ニキビの原因『詰まり毛穴』には2つの改善法がある?!

 

ニキビの原因の1つとして、
単純に毛穴汚れで毛穴が詰まる事で、
皮脂が過剰分泌し、
角質肥厚が起こる事があります。

 

この角質肥厚によって白ニキビができてしまうんです。

 

 

この毛穴汚れの対策方法は
症状によって2パターンあります。

 

洗顔をする

 

 

1つは洗顔をして毛穴汚れを落とすという方法です。

 

恐らくニキビでお悩みのほとんどの方が
実践している事だと思います。

 

ですが、
「あなたの洗顔本当に合っていますか?」

 

洗顔で大事なのが

  • 洗顔料の配合成分
  • 洗い方

です。

 

注意すべき洗顔料の配合成分

 

「洗顔料は肌に優しい弱酸性の物を使っている」

「乾燥しがちなので保湿もできる洗顔料を使っている」

 

このような方が多いと思いますが、
アウトです。

 

 

まず、洗顔の役割は
「水溶性の汚れや肌に不要な皮脂を落とす事」
です。

 

保湿は美容液の役割なんです。

 

そもそも保湿には

  • 肌にもともとある水分を蒸発させない働き
  • 肌の外部刺激から肌を守る働き

があります。

 

肌の表面はもともと水分と油分が何層にもなって
肌を守っています。

 

 

このバリア機能を高めようというのが
保湿の役割です。

 

肌を綺麗にする為に洗顔しているのですが、
中途半端に保湿効果のある成分が配合されていると
肌の洗浄の邪魔です。

 

私自身保湿成分入りの洗顔料を
いくつか試してみましたが、
泡がヘタり易く
やはり洗浄力が落ちているようでした。

 

ですので余計な保湿成分が配合されていない
洗顔料を選ぶ事が大事です。

 

注意すべき配合成分

 

洗顔料で絶対に選んではいけない配合成分は

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 毒性の強い植物エキス
  • 防腐剤

です。

 

これらは市販の洗顔料の9割以上に配合されています。

 

簡単に説明すると
合成界面活性剤は洗浄力が強すぎて
「肌に必要な皮脂」まで洗い流します。

 

肌の保湿機能まで破壊してしまう事もあり、
弱酸性の洗顔料には
例外なくこの合成界面活性剤が配合されています。

 

 

合成ポリマーは即効性のある洗顔料によく配合されていますが
肌の新陳代謝を乱します。

 

肌にもともとないビニールの膜のような成分を
肌上に散りばめるので、
新陳代謝を乱して逆にニキビの原因になってしまうのです。

 

 

植物エキスはオーガニックを謳う化粧品に配合されがちです。

 

植物エキスは相乗効果で
合成界面活性剤以上の洗浄力を引き出すものもありますので
特に注意が必要です。

 

防腐剤は肌表面にある常在菌を殺してしまうので、
肌のバランスを崩してしまいます。

 

できればこれらが配合されていない洗顔料が望ましいです。

 

つまり

  • 肌に良い成分で構成
  • 肌に不要な皮脂を落とせるレベルの洗浄力

この2点がニキビ対策の洗顔料選びの最低条件となります。

 

最もお薦めなのは普通の無添加石鹸です。

 

 

成分は石鹸素地100%で
50年以上その安全性が認められ続けています。

 

値段も1個100円前後です。

 

ですので、保湿成分が配合された
1,000円以上もする洗顔料なんて不要なんです。

 

勿体ないです。

 

どんなにお金が有っても私は買わないです。

 

そこにお金をかけるのであれば、
保湿美容液にお金をかけた方が
肌に全然良いんです。

 

そのぐらいに普通の石鹸は洗顔に適しています。

 

ニキビの原因「詰まり毛穴」対策は洗顔だけで本当に大丈夫なの?

 

軽傷の場合、ニキビの原因の詰まり毛穴対策は
この普通の石鹸で十分です。

 

ただ、この普通の石鹸で毛穴汚れが落ちない場合があります。

 

その場合、原因は皮脂だけではなく別の物も詰まっていますので、
別の洗顔対策も必要です。

 

この時は具体的に毛穴に皮脂と角質タンパク質が
混ざって詰まってしまっている状態
です。

 

この場合、普通の洗顔料では落とす事が難しいので、
別途角質たんぱく質を溶かす洗顔料を取り入れる必要があります。

 

その洗顔料については下記ページにて説明いたします。

 

角質たんぱく質を落とす洗顔料について

 

当サイトお薦め無添加せっけんはコチラ

牛乳石鹸 カウブランド 無添加せっけん 100g×3コパック COW

 

まとめ

 

  1. 詰まり毛穴がニキビの初期症状
  2. 洗顔料は合成界面活性剤、合成ポリマー、有毒な植物エキス、防腐剤が無添加の物を選ぶ
  3. 洗顔は皮脂や水溶性の汚れを落とす役割がある
  4. 保湿は洗顔料ではなく美容液の役割
  5. 保湿成分など余計なものが配合されていない洗顔料を選ぶと良い