禁酒は肌のアンチエイジングに必要?断酒か?適量か?

 

「肌がボロボロなんだけど、禁酒したら肌はキレイになるの?」

 

 

よく「お酒の過剰摂取は良く無いけど、
適量であれば美容に効果的」

なんてこと言われますよね。

 

 

確かにお酒は適量であれば、
血行も良くなりますので、
肌に悪い事はありません。

 

ですが適量の範疇を超えると
肌のシミ・シワ、くすみ、
ハリの低下、ニキビ・肌荒れ等を
引き起こします。

 

「お酒が飲み始めた頃より強くなった!」
という人いませんか?

 

実はこの自覚症状がある方は、
お酒によって肌老化を引き起こしている可能性があります。

 

どういう事かというのを説明いたします。

 

お酒の分解は2段階ある

 

 

お酒は摂取した後、腸で吸収されて、
肝臓に運ばれます。

 

その肝臓で何時間も時間をかけながら
アルコールを無毒化させます。

 

 

高校で化学を習っていた方は
上記画像の一連の流れに
見覚えがある方もいるのではないでしょうか?

 

まず、アルコール過剰摂取の場合、
肝臓でアルコールを完全に無毒化できずに、
アセトアルデヒドが体内をめぐります。

 

そして体内の細胞に作用して
活性酸素という肌を酸化させる
強力な成分を発生させるのです。

 

 

この活性酸素によって血管が酸化して、
血行不良が起こります。

 

あと、この酸化力によって
ビタミンCが失活して、
肌の弾力を司るコラーゲンを
生成できなくなってしまうんです。

 

すると肌のハリも無くなりますし、
肌の新陳代謝(ターンオーバー)も乱れます。

 

これによって、シワが起こり、
肌の新陳代謝の乱れで
肌の生まれ変わりが上手くいかず、
ニキビなどの肌荒れやシミの原因となるんです。

 

 

ですので、アルコールの過剰摂取は
肌老化に直結しますので、
極力避けた方が良いんです。

 

「自分のお酒のキャパシティを把握して飲んでるから大丈夫」
という方もいるかもしれません。

 

先程の質問に戻りますが、
途中からお酒が強くなった人は、
「もともと備わっているアルコールの分解酵素だけじゃ足りない」
体が判断して、
CYP2E1と呼ばれる分解酵素の力を借りて
アルコールを分解しています。

 

 

「分解酵素が増えるならいいじゃん」
と思うかもしれませんが、
このCYP2E1が働くと上記と同じ
肌老化させる成分「活性酸素」も
同時に発生させるんです。

 

ですので、お酒が後天的に強くなった人も
既に肌老化が起きていますので
注意が必要なんです。

 

そして、このCYP2E1を減らすには
禁酒が効果的なんです。

 

肌老化酵素CYP2E1を減らす為に必要な禁酒期間は?

 

 

この期間こそ、個人差があります。

 

まずは禁酒が難しい方は肝休止期間を設けましょう。

 

休止期間は1か月や1週間でも結構ですし、
まずは2,3日でも構いません。

 

休止期間を設ける事で
CYP2E1の量は確実に減らせますので、
無理のない程度に休止期間を設け、
徐々に肝休止間隔を開けていくと良いです。

 

「お酒に弱くなった…」
と嘆く人もいますが、
肌にとっては弱くていいんです。

 

強くなる方がヤバいんです。

 

因みに毎日少量ずつ飲むよりは、
適量を飲んで、肝休止を設ける方が
CYP2E1の量を抑えられるようです。

 

飲酒で他にどんなデメリットがあるの?

 

 

  • 利尿作用による水分不足
  • 睡眠の質の悪化
  • 肌の糖化

 

CYP2E1に加えて、
この3つが代表的な肌のデメリットです。

 

利尿作用による水分不足

 

 

私たちの体には抗利尿ホルモンと呼ばれる
尿意を抑えるホルモンがあります。

 

ですが、アルコールにはこの抗利尿ホルモンを
抑制する効果があります。

 

これがアルコールによる利尿作用なんですけど、
そもそも抗利尿ホルモンには
体内の水分を一定に保つ為に
必要以上に尿を出さないようにする働き
があります。

 

このホルモンが抑圧されてしまっていますので、
体から必要以上に水分が出ていってしまうんです。

 

 

それから、例えばビールの場合であれば、
ある調査では1リットルビールを摂取した場合、
1.1リットルを尿として排出してしまう

という結果も出ているようです。

 

キリン公式ホームページ参照

 

 

これをご覧になって頂ければ、
アルコールの利尿作用の凄さが
お分かりになるかと思います。

 

そして、体内の水分が減ると、
まずは毛細血管の末端である
肌から乾燥が始まります。

 

 

乾燥肌によって
肌の外部からの刺激を守る働きが
低下してしまいますので、
紫外線の影響などをダイレクトに受け、
シミ・シワ、肌荒れ等の原因
になります。

 

ですので、水分補給の意味でも
お酒の場ではチェイサーを用意すると良いです。

 

 

お酒の種類にもよりますが、
お酒:チェイサー=1:1
ぐらいを目安にすると良いと思います。

 

睡眠の質の悪化

 

 

飲酒をすると体温が上がりますので、
眠りには入り易くなりますが、
交感神経が優位になって脳が興奮状態になります。

 

睡眠の質は入眠後の90分で決まります。

 

 

