【理想的な小顔の比率】顔の小さい基準と小顔への見せ方とは

 

「写真を撮ると顔の大きさが目立ってしまう…」

「友達に顔デカいと言われた…」

 

写真を後で見返した時とかに
思った以上に顔が大きく見えて
恥ずかしくなる事ないですか?

 

私の場合は自分で気付いてSNSに上げずに
隠滅させてたのですが、
そもそもあなたの顔は本当に小顔じゃないんでしょうか?

 

服装や写真写りの悪さが原因じゃないですか?

 

簡単な小顔チェック①~横幅~

 

まず、よく言われている
「一般的な基準」を言いますと、
頭の横幅は
頭:肩幅=1:2
の比率が理想みたいです。

 

 

この比率以上頭が小さいと
肩幅が広く見えてしまい、
頭がこの比率以上に大きいと
顔が大きく見えてしまうようです。

 

あなたの比率に合わせて
「胸を張って肩幅を広く見せる癖」を付けたり、
服装等で横幅は理想的な比率に合わせる事ができます。

 

1:2の小顔比率より、顔が大きい場合

 

この場合、肩幅を広く見せられれば
小顔に見せる事ができます。

 

「胸を張って姿勢を良くする」
というのも1つの手ですが、
服装にストールやマフラーを取り入れて頂く事
小顔に見せる事もできます。

 

また、ストールには紫外線を遮断する効果もありますので、
首のアンチエイジングとしても有効です。

 

ストールのような布地には
もともと紫外線のUV-B波を
90%以上カットできる効果に期待されているんです。

 

特に生地はポリエステル、ビニロン、羊毛
紫外線カット率が高いので、
これら素材でできているストールを巻く事がお薦めです。

 

逆にシルク、ナイロン、レーヨン、麻などの素材は
紫外線透過率が高いとされていますので、
せっかくなのでポリエステル、ビニロン、羊毛の
ストールを選ぶと良いと思います。

 

紫外線カット率が高いポリエステル100%のストールはコチラ

 

夏用のストール

\送料無料/ふわりっ、と纏うだけ♪春夏のUV対策に♪<ストール 大判 レディース 春 夏 冷房対策 日焼け防止 首 誕生日プレゼント 女性 女友達>

 

冬用のストール

しっとりモフモフ2重巻きスヌード ベーシックカラー全4色<ネックウォーマー 防寒 レディース>

 

首は他の皮膚よりも薄くなっているにもかかわらず、
無防備で剥き出しになり易い箇所です。

 

その為首は「年齢が隠せない場所」
とも言われていますので、
ストールなどで
紫外線から守る対策を普段から行っておくと良いです。

 

また、小顔の「見せ方」ではなくて、
実際に「顔の幅を小さくする方法」
は次回詳しく説明いたします。

 

1:2の小顔比率より顔が小さく見える場合

 

男性であれば肩幅が広く、小顔に見えますので
これでいいかもしれませんが、
女性の場合はガタイが良く見えがちになります。

 

水泳などをやっていて
「肩幅を狭くしたい!!」
という方もいるかとは思いますが、
筋力が既に付いてしまっていますので、
実際に肩幅を改善するのは難しいです。

 

気休め程度の「リンパ流し」等もありますが、
恐らく期待するほど大きな効果は得られないでしょう。

 

そこで、割り切って
服装、髪型、小物等でカバーします。

 

今回は「小顔」がテーマなので、
細かい説明は省きますが、
これらで肩の存在感を薄くし
肩の位置を目立たせないようにするのが
手っ取り早いです。

 

簡単な小顔チェック②~縦幅~

 

次に顔の縦幅です。

 

 

日本人の平均は6.75頭身と言われていて、
7頭身以上が小顔に見えるようです。

 

※あくまで一般論です。

 

7頭身とは「頭の大きさ:全身=1:7の状態」の事を言います。

 

あなたの頭のサイズは基準を満たしているか、
下記を参考にしてみて下さい。

 

 

7頭身以上であれば小顔で
6.75頭身以下であれば、
やはり大顔という事になります。

 

「意外と小顔だった!」
「やっぱり大顔だった…」
という方もいるかと思われます。

 

大顔に見えてしまう原因は大きく3つあります。

 

  • 骨格の歪み
  • 顔のむくみ
  • 顔に付いた脂肪

 

上記3点の具体的原因と
顔を小さくする為にできる事、
改善策などは
次回お伝え致します。

 

小顔になる為にできること

 

まとめ

  1. 頭:肩幅=1:2の割合が理想の小顔
  2. ストール等の小物で顔を小さく見せる事も可能
  3. ストールは「ポリエステル」「ビニロン」「羊毛」の紫外線カット率が高い
  4. 7頭身以上が小顔の基準
  5. 「骨格の歪み」「顔のむくみ」「顔に付いた脂肪」が大顔の原因の可能性がある