事」を考えるのではなく
「つまらない事」を考えながら寝ると深く眠れます。

 

「国語の授業」や「羊を数える事」が
眠くなるのと同じ理屈です。

 

退屈が続くと副交感神経が優位になり眠くなるんです。

 

睡眠時間の確保が難しい方は
高い質の睡眠を取り入れる事で睡眠対策をしてみて下さい。

 

全身に血が巡るような軽い運動

 

 

頭を使う仕事をしている場合、
頭の血行促進をするとストレスを緩和できます。

 

具体的に軽い有酸素運動を取り入れると
脳に血が巡り、ストレスを緩和でき、
ホルモン分泌量を正常に戻す事ができます。

 

頭を使う仕事をしている方は
是非取り入れてみて下さい。

 

アルコール・タバコを控える

 

 

アルコールや喫煙は
当然脳の感覚を麻痺させます。

 

ですので、禁酒・禁煙を心掛けると良いです。

 

難しければ、飲み過ぎ、吸い過ぎを
少しずつ意識していきましょう。

 

生活習慣が整うと皮脂分泌量が正常に!

 

このように生活習慣を整えると
皮脂の分泌を正常に戻していく事ができます。

 

これに加えて、食生活における栄養の偏りも意識すると良いです。

 

皮脂腺が発達してしまう食べ物は極力抑え、
バランスよく栄養素を摂取するのが良いんですけど、
これに関しては次回詳しくお伝え致します。

 

ニキビに特に効果的な栄養素とは?

 

まとめ

 

  1. 生活習慣が乱れると脳が正常に機能しなくなり、皮脂分泌するホルモンバランスが乱れる
  2. 皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、ニキビになる為、生活習慣改善はニキビ予防に効果的
  3. 質の高い睡眠を摂取する事で、脳の疲れが取れ易くなる
  4. 軽い有酸素運動は全身に血が巡る為、脳の疲れが取れ易い
  5. 飲酒・禁煙は脳の働きを麻痺させるので、極力抑えた方が良い