黒クマの簡単な消し方|メイクでスッキリ消えるって本当?

 

「メイクをいくら頑張っても黒クマが全然消えない」

「黒クマを薄くはできるけど、全然消えない」

 

今回はこのような方の為に
黒クマの正しい消し方についてお話し致します。

 

メイクの基本は色相

 

まず、前提としてメイクは補色でカバーするのが基本です。

 

 

上記画像を色相環って言うんですけど、
メイクで色を打ち消したければ、
反対部分に位置する色(補色)を使おうっていう事です。

 

例えば青いクマであれば、
反対に位置する黄色やオレンジでカバーすればいいんです。

 

あれ?!色相環に黒がない?

 

これがメイクでの基本となるんですけど、
黒クマの場合、
上記色相環のどこにも当てはまりませんよね?

 

これが原因で黒クマを消すのが大変だー無理だ―
思いこんでしまっている人も多いみたいです。

 

ただ、色の3原則として、
色相の他に明度、彩度があって、
黒クマは目の下の影が原因でできてしまっていますので、
明度(明るさ)を調整する事で
黒クマを消す事ができるのです。

 

色相、明度、彩度を整えて黒クマは対策する

 

ですので本当に「黒クマだけ」であれば、
コンシーラーとファンデーションで
明るさを調整し影ムラを消すだけで
改善する事ができます。

 

ですが、黒クマって
「肌コラーゲンの減少」が原因で起こる事もありますので、
「黒クマ+青クマ」の混合クマが
出てしまっている方も結構いるんです。

 

ですので、それぞれで対策が違いますので、
あなたに合ったクマの改善法で
カバーしてみて下さい。

 

黒クマの消し方~黒クマだけを消す場合~

 

黒クマはコラーゲンの減少や皮膚のたるみで
目の下が影になってしまっている状態です。

 

まずは化粧下地を塗ります。

 

 

目の下は皮膚が薄いので、
コンシーラーやファンデーションによる刺激を抑える為です。

 

そして黒クマの色がついてしまっている部分を
ピンポイントでパウダーコンシーラーを使って
カバーしていきます。

 

 

このコンシーラーは
影になってしまっている部分の
明るさを調整する為に塗りますので
肌よりも1トーン明るいコンシーラーを使うと良いです。

 

その上にご自身の肌色に合う
パウダーファンデーション
を塗ります。

 

 

このパウダーファンデーションで
コンシーラーによる色むらをボカして
肌を自然に見せます。

 

通常の黒クマであればこれで隠す事ができます。

 

あと、リキッドタイプのファンデーションを使うのであれば、
先にファンデーションを塗ってから
コンシーラーを塗っていくと良いです。

 

コンシーラー・ファンデーションの注意点

 

目の下の皮膚は肌の他の部分と比べても
かなり薄い部分ですので、
外部刺激を受けやすい部分になっています。

 

ですので、肌に優しいコンシーラーや
ファンデーションを選ぶこと

クマを悪化させない為に大事です。

 

具体的にコンシーラーもファンデーションも
パウダー型をお薦めします。

 

パウダー型であれば何でもいいというワケじゃないんですけど、
肌の保湿機能を破壊する
合成界面活性剤
や合成界面活性剤と似た効果を出す
植物エキス
リキッドタイプのメイクには例外なく配合されていますので、
使用を控えた方が良いんです。

 

 

他にも絶対に避けるべき成分としては

  • 合成ポリマー
  • 紫外線吸収剤
  • 防腐剤
  • シリコン
  • ナノ化成分
  • タール系色素

等も肌の新陳代謝を乱しますので、
これら不使用のメイクを選ぶと肌に良いのでお薦めです。

 

当サイトのお薦めファンデーションは
また後程紹介しますね。

 

黒クマの消し方~青クマとの混合クマの場合~

 

黒クマでお悩みのほとんどの方が
このタイプのクマかと思われます。

 

上記で改善できなかった方はコチラをお試しください。

 

まず一番最初にお話ししたように
メイクは補色でカバーするのが基本です。

 

 

黒+青の混合クマの補色も考えて、
黄色~オレンジ~赤~ピンクでカバーできると
血色良く見えますので、
これらの色でカバーしていきます。

 

先ほど同様まずは化粧下地を塗ります。

 

そしてオレンジ色のコンシーラーで
まずは青クマをカバーします。

 

 

オレンジで消えなければ、
青クマの色味によって黄色やピンクなど
コンシーラーの色味は調整して下さい。

 

あとは先ほどと同じです。

 

肌より1トーン明るい色味のコンシーラーで
黒クマ部分をカバーし、
ファンデーションでぼかしていって下さい。

 

当サイトお薦めのファンデーション・コンシーラーは?

 

黒は強い色なので、カバーが難しい色です。

 

ですが、

  • 明るみを与える
  • コンシーラーで一旦赤く塗り潰してからファンデーションする

等で隠す事はできますので、
是非試し、そして慣れていって下さい。

 

口紅をコンシーラー代わりに使う人も中にはいるようですが、
目の下は皮膚が薄く
刺激を受けやすい部分になっていますので、
上記配合成分にだけ注意して下さい。

 

それからリキッドタイプの方が
使い易いという方もいるかもしれませんが、
長期的に肌荒れを起こす成分が配合されていますので、
できればパウダータイプに慣れていくと良いと思います。

 

因みに私の一番のお薦めは
レイチェルワインのミネラルファンデーションです。

 

レイチェルワインで扱っているコンシーラー
肌に悪い成分が配合されていませんので、お薦めです。

 

レイチェルワインのミネラルファンデーションの詳細はコチラ

 

まとめ

 

  1. メイクは補色でカバーするのが基本
  2. 黒クマは色相だけでなく、明度と彩度も整える事でカバー可能
  3. 黒クマ+青クマの混合クマを持つ方も多く、消し方が違う為注意が必要
  4. 下地⇒明るめのコンシーラー⇒ファンデーションの順で塗ると通常の黒クマはカバー可能
  5. リキッドタイプは肌に悪いので基本的にパウダー系でカバーすると良い
  6. 下地⇒補色のコンシーラー⇒明るめのコンシーラー⇒ファンデで混合クマはカバーする
  7. ファンデーションもコンシーラーもレイチェルワインが成分的に最もお薦め