無添加化粧水でニキビ対策!あなたに合う安全な化粧水とは?

 

「自分に合う化粧水が分からない」

 

「肌荒れが酷く、どの化粧水を使っても肌が赤くなる」

 

化粧水ってご自身にもあまり効果が分かり辛い部分もあるので、
選び方が分からない方も多いのではないでしょうか?

 

 

「トライアンドエラーで色んな化粧水を試している」
という方もいるかもしれませんが、
ちょっと待ってください。

 

化粧品の誤った選び方は肌を傷つけ、肌老化を起こします。

 

今ある化粧品の9割以上が肌を傷つける

 

化粧水に限らず、洗顔料、クレンジング、美容液、乳液、日焼け止め…

 

9割以上のどの化粧品にも肌を傷つける
「合成界面活性剤」や「合成ポリマー」

が含まれているんです。

 

合成界面活性剤って何?!

 

合成界面活性剤とは
化粧水に含まれる水分と油分を均一に溶かす成分です。

 

本来、水と油は溶け合う事はありません。

 

 

が、この界面活性剤には
水分と油分を均一に溶かす働きがありますので、
大抵の化粧水には配合されているんです。

 

ただ、デメリットとしては
肌にもともとある油分の膜と水分の膜も溶かし、
肌のバリア機能を破壊してしまうという事
です。

 

肌の本来の役割は細菌や刺激から肌の内側を守る事です。

 

ですので肌にはバリア機能と呼ばれる
水分と油分が何層にもなって積み重なっているんですね。

 

 

これによって肌を外部刺激から守っているのですが
先程にも伝えた合成界面活性剤には
水分と油分を溶かす働きがあるんですけど、
この肌のバリア機能も一緒に溶かしてしまうのです。

 

 

合成界面活性剤配合の化粧水を毎日使う事による
バリア機能の繰り返しの破壊で
肌が赤くなる「敏感肌」や、
水分保持機能低下による「乾燥肌」を引き起こすのです。

 

肌の事を本当に考えた化粧品メーカーでは
この合成界面活性剤を使わない化粧品を出しています。

 

まずはこの合成界面活性剤不使用というのを
1つの基準として探して頂ければと思います。

 

植物エキスに騙されるな!

 

合成界面活性剤不使用の化粧品で次に多いのが
大量の植物エキスを配合しているところです。

 

 

「オーガニック」を謳っている化粧品に多いのですが、
私たち利用者を騙しに来ている事が結構あります。

 

少量であれば問題ないのですが、
植物エキスの中には界面活性剤と同じように
水分と油分を混ぜる働きがあるものが多いです。

 

ただ、何種類も植物エキスが配合されると
相乗効果で合成界面活性剤以上の
破壊力を持ってしまう物もある
のです。

 

オーガニックを謳っておきながら
合成界面活性剤以上の危険性を隠しているので
このタイプはタチが悪いです。

 

植物エキスが何種類も入っている化粧水も避けるようにしましょう。

 

合成ポリマー入りの化粧水は肌の機能を乱す

 

合成ポリマーと呼ばれる成分があります。

 

よく化粧水の感想で
「使ったその日から効果があった」
という口コミがございますが、
使用後すぐに効果を実感できるものは
大抵この合成ポリマーのおかげとなっております。

 

つまり利用者に即効性を感じてもらう為の成分なんです。

 

「いいじゃん!」って思うかもしれませんが、
この合成ポリマーも肌に物凄く悪いんです。

 

合成ポリマーで肌が綺麗に見えるカラクリとしては、
肌の上にビニールのような膜を散りばめるからです。

 

肌にビニールのコーティングをしてあたかも綺麗に見せているのです。

 

 

綺麗に見せているだけですので、
勿論肌が綺麗になる事はございませんし、
それどころか肌の通気性が悪くなる為、
皮脂の分泌も抑えられ、肌が正常に機能できなくなって
乾燥肌を引き起こす事もあります。

 

よく化粧品の感想でこのような口コミを見ませんか?