この最初の90分が浅いと
疲れも取れませんし、
入眠後に分泌される成長ホルモンが
抑制されます。

 

すると肌の生まれ変わりであるターンオーバーも乱れ、
肌荒れに繋がってしまうんです。

 

深酒後の睡眠であまり疲れが取れないのは
この睡眠の質の低下が原因だったわけです。

 

夜遅い時間帯はアルコールを摂らない、
もしくは量を抑える
等をすると良いと思います。

 

肌の糖化

 

 

お酒にはそれぞれ糖分が含まれます。

 

例えば500mlのビールには
角砂糖5個分の砂糖
が含まれます。

 

結構な量ですよね?笑

 

ビール瓶(中瓶)2本飲む方だと角砂糖10個分、
3本飲む方だと15個分の糖分を摂取しているんです。

 

更に甘いカクテルや日本酒とかだと
ビール以上に糖分が含まれます。

 

これが肌にいいわけがないですよね?

 

肌は糖化するとパンケーキを焼いた時のように、
黄ぐすみが起こって
肌の透明感やハリを奪います。

 

 

あと肌奥で肌の細胞を破壊しますので、
肌荒れやシミ、シワの原因
になります。

 

ですので、どうしてもお酒を飲む時は
ビールや甘いカクテルよりは、
焼酎や甘くないカクテル、赤ワインなどを
選ぶようにするといいと思います。

 

 

特に赤ワインには
肌の活性酸素の発生を防ぐ
ポリフェノールが含まれていますので、
グラス1杯程度ならお薦めです。

 

ただ、たくさん飲んでしまうと、
先程言ったように肝臓でアルコールを分解できず、
活性酸素が発生してしまいますので、
適量の意識が大事
です。

 

肝休止期間を設ける

 

 

まず、毎日飲酒している方は
肝休止期間を設けるといいです。

 

「1日でも多くの肝休止」というのを意識して
無理のない所から始めていくと良いでしょう。

 

アルコールは適量であれば
肌にいいと言われています。

 

ですので、肌の為には
禁酒の必要はありませんので、
肝休止期間を設けつつ、
適量を守ると良いと思います。

 

 

お薦めは赤ワイン1杯を
チェイサーと一緒にゆっくり飲むのが理想
です。

 

これであればむしろ肌に良いです。

 

因みに、私のお酒事情は…?

 

因みに、私は禁酒しています。

 

ただ、これは特に強い理由があるわけではありません。笑

 

強いて言うなら、
肌以外の事ではあるんですけど、
飲酒によって
たとえ少量でも脳を収縮させるからです。

 

まだまだ勉強中の身で、
夜も有効活用したいので、
なんとなく完全禁酒をしているって感じです。

 

別にお酒が嫌いなわけじゃないです。笑

 

もともと大学は飲みサーでしたし、
留学していた頃も
「飲むのが勉強」って意識で
毎日のようにお酒を飲んで騒いでいました。

 

みんなでワイワイするのが好きなんです。笑

 

ですが「飲む事」って
今の自分にとっては
結構な時間の浪費だなぁって思ったんです。

 

ですので
別に強い意志があるわけではないんですけど、
今は何となく禁酒しています。

 

ただ、おかげで夜まで勉強できたり、
仕事ができたりしていて、
今のところ仕事や勉強の方が楽しいので
継続しています。

 

お酒も楽しいですけど、
飲む事で人生を揺り動かす程の出来事が
起こるわけではないです。

 

ですので、漠然と20代の今は禁酒して、
飲酒は40,50代の楽しみにでも取っておこうかなぁって
思っています。

 

(本当に飲まざるをいけない状況になったらどうするか分かりませんが…笑)

 

んで、ワインセラーから
高級の赤ワインを取り出して、
ソファに座って嗜みながら
バニラアイスを食べるのが夢です!笑

 

…なんか話がズレてしまいましたが、
適量のお酒をほどほどに楽しむのが
肌にも健康にも良い
と思います。

 

仕事や恋愛に繋げる為に居酒屋へ行く
という人もいると思います。

 

効率的にするのであれば、
飲みに行く時間が
上記のような「投資」になると思えば、
飲みに行けばいいと思いますし、
「浪費」になると思えば、
飲みに行かないのが良いと思います。

 

投資とは、
かけた時間やお金以上の価値を得られる
時間やお金の使い方の事
です。

 

浪費とは、
かけた時間やお金以下の価値しか得られない
無駄遣い
です。

 

例えば愚痴の言い合いは
ストレス解消にはなるかもしれませんが、
ただの時間の浪費です。

 

お酒を飲み過ぎてしまう人は
このような浪費になりそうな飲酒から
断捨離していく
といいと思います。

 

まとめ

 

  1. アルコールの過剰摂取の場合、肝臓で無毒化しきれず、体内を巡って肌老化を起こす
  2. 「お酒に強くなった」という人は肌老化を促進する酵素を分泌している可能性がある
  3. 肌老化酵素CYP2E1を減らすには肝休止期間を設けると良い
  4. アルコールの利尿作用によって体内から乾燥するので、チェイサーを一緒に摂ると良い
  5. 飲酒によって脳が活性化し、睡眠の質が低下する為、遅い時間帯の飲酒は避けた方が良い
  6. ビール中瓶(500ml)には角砂糖5個分の糖分が含まれる
  7. 糖質の過剰摂取によって、黄ぐすみやハリの低下を引き起こす