コエンザイムQ10肌への効能|アンチエイジングに効果的?

 

「コエンザイムQ10って具体的に肌にどんな効能があるの?」

「コエンザイムQ10で何が改善するの?」

 

 

「コエンザイムQ10」って
一昔前に爆発的に流行ったアレです。

 

その話題力が凄すぎて、
逆に最近ではあまり耳にする機会が減ってしまいましたが、
肌のアンチエイジングに
効果的な成分
であることには
変わりはありません。

 

ただ「コエンザイムQ10」という名前は知っていても
具体的にどのような効果・効能に
期待できる成分かを知らない方も
中にはいるのではないでしょうか?

 

そこで今回はコエンザイムQ10の
肌に対する効果・効能
それからコエンザイムQ10のサプリの選び方
お伝え致します。

 

コエンザイムQ10には強力な抗酸化効果がある

 

 

コエンザイムQ10には
体内の酸化に抗う力があります。

 

肌の酸化とは、
鉄くぎの酸化と全く同じです。

 

 

鉄くぎは酸化すると変色して、
錆び付きますよね?

 

実は体内でも紫外線やストレス、
通常時の呼吸などによって
「活性酸素」という
肌を酸化させる強力な物質を発します。

 

この活性酸素が発せられると
肌内部のコラーゲンや血管が
酸化して錆び付いてしまうんです。

 

ですので、この肌の錆び付きによって、
シミやシワ、
血行不良による肌荒れやくすみ、クマなどの原因

なってしまうんです。

 

 

そこで、強力な抗酸化成分である
コエンザイムQ10を摂取すると、
この酸化を抑制・改善する効果に期待できるんです。

 

ですので、コエンザイムQ10を摂取する事で

  • 血行促進による肌の新陳代謝のUP
  • 固くなってしまった肌の改善

等の効果に期待できます。

 

具体的に

  • 肌の透明感、ハリ、弾力UP
  • ニキビ、肌荒れ、くすみ、クマの改善
  • シミ、シワの改善
  • 抜け毛や白髪の改善…

とアンチエイジングに嬉しい効果に
期待できるのです。

 

コエンザイムQ10を摂取する前に

 

 

「んじゃあ、コエンザイムQ10さえ摂取すれば、
肌のアンチエイジング対策にはバッチリなんだ!」

と思うかもしれませんが、
勿論そういう事ではありません。

 

人間はあらゆる栄養素で構成されていますので、
コエンザイムQ10を取るより前に
バランスの良い食生活ができているかというのが
重要になります。

 

バランスの良い食生活の摂り方の詳細はコチラ

 

ですので、まず

  • バランスの良い食生活
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取

によって体の各機能が健康的に動く状態にする事が
コエンザイムQ10の摂取よりも
優先度としては上です。

 

 

これらを意識できてから
コエンザイムQ10のサプリの摂取を
検討すると良いと思います。

 

お薦めのマルチビタミン&ミネラルのサプリはコチラ

 

コエンザイムQ10のサプリの選び方

 

 

コエンザイムQ10のサプリの選び方としては
そこまで難しくありません。

 

  • サプリにコエンザイムQ10の配合量は適切か
  • 不純物を含まない製法をしているか
  • 無添加か
  • サプリの量が2か月以内に飲み終えられる量か

 

この3点を肌に効果的なコエンザイムQ10を選ぶ基準として
お持ち頂ければ良いと思います。

 

詳しくお伝えします。

 

サプリにコエンザイムQ10の配合量は適切か

 

 

厚生労働省の調査より
コエンザイムQ10の必要摂取量は
1日30~300mgとだいぶバラつきがあります。

 

厚生労働省ホームページはコチラ

 

これは個人差がある事も示していて、
30mgの摂取で効果が出る人と
300mg摂取しないと効果を実感できない人がいる事を
示しています。

 

 

「じゃあ、1日300mg摂取すれば間違いないよね?」
って思うかもしれませんが、
過剰摂取は腹痛の原因となりますので、
最初の内は30-60mg前後から摂取していき、
様子を見て量を調整頂くのが良いと思います。

 

ですので、コエンザイムQ10のサプリは
1錠あたり30-60mg前後配合されている物を
選ぶと良いと思います。

 

不純物を含まない製法をしているか

 

 

サプリを作っている工場の管理体制として
「GMP認定されているか」というのを
基準にして下さい。

 

GMPに認定されているとは
医薬品に準ずるレベルの品質管理が為されている事を示していて、
上位300社の工場しか認定されていないんです。

 

このGMP認定がされていないと
コエンザイムQ10に似た成分の
「異性体」という不純物の除去が不十分で
逆に肌老化を促進してしまう事もあるんです。

 

ですので、確実に安全な
GMP認定されているか
というのを基準に選んで頂ければと思います。

 

 

GMP認定されている場合は
上記マークが記載されているはずですので
チェックしてみて下さい。

 

無添加か

 

 

添加物が含まれると
本来コエンザイムQ10で除去したい
「活性酸素」発生の原因
なってしまします。

 

無添加のコエンザイムQ10のサプリを選びましょう

 

サプリの量が2か月以内に飲み終えられる量か

 

 

これが意外に重要で、
2か月で飲み終えられない量を購入してしまうと、
サプリ自身が空気と混ざり合って酸化してしまうんです。

 

サプリが酸化してしまうと
せっかくの抗酸化成分の力も半減してしまいますので、
2か月以内に消費できる量か
というのも基準にしてみて下さい。

 

インターフェニックスのコエンザイムQ10プラスがお薦め

 

 

インターフェニックスの
コエンザイムQ10プラスだと
上記条件に全て合致しますのでお薦めです。

 

サトウキビ由来のコエンザイムQ10と
大根由来のビタミンC、
それから植物由来のカプセルでできていて、
人口の添加物が一切入っておりませんので、
普段に近い食事感覚で摂取する事が可能です。

 

コエンザイムQ10自体も1錠50mg配合ですので、
1日何カプセル摂取するかで、
量を調節する事が可能です。

 

(一応メーカーとしては1日2カプセルが推奨量らしいです。)

 

あとはGMPで無添加なので、
言う事なしです。

 

用法・用量をお守り頂ければ、
高いアンチエイジング効果に期待できるサプリ
ですので、
お薦めです。

 

ただ、繰り返しになりますが、

  • バランスの取れた食事
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取

ができている事が前提ですので、
これを機に是非普段の食生活も見直してみて下さい。

 

インターフェニックスのコエンザイムQ10の詳細はコチラから

 

コエンザイムQ10 CoQ10 植物由来サプリメント 無添加 50mg入75植物性粒【サプリメント/植物性/コエンザイムQ10/COQ10/補酵素/発酵コエンザイム/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】

 

まとめ

 

  1. コエンザイムQ10は強力な抗酸化効果に期待できる
  2. コエンザイムQ10の摂取以上にビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取の方が大事
  3. コエンザイムQ10はGMP認定を受けている物を選ぶと安全
  4. コエンザイムQ10のサプリとしては無添加で、2か月以内に飲み終えられる量が良い
  5. インターフェニックスのコエンザイムQ10プラスがお薦め