グッスリ快眠を実現?掛け布団の選び方!ダウンパワーが鍵?

 

 

今回は

  • >質の高い睡眠を実現させる掛け布団の選び方
  • 快眠を実現する当サイトで最もお薦めな掛け布団

の2点をご紹介致します。

 

寝具にこだわるのであれば、
この掛布団が最も値段が張りますので、
優先順位としては
枕>敷布団>掛け布団
とお考え頂ければと思います。

 

枕、敷布団に関しては下記を参照ください。

 

オーダーメイド級の枕をバスタオルで作る方法

数十万円クラスの新品マットレスを「レンタル」で安く使う方法

 

今回は掛け布団の選び方をお伝えいたします。

 

掛け布団選びの3つの基準

 

 

掛け布団選びの基準としては

  • 深部体温を適温に保てるか
  • 雑菌を繁殖させる素材じゃないか
  • 寝返りの負担にならない重さか

という3点が大事です。

 

この3点を満たすのが
昔からずっと言い古されていますが羽毛布団です。

 

羊毛やシルクだと雑菌が繁殖し易く、
ポリエステルだと保温性に欠けるんです。

 

保温性の指標「ダウンパワー」とは?

 

僕たちが掛け布団を使う理由としては
睡眠時に下がりがちな深部体温を保つためです。

 

 

そこで
「羽毛であれば保温性は大丈夫」
とお考えの人もいるかもしれませんが、
一歩踏み込んで「ダウンパワー」という指標も見てみて下さい。

 

ダウンパワーとは
素材1gあたりの体積を数値化したものです。

 

つまりダウンパワーが高い程、
軽い素材で高い保温性を実現させる事ができる
のです。

 

ダウンパワーの基準としては
410dp以上が高級、430dp以上が最高級とされていますので、
430dp以上の羽毛布団を選べばまず間違いないです。

 

掛け布団はとにかく軽い物を!

 

 

それから寝返りが打てるよう、
掛け布団は重すぎない物を選ぶ必要があります。

 

僕たちは通常寝ている時は14~34回の寝返りを打ち、
血行を上手く循環させています。

 

つまり、寝返りが打てないと、
筋肉が余計に働き、血行も悪くなり、
睡眠が浅く、睡眠の質も悪くなってしまうんです。

 

ですので、掛け布団は軽ければ軽いほど良いんです。

 

そう言った意味で、
金額は高いですが、
羽毛布団がお薦めです。

 

最近話題のシンサレートってどうなの?

 

最近ではシンサレートという
羽毛と同等レベルの保温性を実現させた安価の布団もあります。

 

ですが、熱を外に逃がす放温性が
シンサレートにはない
のです。

 

 

「体温を適切に保つ」
というのが大事になりますので、
保温性だけじゃだめだというわけです。

 

ですので、多少値段が張りますが、
睡眠の質を考えると
羽毛布団を当サイトでは推奨いたします。

 

当サイトお薦めの掛け布団は?

 

お薦めはイノベーションライフの最高級羽毛掛け布団です。

 

ダウンパワー440dpなので、
羽毛の掛け布団の中でもトップです。

 

当サイトお薦めの羽毛布団の詳細はコチラ

 

人生の3分の1を占める睡眠。

 

残りの3分の2を彩るには
この睡眠を徹底的にこだわる事が何より大事です。

 

なので、多少お値段は張りますが、
金銭的余裕があるのであれば、
上記羽毛布団の購入をお薦めしております。

 

「寝苦しさを感じる…」という方こそ
是非ご検討下さい。