活性酸素が老化の原因って本当?サクッと改善・対策するには

 

「活性酸素の除去が老化対策になるって本当なの?」

「活性酸素が老化の原因だとしたら、除去するにはどうすればいいの?」

 

 

今回は活性酸素に関してこれら疑問にお答えいたします。

 

活性酸素が全ての老化の原因?

 

「いや、そもそも活性酸素って何?」
っていう方も多いと思いますので、まず簡単に説明しますと
活性酸素とは肌を酸化させる物質です。

 

この酸化は
「切って暫く経った後のリンゴが黒くなる現象」
全く同じです。

 

 

この黒く錆び付く現象があなたの肌でも起こっていて、
その原因が活性酸素なんです。

 

肌の皮脂が酸化すると過酸化脂質という物質になって、
ニキビに発展するケースもありますし、
もっと肌奥では、肌のコラーゲンを錆び付かせることで、
ハリや弾力が無くなる事もあります。

 

 

活性酸素で攻撃された肌は変性して
一生元に戻らない事もあるんです。

 

 

この肌の変性によってシワになる事もありますし、
新陳代謝などの機能が乱れて
シミに発展してしまうケースもあるんです。

 

 

更にそれだけでなく、髪の毛に関して言えば、
活性酸素によって酵素カタラーゼが
活性酸素除去の為に消費されて、
髪の毛を黒くする為に働く酵素チロシナーゼを
酸化から守れなくなってしまう事で、
白髪の原因になる事もあります。

 

 

もう1つ挙げると活性酸素で
血管自体も酸化させますので、
血管が固くなって血行不良を引き起こします。

 

 

血行不良が起こると
いくらいい栄養素を摂取しても、
血管の末端である肌にまで栄養素が行き渡らなくなりますので、
肌荒れやくすみの原因になります。

 

 

「もう、全部じゃん」
と思われるかもしれませんが、本当に
「老化=活性酸素」
と言っても過言ではないぐらいに、
人間の老化に影響を及ぼす恐ろしい物質なのです。

 

ただ、裏を返せばこの活性酸素を徹底的に対策する事で、
かなりのアンチエイジング効果にも期待できますんで
是非できる事から改善させてみて下さい。

 

活性酸素の正体は強力な酸化力を持つ物質

 

 

活性酸素は
実際に呼吸をするだけでも発生する物質で
取り込んだ酸素の約2%が活性酸素になると言われています。

 

人間の体内は勿論、全ての物質は
原子や分子によって構成されています。

 

酸素を体内に取り込み、
色々なエネルギーに変換する上で、
この体内の原子や分子が電子を失って、
不安定な状態になってしまうんです。

 

これがスーパーオキシドラジカルという活性酸素になるんですけど、
この活性酸素は反応性が強くて
人間の細胞や遺伝子までも酸化させてしまうんです。

 

 

このように他にも何種類も活性酸素は存在するんですけど、
要は呼吸ですら活性酸素を発してしまいますので、
誰もが避けられない老化物質なんです。

 

ただ、同じ年齢でも
老けて見える人と若く見える人がいるように、
活性酸素の分泌量を抑える事自体は可能です。

 

それから人間にはもともと
活性酸素を除去する為の酵素(SODやカタラーゼ)が
備わっているんです。

 

ですので、

  • そもそもの活性酸素の分泌を抑える事
  • 活性酸素を除去する酵素を増やす事

の2点によって活性酸素による老化対策をする事自体は可能なんです。

 

というのも呼吸以外にも
活性酸素の分泌を促進してしまう原因がいくつかあるので、
それら原因を抑える事で老化対策が可能なのです。

 

活性酸素の原因①急な運動

 

 

「毎日の日課でジョギングをしています」
このようなケースの場合であれば、
血行促進に繋がりますので、
アンチエイジングにもなります。

 

 

通常運動すると筋肉や内臓を働かせるために
大量の酸素が必要になるので、
それに伴って活性酸素も大量に分泌させてしまうんですけど、
毎日の日課であれば、活性酸素を除去する酵素が
しっかり分泌されます
ので、
活性酸素が発生する心配はないんです。

 

ただ、
「遅刻しそうだから駅から会社まで猛ダッシュした」
というようなケースの場合
急に過度に負担のかかった運動をしてしまいますので、
活性酸素を発生させます。

 

