著者29歳。高校生に間違えられた話|若い見た目年齢取得法

 

今回はちょっとブログ形式ですが、
29歳の自分が先日『高校生』に見間違えられたんで、
その話をします。

 

一応この話のポイントとして、

  • 3年前ぐらいは30歳以上と見間違えられる事が多かった事
  • あるアンチエイジング法の実践結果、ついに高校生に見間違えられた事
  • 7,8歳年下の子に年下に見られた事

です。

 

元々3年前とかは
「絶対30歳以上だと思ってましたよー」
と言われることが多かったので、
正直なところ大学生に見間違えられる事でさえ、
かなり嬉しく、自信にも繋がっていたし満足していたんです。

 

それがついに『高校生』というワードが飛び出ました。

 

しかも年下の大学4年生(女子)から言われたんです。

 

「学ラン着れば全然高校生でもいけますよー」
「正直、私の同級生の方が老けてる」
「29歳には全然見えない」

というお声を先日頂いたんです。

 

アンチエイジングも
「見た目年齢大学生ぐらいが限界かな…」と思っていたので、
ちょっと想像をぶち抜く経験だったので、
書かせて頂きました。

 

因みに自分がやってるアンチエイジング対策としては
ここで紹介している事だけです。

 

  • 危険成分を含まない化粧品でのスキンケア
  • 睡眠の質を意識した十分量の睡眠
  • 禁煙・禁酒・禁お菓子
  • 野菜を1日最低500g以上の摂取
  • ビッグ3の筋トレ
  • ストレッチ
  • 揚げ物・白い炭水化物の禁止
  • 肉の摂取は最低限
  • 1日2食

(細かいのを言えばまだまだあります…)

 

…いや、結構色々やってましたねwww

 

ただ、ここまでやればそりゃ若々しくもなるんでしょうけど、
にしても高校生かぁって思いました。笑

 

高校生というワードが出たのは今の所その子だけですが、
今では大学生以上に見られることは
まず無くなりました。

 

26歳地点では30代に見られていた自分が
29歳地点では高校生に見間違えられるって
結構老け顔の方に対して勇気を与えられる出来事だと思うんです。

 

なので今回は色々試した中で
最も効果があった物を1つだけ取り上げて紹介しますね。

 

上記の中で一番効果を実感したのは
毎日野菜を1日最低500g以上摂取する事
です。

 

高級エステに100万円以上投資したり、
総額10万円以上スキンケアにかけたりした時期もありましたが、
自分の中で野菜摂取が1番効果的でした。

 

恐らく

  • 野菜に含まれる抗酸化成分で体内から若々しくなっている事
  • 大量の食物繊維による半端ないデトックス
  • 血糖値の急上昇を抑え、糖化を防いでいる事
  • ビタミン・ミネラル類のお蔭で体内がストレスなくスムーズに働けている事

等が大きな要因になっているのかなぁと思いました。

 

自分の場合、野菜中心にして1,2日で排泄に変化があり、
3か月前後で周囲の評価が変わっていった気がします。

 

若い見た目年齢を手に入れたいという方は
是非試してみて下さい。

 

結構大きな効果が出ると思います。