これって青クマ?!寝不足でできた青クマの消し方

 

「働き始めてから睡眠が浅く、目の下にクマができてしまった」

「毎日パソコンに打ち込む日々で目が疲れ、クマができてしまった」

 

クマって3種類あるんですけど、
上記が原因のクマだと、顔色が悪く見えちゃう
「青クマ」の可能性が高いって言われているんです。

 

目の下の青クマは
見た目年齢を引き上げてしまうのですが、
体質的な部分もあるんですけど、
原因を1つずつ潰して対策すれば消す事もできるんです。

 

クマの原因・見分け方

  • 青クマ…寝不足や血流の滞りが原因。皮膚を引っ張ると薄くなるが、完全には消えない
  • 茶クマ…色素沈着。皮膚を引っぱっても消えない
  • 黒クマ…下まぶたのたるみが原因。上を向くと薄くなる

 

青クマは「寝不足」や疲れや冷えによる「血流の滞り」
原因と言われています。

 

黒クマ対策はコチラから

茶クマ対策はコチラから

 

青クマはなぜ起こるのか?

 

目の下には大量の毛細血管があるんです。

 

ですので、血行不良が起こると
血液が透けて青黒く見える事があるんです。

 

目の下の皮膚は他の皮膚と比べても
かなり薄くなっていますので、
ちょっとした血行不良で
すぐに症状が出てしまうんです。

 

ただ、これはあんまブーブー言ってもしょうがないんですけど、
遺伝的な問題で目の下の皮膚が薄い人と厚い人がいます。

 

当然目の下の皮膚が薄い人はこの青クマになり易く、
また皮膚の厚い人は青クマにはなりにくい
みたいです。

 

皮膚の厚い人は本当に羨ましいですけど、
言ってもしょうがないので、
皮膚薄い組は
「正しい睡眠」「血流改善」によって
改善していきましょう。

 

青クマ改善にすべき事

  • 質の良い睡眠をとる
  • 眼輪筋トレーニングで血行促進
  • ホットタオルと入浴で血流改善
  • 葉酸、鉄分を摂取し血流改善

 

青クマはこの4つで潰していきましょう。

 

「青クマなんて本気で寝れば治るだろー」
と思われるかもしれないですけど、
「寝不足」による「血行不良」が原因ですので、
血流を改善しない限りは
いくら寝ても治らない事もあるんです。

 

この青クマの治し方に関しては
時間をかけたいテーマでもありますので、
今回は「寝不足」にのみ焦点を充ててお話ししますね。

 

寝不足改善の為の「質の良い睡眠」とは

 

できれば最低でも6時間睡眠は確保頂きたいんですけど、
「睡眠時間を取れないから青クマになってんだよ!」
という方もいると思います。

 

ですので、そういった方も含めて睡眠時間でなく
『睡眠の質』を上げる事で
睡眠効果を高めて頂ければと思います。

 

「睡眠の質が良い」とは「深い眠りに入る」という事です。

 

新幹線での3時間睡眠と、
布団での3時間睡眠では
疲れの取れ方が全然違いますよね?

 

睡眠時間が確保できないという方は
まずは睡眠の質を意識して頂ければと思います。

 

ここでの睡眠の質とは入眠時の質の事を指します。

人間は睡眠時に
深い眠り(ノンレム睡眠)と
浅い眠り(レム睡眠)
を90分毎に繰り返す
んです。

 

ノンレム睡眠中は脳と体に休息を与え、
レム睡眠中は記憶を整理し定着させる働きがあるんです。

 

アンチエイジング効果もあると言われる
「成長ホルモン」が最も分泌されるのが
入眠初期の90分
です。

 

なんと全睡眠時間中に分泌される
成長ホルモンの70-80%は
この入眠初期の90分に分泌される
と言われているのです。

 

眠り自体も一番深い時間帯になります。

 

ですので、この入眠初期の90分で
いかに深い眠りに付けるかで
肌状態や血流が変わります。

 

逆に質が悪く
入眠初期の90分が浅い睡眠になってしまった場合、
何時間寝ても疲れが取れない事もあるようです。

 

ですので、寝るギリギリまでテレビを見ていて、
「よし!寝るか!」
っていうテンション上がった状態で布団に入るのはダメですよ。

 

深い眠りに入るには?交感神経と副交感神経とは?

 

人間には「交感神経優位の状態」「副交感神経優位の状態」があって、
副交感神経優位の状態にして眠りにつくと、
深い眠りにつく事ができます。

 

簡単に言うと「交感神経優位の状態」とは
戦闘態勢にある状態です。

 

バリバリ仕事をしている時や、
スポーツをしている時の状態がこれです。

 

そして「副交感神経優位の状態」とは
リラックスした状態です。

 

ご飯を食べた後等がこの状態です。

 

ご飯を食べた後、気が緩んで、
「何か今は仕事したくないなぁ。眠いなぁ。」
っていう気が起こる事はありませんか?

 

これはあなたの副交感神経が優位になり、
リラックス状態に入るからなんです。

 

何となく「交感神経優位の状態」「副交感神経優位の状態」について
ご理解頂けましたでしょうか?

 

話を戻しますが、眠りにつく時は
リラックス状態の「副交感神経優位の状態」で眠ると
質の高い睡眠が得られます。

 

つまり、寝る前にテレビを見ていたり、
スマホをいじっていたりすると
交感神経が優位になって
質の高い睡眠が得られないんです。

 

リラックス状態に入る為に
入眠前に入浴したり、軽いストレッチをしたり、アロマを焚いたり…
あなたなりの方法で結構ですので、
リラックスの時間を取ってみて下さい。

 

リラックスのポイントとしては
脳に刺激がある事ではなく、
単調で退屈さを感じるほど、
副交感神経が優位になり思いっきり寝れます。

 

国語の時間、先生が読む教科書みたいなものです。

 

あれ、半端ない睡魔に襲われますよね?

 

逆に「明日何をして~」という
ワクワクする具体的な事を考え出すと
眠れなくなりませんか?

 

詳しくは別記事にも書きますが、
単調で退屈な時間は睡眠欲を上げるのです。

 

これらで睡眠の質を高まれば、
青クマ改善だけでなく、疲れも取れるハズです。

 

肌のゴールデンタイムは22-2時

 

これは他のサイトでも言われている事ではありますが、
22-2時が肌の細胞が生まれ変わる
ゴールデンタイム
となります。

 

とは言え、仕事柄22時に就寝できる人は
少ないかと思いますので、
遅くとも0:30までには
入眠できるようにすると良い
です。

 

上記で言った
「入眠初期の90分」と「肌のゴールデンタイム」が
重なるようにする為
です。

 

質の良い睡眠に関してはコチラの記事でも紹介しております

 

まとめ

 

  • 青クマの原因は睡眠不足による血行不良
  • 睡眠の質を高めるには入眠時の90分を大事にする
  • 身体をリラックス状態にして寝る
  • アンチエイジングにも期待される成長ホルモンは入眠時の90分に70-80%分泌される
  • 単調で退屈を感じる程寝易くなる
  • 22-2時が肌のゴールデンタイム
  • 遅くとも0:30までには寝るようにすると良い

 

肌は勿論ですが、
アスリートでもこの交感神経と副交感神経でメリハリをつけ、
休める時に意識高くしっかり休める人が
高い結果を残すと言われています。

 

日中には日中にしかできない事、
睡眠時には睡眠時にしかできない事を全力でやる事で
高い結果が得られるんです。

 

頑張っているあなただからこそ、
是非しっかり休んでみてください。