 

 

この肌荒れは、合成ポリマーが剥がれただけです。

 

つまり、
「今まで合成ポリマーで隠し、傷つけてきた肌が、
メッキを剥がすと、肌荒れをした肌が出てきた」というだけです。

 

この仕組みで消費者は継続利用しようと考えるので、
売上志向のメーカーは
合成ポリマーを利用するところが非常に多いのです。

 

ただ、本当に肌の事を考えた化粧品メーカーの場合、
合成ポリマー不使用の化粧品をしっかり出しておりますので、
合成ポリマー不使用の化粧品をお選び頂ければと思います。

 

化粧水は付けなくても良い?その理由は

 

以上より「合成界面活性剤」「合成ポリマー」「大量の植物エキス」
が配合されていない化粧水を選べば良い
のですが、
正直化粧水は別に付けなくても良いというのが私の意見です。

 

というのも化粧水の配合成分の9割以上が「水」だからです。

 

「保湿の為」と付けている方もいるかもしれませんが、
唇を舌で湿らすと余計乾燥するのと同じで、
水で湿るのは一時的で、
肌から蒸発する事で余計乾燥を引き起こす事もあるのです。

 

セラミド入りの美容液や乳液を一緒に付けるのであれば、
問題ありませんが、
あえて付ける必要はないというのが私の意見です。

 

ただ、化粧水を利用する上で1つだけメリットがあります。

 

水溶性の成分を溶かし易いという点です。

 

化粧水はビタミンC誘導体配合の物を選ぶと良い

 

ニキビの基の皮脂を酸化させる
「活性酸素」を除去させる抗酸化効果に期待できる
ビタミンC誘導体は水溶性ですので、
化粧水で摂るメリットがあります。

 

ですので、化粧水を選ぶのであれば、ニキビ対策として
ビタミンC誘導体が含まれた化粧水を選ぶと良いです。

 

因みに私のお薦めは
ワイエスラボの「フラーレン美容オイル+モイスチャーローション」です。

 

 

ビタミンC誘導体は入っていませんが、
美容オイルに配合されているフラーレンの抗酸化力は
なんとビタミンC誘導体の約100倍以上
と言われています。

 

ですのでワイエスラボの
「フラーレン美容オイル」と「モイスチャーローション」を
組み合わせて頂く事で
ニキビ対策として最適な化粧水となります。

 

その上、無添加で
肌を傷つけない化粧水となっていますので、
お薦めです。

 

ただ、他の化粧水のように
シミやシワにはあまり効果を実感頂けないかもしれません。

 

シミやシワへの効果が期待できる化粧品は
例外なく合成界面活性剤が含まれていて
一喜一憂の後、結局肌を傷つけるだけなんですよ。

 

肌というのは細菌や外部刺激から肌奥を守る為に
細菌などが侵入しないように
バリアをする働きがあるんです。

 

つまり、いかなる成分であろうと
肌から奥へ浸透させる働きは通常持っていないんです。

 

「浸透型」という名の
合成界面活性剤で破壊して栄養分を入れ込む化粧水ならありますが、
ここまで読んで頂いた方には
それがどれだけ危険かをお分かり頂けたかと思います。

 

肌奥のシミやシワのケアには化粧水ではなく
肌内部からのケアが必要なのです。

 

20代からの大人ニキビにはフラーレン配合の化粧品

 

基本的に化粧水を使う必要はそこまでありません。

 

ですが、ニキビが気になる方、でき易い方は
皮脂分泌を抑制する必要がありますので、
抗酸化効果のある
ビタミンC誘導体やフラーレン入りの化粧水を使うと
効果的です。

 

皮脂の詰まりが原因でニキビは発生しますので、
ビタミンC誘導体やフラーレンはニキビ対策に効果的なのです。

 

ニキビ1つであなたの印象は大きな違いを与えます。

 

ニキビが消えれば健康的に見えますし、
見た目の清潔感も上がるハズです。

 

ニキビができ易い方は是非取り入れてみて下さい。

 

その他ニキビ対策はコチラでも紹介しております

まとめ

  1. 合成界面活性剤・合成ポリマーが配合された化粧水を選んではいけない
  2. 植物エキスが大量に配合された化粧水を選んではいけない
  3. 化粧水の9割以上が水でできている事が多い
  4. 化粧水には水溶性の成分を溶かせるというメリットがある
  5. フラーレンはビタミンC誘導体の100倍以上の抗酸化力がある
  6. 化粧水は基本使わなくても良いがニキビができ易い方にはお薦め

ワイエスラボ化粧品の詳細はコチラ