黒クマを心の底から消したい!断ち切るべき7つの習慣とは?

 

「いくら寝ても黒クマが消えない!」

「黒クマをどうにか消したい!」

 

 

実はこのようにお悩みの方が
10代、20代の方でも結構います。

 

10代、20代でも黒クマに悩みがある人は結構多い

 

 

黒クマの原因は

  • 目の下のコラーゲンの減少
  • 目の下の皮膚のたるみ

によって起こります。

 

何故コラーゲンの減少や
皮膚のたるみが起きるかと言うと
それは普段の生活習慣に問題があったのです。

 

ですので、生活習慣の改善によって
黒クマ悪化を防ぎ、改善に向かう事ができます。

 

黒クマ改善の為の7つの生活習慣

 

  1. 目を擦らない
  2. 喫煙量を控える
  3. バランスの取れた食生活を送る
  4. 良質な睡眠を取る
  5. アルコール摂取量を抑制する
  6. 可能であれば有酸素運動を取り入れる
  7. 誤ったスキンケアを排除する

 

この7つで黒クマの原因を徹底排除していくと効果的です。

 

黒クマ対策①目を擦らない

 

例えば花粉症などで目を擦る癖がある方。

 

実際に触ってみると分かりますが、
目の下の皮膚って他の部分と比べて
圧倒的に薄いんですよ。

 

 

つまり肌には外部刺激から身を守る働きがありますので
目の下は最も刺激に弱い部分なんです。

 

目を擦ったり同じ表情を繰り返したりする事で、
肌の弾力を失い、
目の下の皮膚がたるみ、黒クマになる事があります。

 

 

思い当たる人は目薬などを駆使して、
目を擦らないようにしましょう。

 

黒クマ対策②タバコの量を極力抑える

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが、
肌奥のコラーゲンはビタミンCによってできるのですが、
喫煙をするとタバコ1本に付き
ビタミンCが25-100mg失われる
と言われています。

 

厚生労働省の示している
ビタミンCの1日の摂取目安量は100mgですので、
結構な量ですよね?

 

「分かるけど、完全禁煙はできない」
と言う方は、本数を減らしつつ、
ビタミンCサプリを意識的に摂取する習慣を付けると
症状を緩和できるかもしれません。

 

1日500mgのビタミンCを摂取できるマルチミネラルビタミンのサプリの詳細はコチラ

 

黒クマ対策③~⑥生活習慣の乱れの改善

 

あとは、生活習慣の乱れによって
黒クマが長引く事もありますので
早めに改善して頂ければと思います。

 

眼の下のコラーゲンを分泌するには
脳から分泌するように命令が行くことで
分泌が始まります。

 

 

ですが、脳の感覚がマヒしてしまっていると、
脳からの命令が上手くいかず、
コラーゲンが分泌されなくなってしまうんです。

 

いくら禁煙やビタミンC摂取をしても
無意味になる事もあるんです。

 

ですので、脳を正常に働かせる為に

  • バランスの良い食生活
  • 良質な睡眠
  • アルコール摂取量の抑制

を意識すると黒クマ改善に役立ちます。

 

バランスの良い食生活を実現するには?

良質な睡眠を取るには?

アルコールの上手な摂取の仕方とは?

 

それから、脳に血が巡るように
有酸素運動等を取り入れて頂く事も効果的です。

 

早く寝ると更に効果的?

 

 

最も成長ホルモンが分泌される時間は22-2時と言われています。

 

ですので、22時頃に入眠できると、
コラーゲン生成がより効率的に行われるようになります
ので、
最もお薦めは22時睡眠です。

 

ただ、仕事上22時が難しいという方もいるとは思います。

 

そういった方は遅くとも0時半に入眠できると良いです。

 

入眠~1時間半までが人間が最も深い睡眠に入る時ですので、
0時半までに入眠できるとコラーゲン生成に効果的です。

 

 

黒クマ対策⑦誤ったスキンケアを排除する

 

それから誤ったスキンケアは
逆効果になる事もありますので、
スキンケア方法にも注意してみて下さい。

 

黒クマに効果的なスキンケアはコチラ

 

ただ、今すぐに黒クマを消したいという方もいると思いますので、
次回は黒クマを消すメイク術をお伝え致します。

 

まとめ

 

  1. 目を擦る事で肌の弾力を失い黒クマに発展する事がある
  2. タバコ1本でビタミンCを25-100mg失うので、ビタミンC摂取と喫煙量を抑えると良い
  3. 生活習慣が乱れると脳からコラーゲンを分泌する命令が上手くいかなくなる
  4. 睡眠、運動、食事、アルコール摂取量にも注意が必要
  5. 22時に寝るか遅くとも0時半に眠れると成長ホルモンが効率的に分泌されやすい
  6. 誤ったスキンケアで黒クマが悪化する事もあるので注意が必要