ミネラルファンデーションは危険?吸い込むとヤバいの?!

 

「ミネラルファンデーションって危険なの?」

「ミネラルファンデーションに含まれる酸化チタンに発がん性があるって本当?」

 

 

これまで、当サイトでも
ミネラルファンデーションを何度かお薦めしてきましたが、
一方での危険性について今回お話し致します。

 

ミネラルファンデ-ションには
紫外線反射材という物が配合されています。

 

これはその名の通り、
肌に照射した紫外線を肌奥に通すことなく、
反射する性質があります。

 

 

通常どのミネラルファンデーションにも紫外線反射材である
「酸化チタン」が含まれるんですけど、
この酸化チタンに発がん性があるのではないか?
と噂になっているんです。

 

結論から言うと、酸化チタンは
国際がん研究機関(IARC)によると、口に入った場合
「ヒトに対する発がん性が疑われる化学物質」
と分類されています。

 

でもミネラルファンデーションとして
ちゃんと使う分には安全
ですので、
今回はその理由をお伝え致します。

 

発がん性物質は5つのグループに分けられる

 

 

国際がん研究機関(IARC)によると
発がん性物質は5つのグループに
分類されています。

 

国際がん研究機関(IARC)のホームページはコチラ

 

グループ1:人に対する発がん性が認められている

 

グループ1が最も危険度が高く、
人に対する発がん性が認められています。

 

 

タバコ、アルコール、
ハムやソーセージなどの加工肉

ここに分類されます。

 

普段意識せずに摂取している方も
多いのではないでしょうか?

 

グループ2A:人に対する発がん性が恐らくある

 

グループ2Aが
「人に対する発がん性が恐らくある」
とされています。

 

 

ここに紫外線A波B波C波が分類されます。

 

紫外線も皮膚がん等の原因ですからね。

 

グループ2B:人に対する発がん性が疑われる

 

 

そしてグループ2Bが
「人に対する発がん性が疑われる」
とされていて、
ここに酸化チタンが分類されます。

 

グループ3、グループ4

 

 

その下のグループ3が
「人に対する発がん性が分類できない」とされ、
コーヒーやお茶などが分類され、
グループ4が「人に対する発がん性が恐らくない」と
分類されています。

 

ミネラルファンデーションの危険性・毒性

 

 

ですので、酸化チタンは発がん性があるかもしれないと
疑われている段階の成分
で、
その危険性はお酒や煙草、加工肉や紫外線よりも
低い
とされているんです。

 

しかも「口に入った場合」ですからね。

 

パウダータイプのミネラルファンデーションは
空気中に舞って、
稀に口に入る事があるから、
危険だ
と言われている程度の事なんです。

 

そもそも酸化チタンは
食べ物を白くする着色剤として
ホワイトチョコなどに使われる事もあります。

 

 

このように確実に口に入れる行為は、
控えた方が良いかもしれません。

 

ですが、パウダーを塗って空気中に舞った
パウダーの原料の1つである酸化チタンを
たまたま吸い込んだところで、
その可能性は低く微量です。

 

もし気になるのであれば、
塗る瞬間だけ少し息を止めればいいだけです。

 

 

んじゃあ、何でこんな噂が広まったかというと、
ただの販売戦略です。

 

発がん性は販売戦略による誇張?

 

 

ファンデーションや日焼け止めには
ほぼ全商品に酸化チタンは含まれます。

 

ですが、パウダータイプだから
粉が舞って吸い込む可能性がある。

 

だからリキッドタイプのファンデーションなら
粉が舞わずに安心ですので
買いましょうというただの企業戦略です。

 

「でも、それならリキッドタイプのファンデーションの方が安全そうだなぁ」
って思った方もいるかもしれませんが、
むしろリキッドタイプのファンデーションの方が
肌に悪いんです。

 

 

リキッドタイプは
ファンデーションに含まれる水分と油分を
均一に混ぜ合わせなければいけません
ので、
例外なく合成界面活性剤か
合成界面活性剤と似た働きをする植物エキスが
含まれるんです。

 

界面活性剤には本来混ざり合わない水分と油分を
溶かす効果
があります。

 

 

人間の肌の表面は水分と油分が何層にもなっていて、
ウイルスや外部刺激から肌内部を守っています。

 

 

ですが、この界面活性剤で
肌の水分と油分の膜も混ざり、
破壊されてしまうんです。

 

 

これが、乾燥肌・敏感肌の原因となって、
あらゆる肌トラブルを引き起こしますので、
これらを含まないパウダータイプの
ミネラルファンデーションの方がお薦め
なのです。

 

「酸化チタンが肌に入り込む事は無いの?」
と思うかもしれませんが、
日本の法律で
「化粧品のどんな成分も肌表面0.02mmまでしか浸透させてはいけない」
というのがあるんです。

 

化粧品メーカーによっては、法律の穴を掻い潜って
合成界面活性剤を使って、
肌を破壊して無理矢理もっと肌奥に有効成分を
注入させてるメーカーもあるんですけど、(←5年前ぐらいに事件になりました。)
当サイトで薦めている化粧品は全て無添加なので
その点はご安心頂ければと思います。

 

結論:ミネラルファンデーションは安全

 

 

ですので、肌から酸化チタンが
体内に入り込む事はありませんし、
息を止めて塗れば口から体内に入り込む心配もありません。

 

たとえ入ったとしてもその毒性は
ほんの微かで紫外線やお酒よりもずっと低いですし、
リキッドファンデーションよりも
圧倒的に肌に良いんです。

 

ミネラルファンデーションをお悩みの方は
是非この事実も参考にして頂けると幸いです。

 

無添加でお薦めのミネラルファンデーションはコチラ

 

まとめ

 

  1. ミネラルファンデーションに含まれる酸化チタンは発がん性があると疑われている
  2. 国際がん研究機関(IARC)によると酸化チタンの危険度は5段階中3番目
  3. 酸化チタンは口に入った場合のみ発がん性がある
  4. 空気中に舞ったファンデーションをたまたま吸い込む程度であれば、毒性はほぼない
  5. ミネラルファンデーションを塗る際に息を止める等で対応可能
  6. 発がん性のアピールはリキッドファンデーションを売る為の販売戦略
  7. リキッドファンデーションの方が界面活性効果などで肌に悪い
  8. ミネラルファンデーションは肌にも健康的にも安全