旧表示指定成分一覧|肌に悪い成分無添加の化粧品はコレ?

 

「旧表示指定成分は無添加の化粧品の方が肌に良いの?」

「他に注意すべき成分は?」

 

 

旧表示指定成分とは1980年に
「肌のトラブルのもとになるから絶対に表示しないとダメだよ?」
と厚生労働省が各メーカーに
表示を義務付けた102種類の成分です。

 

2001年から全成分表示制が導入された為、
これら旧表示指定成分が
上手く紛れ込むようになってしまいましたが、
「皮膚障害を起こす可能性がある」
と国が一度認めた成分ですので、
当然避けた方が良いんです。

 

今では旧表示指定成分の配合を
抑制しているメーカーも多いんですけど、
それでも大手や意識低い化粧品メーカーでは
これらを配合させているところもあります。

 

そこで旧表示指定成分の成分一覧を載せますので、
あなたの使っている化粧品の成分と
照らし合わせて確認してみて下さい。

 

旧表示指定成分一覧

 

  1. 安息香酸
  2. イクタモール
  3. イソプロピルメチルフェノール
  4. ウンデシレン酸
  5. ウンデシレン酸モノエタノールアミド
  6. エストラジオール
  7. エストロン
  8. エチニルエストラジオール
  9. エデト酸
  10. 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン
  11. 塩化アルキルトリメチルアンモニウム
  12. 塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム
  13. 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム
  14. 塩化ステアリルトリメチルベンジルアンモニウム
  15. 塩化セチルトリメチルアンモニウム
  16. 塩化セチルピリジウム
  17. 塩化ベンザルコニウム
  18. 塩化ベンゼトニウム
  19. 塩酸クロルヘキシジン
  20. 塩化ラウリルトリメチルアンモニウム
  21. 塩化リゾチーム
  22. 塩酸ジフェンヒドラミン
  23. オキシベンゾン
  24. オルトフェニルフェノール
  25. カテコール
  26. 還元ラノリン
  27. カンタリスチンキ
  28. グアイアズレン
  29. グアイアズレンスルホン酸ナトリウム
  30. グルコン酸クロルヘキシジン
  31. クレゾール(クロルクレゾール)
  32. クロラミンT
  33. クロルキシレノール
  34. クロルフェネシン
  35. クロロブタノール
  36. 硬質ラノリン
  37. 酢酸コルチゾン
  38. 酢酸トコフェロール
  39. 酢酸ラノリン
  40. 酢酸ラノリンアルコール
  41. サリチル酸
  42. サリチル酸フェニル
  43. ジイソプロパノールアミン
  44. ジエタノールアミン
  45. ジエチルスチルベストロール
  46. シノキサート
  47. ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
  48. ジプロピレングリコール
  49. 臭化アルキルイソキノリニウム
  50. 臭化セチルトリメチルアンモニウム
  51. 臭化ドミフェン
  52. ショウキョウチンキ
  53. 水素添加ラノリンアルコール
  54. ステアリルアルコール
  55. セタノール
  56. セチル硫酸ナトリウム
  57. セトステアリルアルコール
  58. セラック
  59. ソルビン酸
  60. タール色素 (アゾ色素、キサンチン色素)
  61. チモール
  62. 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  63. チラム
  64. デヒドロ酢酸
  65. 天然ゴムラテックス
  66. トウガラシチンキ
  67. トラガント
  68. トリイソプロパノールアミン
  69. トリエタノールアミン(ラウリル硫酸トリエタノールアミン)
  70. トリクロサン
  71. トリクロロカルバニリド(トリクロロ・レバン)
  72. ニコチン酸ベンジル
  73. ノニル酸バニリルアミド
  74. パラクロロフェノール
  75. パラフェニレンジアミン
  76. パラフェノールスルフォン
  77. パラべン(パラオキシ安息香酸エステル)
  78. ハロカルパン
  79. ヒキセストロール
  80. ヒドロコルチゾン
  81. ピロガロール
  82. フェノール
  83. ブチルヒドロキシアソニール(BHA)
  84. プレドニゾロン
  85. プレドニゾン
  86. プロピレングリコール
  87. ヘキサクロロフェン
  88. ベンジンアルコール
  89. ベンゾトリアゾール
  90. 没食子酸プロピル
  91. ポリエチレングリコール
  92. ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩類
  93. ポリオキシエチレンラノリン
  94. ミリスチン酸イソプロピル
  95. ラウリル硫酸塩類
  96. ラウロイルサルコシンナトリウム
  97. ラノリン
  98. ラノリンアルコール
  99. ラノリン脂肪酸イソプロピル
  100. ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール
  101. レゾルシン
  102. ロジン

 

旧表示指定成分無添加の物を選ぼう!

 

 

肌に悪い化粧品を使うのであれば
使わない方がマシ
なので、
これら成分が無添加の物を選ぶようにしましょう!

 

「旧表示指定成分無添加なら何でもいいの?」
と思うかもしれませんが、
当然そんなことはありません。

 

旧表示指定成分を無添加にする代わりに
同じような働きをする成分を配合させているメーカーが
現代では沢山あるから
です。

 

 

ですので、現代では旧表示指定成分に加えて、

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 毒性のある植物エキス
  • 防腐剤・アルコール
  • 紫外線吸収剤
  • ナノ粒子
  • タール色素
  • 香料

も無添加の化粧品を選ぶと
肌に優しい化粧品を選べます。

 

表示指定成分無添加のお薦め化粧品は?

 

旧表示指定成分含め、
合成界面活性剤など肌に悪い成分が無添加の
クレンジング・化粧水はワイエスラボが当サイトではお薦めです。

 

ワイエスラボの口コミはコチラ

 

その他無添加お薦め化粧品は
コチラも参考にしてみて下さい。

 

当サイトお薦め無添加化粧品はコチラ

 

まとめ

 

  1. 旧表示指定成分とは以前国が「皮膚障害を起こす可能性がある」と表示を義務付けた成分
  2. 旧表示指定成分は全部で102種類ある
  3. 旧表示指定成分無添加でも、似た成分が現代では配合されている可能性がある為要注意