20代後半~30代の乾燥肌改善スキンケアと体質改善法4選

 

肌のトラブルとして

  • 乾燥
  • ニキビ
  • シミ
  • シワ・たるみ
  • クマ
  • くすみ
  • 赤み

の7つが代表的です。

 

今回はその中でも肌の乾燥に焦点を当てて

  • 肌の乾燥が原因で起こり得る様々な肌トラブルとは?!
  • 数百円でできる?!どんな美容液よりも効果的な保湿方法とは…?
  • 湿度〇%が理想?スキンケアとの相乗効果で効果抜群な乾燥肌改善法とは?

に関して紹介いたします。

 

乾燥肌の特徴3選

 

 

まず人は年を取る程乾燥肌になります。

 

女性ホルモン分泌量の低下が起こるのが
20代後半~30代ですので、
20代後半ぐらいからホルモンが乱れ、
急に肌の乾燥が気になる方も増えるようです。

 

 

恐らく社会人として忙しくしている時期ですので、
生活習慣の乱れが原因の1つではないかとも考えられます。

 

また乾燥肌の方の特徴としては

  • 運動習慣・汗をかく習慣が少ない
  • 洗顔後肌が突っ張る
  • 保湿をしたのに少し時間が経つと肌が突っ張った感じがする

等があります。

 

ですので、エアコンの効いた室内で仕事をすることが多い人は
要注意かもしれません。

 

肌が乾燥すると何でいけないの?

 

一言で言うと
シミ・シワ・肌荒れの原因になるからです。

 

本来肌はウイルス等の外部刺激から身を守るために
水分と油分の層が何層にもなって
肌奥を保護しています。

 

 

つまり乾燥状態というのは
その肌奥を保護している水分と油分の層が手薄になっている状態
って事です。

 

すると外部刺激に敏感に反応するようになってしまい、
肌が荒れやすくなる敏感肌になってしまうんです。

 

 

しかも紫外線の影響もより強く受け易くなるので、
シワ・シミの原因にもなります。

 

肌が老化する原因になりますので
肌の乾燥状態というのは
極力避けた方が良いのです。

 

数百円でできる効果抜群の保湿方法とは?

 

そこで、保湿対策をしようという所になるのですが、
お薦めはセラミド配合の美容液
もしくは白色ワセリンを使う事です。

 

てか、保湿は基本的に洗顔後油分を補えば十分です。

 

よく誤った保湿方法とかだと
化粧水だけを使う方がいます。

 

ただ、化粧水の8~9割が水でできているので、
数分で蒸発してしまうんです。

 

これは乾いた唇を舌で湿らせるのと同じで
その場しのぎに過ぎません。

 

そこで油分100%のワセリンを使うんです。

 

 

当たり前ですが
使ってみるとよりハッキリ分かります。

 

蒸発しません。

 

ワセリンは水ではなく油ですので、
肌に留まり続けるんです。

 

つまり肌の水分を蒸発させない
保湿機能の補助をしてくれるんです。

 

どういう事かというと、
肌から分泌した皮脂が乾燥肌の方だと
皮膚のバリア機能が手薄なので
すぐに蒸発してしまうんですけど、
ワセリンで保湿をすることで
皮脂の蒸発も防げるんです。

 

スキンケアで不足しがちな油分を与え、
肌から分泌した皮脂の蒸発も抑える。

 

これが本当の保湿です。

 

肌が乾燥しがちだという方は
是非試してみて下さい。

 

ただ、白色ワセリンのデメリットとして
ベタベタして使用感が悪い
というのがあります。

 

もし白色ワセリンのベタベタ感が気に入らないという方は、
セラミド配合の美容液
ウルウモイスチャーミルク
がお薦め
です。

 

 

コチラも肌に悪い成分一切無添加で、
セラミドは肌にもともと存在する油分なので、
保湿に最適なんです。

 

スキンケア以外にすべき乾燥肌対策は?

 

 

上記スキンケアの見直しが最優先ではあるんですけど、
まだ気になるという方は
部屋の湿度を意識してみると良いかもしれません。

 

湿度60-70%が肌にとって理想とされている状態なんですけど、
季節関わらず雨天以外の殆どの日が60%に達していません。

 

ですので、加湿器などを使って
湿度を調整すると良いかもしれません。

 

肌に良い加湿器の選び方はコチラを参照

 

そもそもの皮脂分泌が少ない場合は?

 

殆どありませんが、
上記でも改善できない場合は
皮脂分泌量を上げる必要があります。

 

皮脂分泌の乱れの原因としては
不安定な生活習慣が考えられます。

 

睡眠・運動・食事を見直してみて下さい。

 

質の良い睡眠を実現させるなら

アンチエイジングに効果的な運動習慣を付けるなら

バランスの良い食事を摂るなら

 

そもそもの皮脂分泌量が少ない場合は、
カプサイシンの入った辛い食べ物を摂ったり、
マグネシウム配合の入浴剤を入れて
お風呂に入ったりするのも良いかもしれません。

 

それから女性ホルモンエストロゲンにも
水分保持やコラーゲン分泌の効果に期待できますので、
女性ホルモンの分泌を意識するのも手です。

 

女性ホルモンの分泌量を上げる方法はコチラで解説

 

色々言ってしまいましたが
スキンケアを変えるだけでもだいぶ変わりますので
まずは普段の保湿から意識してみて下さい。