小顔になりたい!顔を小さくするマッサージ法と表情筋対策

 

「小顔になりたい!小顔になりたい!小顔になりたい!」

 

顔が大きく見える原因は

  • 骨格の歪み
  • 顔のむくみ
  • 顔に付いた脂肪

が考えられます。

 

小顔の一般的なサイズの基準はコチラで紹介

 

骨格の歪みは日常生活の姿勢の悪さとか
癖によって出てくるんです。

 

つまり放置しておくと、
悪い姿勢を居心地よく感じて、
悪循環に陥って、
更に顔のパーツの崩れが生じてしまうんです。

 

 

あと、顔の歪みやむくみも
放置すると顔の筋肉が衰えて
顔の毛穴が下を向き始めて、
最終的にブルドック顔になってしまう
んです。

 

 

ここまではなっていないとしても
これらの初期症状の
「骨格の歪み」「下向きにたるんだ毛穴」
を実感している方も
中にはいるんじゃないですか?

 

そこで今回は
「骨格の歪みの改善」と「顔のむくみ」を取る事での
小顔効果を伝えていきます。

 

骨格の歪み改善

 

 

上記のように頭の骨は
全15種類、22個でできています。

 

ですが、骨格に歪みがあると
下記のようになってしまいます。

 

 

画像で少しだけズラしたんですけど
思った以上に微妙な違いしか出ませんでした。笑

 

ただ、何となく骨格の歪みが原因で
顔が大きく見えてしまうという事が
お分かりになりましたでしょうか?

 

小顔にする頭蓋骨矯正法

 

骨格の歪みは骨の継ぎ目の部分で起こりますので、
圧力を思いっきり加えて、歪みを正常に戻していきます。

 

頭と顔の筋肉を緩めながら
骨を正しい位置に持っていきます。

 

イメージとしては「肩揉み」をするような感覚ですね。

 

肩揉みは固くなってしまった部分を柔らかくなるように
あの手この手で色んな方向にいろんな角度で揉みほぐしますよね?

 

それと同じように指先で力の加減を変えながら
「右回し」したり「左回し」したり
とにかく柔らかくなるイメージで頭の筋肉を揉みほぐすんです。

 

赤いラインで示した部分を特に行って頂けると効果的です。

 

 

毎日このマッサージを行って頂くと
骨格の歪みが取れてきて、
小顔効果に期待できます。

 

※勿論手は綺麗にしてから行ってください。

 

顔に付いた脂肪の対処法

 

人間の代謝には「基礎代謝」と「新陳代謝」
があります。

 

 

基礎代謝は呼吸をしたり、
臓器の働きを維持したりする為に消費されるカロリー
新陳代謝は実際の運動等によって消費されるカロリーです。

 

つまり摂取カロリーに対して
しっかり代謝しきれないと
体内に脂肪として蓄積されてしまうのです。

 

基本的に顔には脂肪が付きにくい部分と言われていますが、
顔の基礎代謝を上げておく事で、更に脂肪が付き辛くなり、
むくみ対策にもなります。

 

ですので、顔の筋肉である表情筋を鍛えると、
顔の代謝が上がって、
小顔効果にも期待できるようになります。

 

たるんでいたのが引き締まるのです。

 

鍛える事で小顔・アンチエイジングに効果的な表情筋は

  • 前頭筋
  • 眼輪筋
  • 頬筋・大頬骨筋
  • オトガイ筋・舌骨筋

上記4つを鍛える事で小顔効果に期待できます。

 

「表情筋なんか基本毎日使ってるし、私は大丈夫でしょ」
って思う方もいるかもしれませんが、
実は日本人は全表情筋の30%しか使っていないんです。

 

他の国の人だと大体表情筋の80%を使っている人もいますので、
多くの日本人の場合鍛える程効果は出るかと思われます。

 

あと多くの女優さんは小顔ですが、
映像での表現の幅を広げる為、
この表情筋トレーニングを日課にしている方もいます。

 

つまり軽視されがちですが、
表情筋UPで僅かですが、
確かな効果が期待できる
のです。

 

表情筋の鍛え方

 

表情筋は通常の筋トレと同じように
鍛えたい部位の筋肉の動きを意識する事
が大事です。

 