 

急な為習慣になっていませんので、
活性酸素を分解する酵素も勿論分泌されませんので、
老化が進んでしまうんです。

 

ですので、このような急な運動は避けましょう。

 

活性酸素の原因②ストレス

 

 

ストレスも活性酸素を発生させます。

 

ですのでストレスは溜めこまないように
1日の内にリラックスする時間
数回入れて頂くと
上手く発散する事ができて効果的です。

 

 

つまり、「1日中仕事モード」の戦闘態勢だと
無意識の内にストレスを抱えてしまいますので、
「家にいるぐらいに油断しきったリラックスモード」
になる瞬間を1日に数回入れて頂くと
ストレスを抱え込まずに上手く発散できます。

 

具体的に「湯船に浸かる」とか
「10分間ひたすらボーッと妄想する」とかを
1日の内に取り入れると良いと思います。

 

 

あとは生活習慣が乱れるとストレスも溜まり易いので、
下記で改善してみて下さい。

 

忙しい中でも睡眠不足を解消するには?

 

活性酸素の原因③大気汚染やハウスダスト

 

 

大気汚染やハウスダストも肌へのストレスとなります。

 

外の場合どうする事も出来ないかもしれませんが、
部屋にいる時等は換気をして
クリーンな部屋にするよう心がけてみて下さい。

 

活性酸素の原因④紫外線

 

 

紫外線が照射されると肌の内部で活性酸素が発生します。

 

この活性酸素が体内のコラーゲンを攻撃すると
シワに発展します。

 

 

あと、紫外線照射によって肌の機能が狂うと
肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れて
シミの原因にもなります。

 

 

ですので、紫外線対策もしっかり行うようにして下さい。

 

紫外線を日焼け止めを使わないで対策するには?

 

活性酸素の原因⑤食品添加物、酸化された油、喫煙

 

あとは、食品添加物、酸化された油、喫煙
活性酸素発生の原因となりますんで、
避けるように意識して頂けると良いと思います。

 

食品添加物はコンビニ弁当や
質の悪いサプリメント等
に含まれている事が多いので、
注意して下さい。

 

 

あとは古い油で揚げた物を口に入れると
活性酸素発生の原因になる事もあります。

 

 

可能な限り揚げ物自体も避けた方が良いかもしれません。

 

あとはタバコも活性酸素を発生させますので、
コチラも適量を心掛けて下さい。

 

 

活性酸素を除去する酵素を増やすには

 

活性酸素の除去にはビタミンA,C,Eやポリフェノール、
コエンザイムQ10等

抗酸化物質を体内に取り込む事が大切です。

 

これらを摂取するなら
色の濃い緑黄色野菜やレバー、
赤ワイン等
がお薦めです。

 

活性酸素を抑えたバランスの良い食事を摂るなら

 

また、化粧品で言うとフラーレン配合の化粧品
即効性があるかもしれません。

 

 

フラーレンはなんと
ビタミンC誘導体の100倍以上の抗酸化力
持っていますので、
肌の浅い部分に存在する活性酸素であれば
除去できるからです。

 

即効性を求めるのであれば、
フラーレン配合の化粧品を取り入れてもいいと思います。

 

無添加フラーレン配合化粧水の詳細はコチラ

 

活性酸素を抑えれば老化対策は可能

 

このように

  • 活性酸素の分泌
  • 抗酸化成分の摂取

の2点で見た目年齢の
アンチエイジングが可能になります。

 

「若い内からできるアンチエイジング対策は何かないの?」
という人も多いようですので、良ければ
この活性酸素対策から始めてみると効果的かもしれません。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

まとめ

 

  1. 活性酸素とは強力な酸化剤で、シミ・シワ・ニキビ・血行不良・白髪等の原因になる
  2. 活性酸素の分泌を抑えるには「急な運動」「ストレス」「紫外線」等の対策が必要
  3. 抗酸化食品摂取する事で活性酸素分泌を抑えられるので、老化対策になる
  4. 抗酸化成分にはビタミンA,C,E、ポリフェノール、コエンザイムQ10等がある
  5. フラーレン配合の化粧品を取り入れると肌上の活性酸素を除去できる