ナッツ類の摂取でアンチエイジング?!間食・おやつにお薦め

 

「ナッツ類がアンチエイジングに効果的って言われるけど、何で?」

「ナッツにも色々種類があるけどアンチエイジング効果があるナッツはどれ?」

 

 

ナッツって一言で言っても
アーモンド、クルミ、カシューナッツ、ピスタチオ…
と様々な種類があります。

 

そこで今回はそれぞれのナッツに
どのような効果に期待されているかというのを
お伝え致します。

 

アーモンド

 

 

「アーモンド効果」などの飲料も現在出てきていますが、
アーモンドは肌のアンチエイジングに効果的な食べ物の1つです。

 

「ニキビを作るんじゃないか」という噂がありますが、
実は全くの迷信です。

 

「アーモンド(油分)を摂取する事で皮脂を過剰分泌するんじゃないか」
という所から来ていると思いますが、
油分とニキビが無関係な事は医学的に証明されています。

 

油分とニキビが無関係な詳細はコチラ

 

ただ、食生活の偏りでホルモンバランスを崩して
ニキビができる事はあるようですので、
気を付けるようにしましょう。

 

アーモンドは何といっても、
肌老化の原因である活性酸素を除去する効果に期待される
ビタミンEがどのナッツ類よりも豊富です。

 

 

アーモンドの配合栄養素の詳細はコチラ

 

女性で6mg男性で6.5ngが摂取目安量なので
20粒も摂取すれば、
1日に必要なビタミンEを摂取しきる事ができます。

 

他にも悪玉コレステロールを低下させるオレイン酸や
亜鉛・鉄分が豊富に含まれていますので、
血行を良くする効果にも期待されています。

 

アーモンド単体だと、
カロリーがそこそこありますので、
アーモンドミルクにして摂取すると低カロリーで、
必要な栄養素を包括的に摂取できます。

 

アーモンドミルクの詳細はコチラ

 

くるみ

 

 

クルミには血液をサラサラにする成分が
他のナッツ類と比べて
特に豊富に含まれます。

 

具体的に悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やす
オメガ3系脂肪酸が含まれます。

 

クルミにはナッツ類の中でも
このオメガ3系脂肪酸が最も多く含まれるんです。

 

オメガ3系脂肪酸は体内で合成する事ができず、
食べ物からしか摂取できない脂肪酸です。

 

このオメガ3系脂肪酸には
血液をサラサラにする効果に期待でき、
クルミにはオレイン酸やαリノレン酸等豊富に含まれるので、
血行促進効果にも期待できます。

 

成人女性では1日1.6g以上、
成人男性では1日2.0g以上が摂取目安量となるので、
24g(6粒)以上摂取すると良いです。

 

カシューナッツ

 

 

カシューナッツにはビタミンB1が豊富に含まれます。

 

ビタミンB1は不足すると糖質の代謝が上手くされず、
ピルビン酸や乳酸が蓄積する事により
疲労を感じやすくなり、集中力も落ちます。

 

疲れやすい方は
カシューナッツを摂ってもいいと思います。

 

更に亜鉛や鉄分が豊富に含まれますので、
高い血行促進効果にも期待できます。

 

ピスタチオ

 

 

ピスタチオにはタンパク質を代謝する
ビタミンB6が豊富に含まれます。

 

たんぱく質は経口摂取すると一旦アミノ酸に分解され、
再びタンパク質として合成され、
皮膚や髪の毛を形成します。

 

この再合成に必要な酵素が
ビタミンB6なのです。

 

ですので、不足すると肌のハリ低下や
新陳代謝の乱れを起こすんですけど、
欠乏症は基本的には起こりにくいとされています。

 

ですが、タンパク質を
多く摂取する食生活をしている方は
意識的にビタミンB6は
摂取した方が良いかもしれません。

 

他にもビタミンB6には
ホルモンバランスを調節する働きがありますので、
PMSでお悩みの方にもお薦めです。

 

あとは上記同様ビタミンEが含まれますので、
アンチエイジング効果にも期待できますし、
カリウムや鉄分を含みますので
血行促進効果にも期待できます。

 

ヒマワリの種

 

 

マイナーだけどお薦めのナッツ類です。

 

上記で紹介したビタミンミネラル類が
バランスよく豊富に含まれていてお薦め
です。

 

 

ちょっとしたおやつにナッツ類を

 

 

ナッツ類にはこのように基本的に

  • 活性酸素を除去する抗酸化効果
  • 血行促進効果
  • 血中コレステロール値の低下

等に期待できます。

 

ちょっとしたおやつに
これらナッツ類を取り入れてみるのは
いかがでしょうか?

 

添加物だらけのお菓子を食べると
肌老化の原因の活性酸素が
大量分泌してしまいます。

 

お菓子を抑えてナッツ類を取り入れると、
むしろアンチエイジングにも期待できますので、
間食にお薦めです。

 

まとめ

 

  1. ナッツ類の過剰摂取でニキビができる事は無い
  2. アーモンドはビタミンE含有量が1番多いので、抗酸化効果に期待できる
  3. クルミはオメガ3系脂肪酸含有量がナッツ類で1番多く、高い血行促進効果に期待できる
  4. カシューナッツにはビタミンB1が豊富に含まれるので、疲れを感じやすい方にお薦め
  5. ピスタチオはビタミンB6が豊富に含まれ、普段タンパク質を多く摂取する人にお薦め
  6. ナッツ類は基本的に「活性酸素除去」「血行促進」「コレステロール値低下」に期待できる
  7. おやつにナッツ類を摂るのがお薦め