前頭筋の鍛え方

 

 

前頭筋とは眉を動かす筋力で額部分にある筋肉です。

 

実際のトレーニング方法としては簡単で
眉だけを上下させるだけです。

 

ただ、眉を上げ過ぎると
シワの原因になりますので、
上げ過ぎず鏡でシワになっていない事を
確認しながら行うと良いです。

 

眼輪筋の鍛え方

 

 

眼輪筋とは目の周りの筋肉で、
瞬きをする際に使われる筋肉です。

 

目の周りは代謝が悪くなると
クマの原因にもなりますので、
鍛えるとクマが薄くなりアンチエイジングにもなります。

 

眼輪筋の鍛え方①瞬き

  1. 10秒間思いっきり目を閉じます
  2. 10秒間目を思いっきり開きます

※この時に眉を動かしてはいけません。

 

 

最初の内は手で眉を押さえながらやるとできます。

 

これを5セット行ってください。

 

眼輪筋の鍛え方②目線

  1. 上下左右視野の限界を突破するぐらいに思いっきり見ます
  2. 目線で八の字を書くように思いっきり見回します

上記を5セット行うと良いです。

 

頬筋・大頬骨筋の鍛え方

 

大頬骨筋とは、
こめかみ周辺から口元に繋がっている筋肉の事で
口角をこめかみ側に持ち上げる筋肉の事です。

 

笑った時などによく使われる筋力です。

 

そして頬筋とは
頬を支える筋力です。

 

楽器などで息を強く吹き出す時に使われます。

 

この大頬骨筋と頬筋を鍛えるトレーニングとしては下記がお薦めです。

  1. 口を縦長に全力で開きます
  2. 口を横長に閉じ、頬を上げるように笑顔を作ります

 

 

上記の繰り返しを30回やってみて下さい。

 

この時頬筋や大頬骨筋を意識しながらやると効果的で、
目元などその他の筋力に力が入らないようにやる良いです。

 

オトガイ筋・舌骨筋の鍛え方

 

 

オトガイ筋とは唇下部からあご先までの筋力で、
口を動かす為の筋力です。

 

舌骨筋とは下あごの筋力で、
舌を動かす時や口を閉じる時に働く筋力です。

 

オトガイ筋と舌骨筋を鍛える事で
人によってはアゴ周りのシルエットが変わります。

 

オトガイ筋と舌骨筋の鍛え方としては
下記を行ってみて下さい。

  1. 舌を外に押し出すように思いっきり力を入れます
  2. 唇は舌に負けないようにしっかり閉じておきます
  3. その状態で舌を口の中で時計回りに20周、反時計回りに20周回します

 

舌は外側に突き破るように、
口元は舌に負けないようにしっかり閉じておくことが大事です。

 

顔の表情筋は以上4点を鍛えます。

 

通常の筋トレであれば、1週間に2回が理想とされていますが、
表情筋トレーニングに関しては
筋繊維がそこまで激しく破壊されるわけではありませんので、
毎日行うと効果的です。

 

ただ、肥満であまりに顔に脂肪が付いてしまっている場合は
これに加え、通常の「ダイエット」も必要です。

 

今回は論旨がズレてしまいますので、
ダイエットに関しては説明を省きます。

 

むくみ対策

 

むくみの原因は睡眠時に横になった関係で
重力により水分が頭の方に溜まってしまう事
です。

 

ですので、体温を上げて
無理矢理代謝を上げるのが一番手っ取り早いです。

 

ですので、朝風呂や蒸しタオルを顔にかけて頂き
体温を上げるだけでも
代謝が解消されだいぶ解消されるはずです。

 

また表情筋トレーニングを長期間続ければ、
むくみにくくもなるハズです。

 

まとめ

  1. 骨格の歪みは骨のつなぎ目の筋肉を和らげるようにマッサージすると良い
  2. 表情筋を鍛え、基礎代謝を上げる事がむくみ対策にもなる
  3. 日本人は表情筋の30%しか使えていない
  4. 表情筋は前頭筋、眼輪筋、頬筋・大頬骨筋、オトガイ筋・舌骨筋を鍛えると良い
  5. むくみは朝風呂や蒸しタオルを顔にかける事でもある程度解消できる