女性ホルモンを増やすアロマオイル?アンチエイジングには?

 

アロマオイルって使ったことありますか?

 

 

「あれって単に香りを楽しむものじゃないの?」
と思う人もいると思いますが、
実はアロマオイルには女性ホルモンを増やす効果があるんです。

 

アロマオイルと女性ホルモンの関係とは?

 

 

女性ホルモンは脳の視床下部から分泌されています。

 

アロマのような香りは脳に直接届くので、
女性ホルモンを出す視床下部にも
刺激を与えるんです。

 

 

ですのでアロマオイルによっては
緊張から解放し女性ホルモンのバランスを
整えてくれるものもあるので
そういったアロマオイルを取り入れると
女性ホルモン調整により効果的なんです。

 

大前提:リラックスできる香りを選ぶ事

 

 

女性ホルモンを分泌する視床下部ですが、
アロマだけでなくストレスにも影響されます。

 

視床下部は女性ホルモン以外にも

  • 免疫機能
  • 自律神経

までも司りますので、
ストレスを感じると
女性ホルモンのバランスも崩してしまうんです。

 

ですので、効果効能も大事ですが、
それ以上にあなたに合った
リラックスできる香りの物
を選ぶ事が大事なんです。

 

女性ホルモン分泌にお薦めのアロマオイル

 

イランイラン

 

 

フローラル系の甘く強い香りで
好き嫌いが分かれます。

 

  • リラックス作用
  • 催淫作用
  • 女性ホルモン調整作用

があります。

 

クラリセージ

 

 

ハーブ系のマスカットのような香り。

 

  • PMSや月経痛を和らげる働き
  • リラックス作用
  • 催淫作用
  • 抗うつ作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 肌の皮脂バランス調整作用

があります。

 

サイプレス

 

 

樹木系のヒノキに近い香り。

 

  • 免疫力向上
  • 女性ホルモン調整作用

があります。

 

ジャスミン

 

 

フローラル系のジャスミンティーと同じような
癖の強い香り。

 

  • 催淫作用
  • リラックス作用
  • 女性ホルモン調整作用

があります。

 

ゼラニウム

 

 

フローラル系の香り。

 

  • リラックス作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 血行促進作用

があります。

 

ネロリ

 

 

柑橘系フローラル系で甘く苦い香り。

 

  • 催淫作用
  • リラックス作用
  • PMS改善作用
  • 抗うつ作用

があります。

 

フェンネル

 

 

ハーブ系の甘くスパイシーな香り。

 

  • 女性ホルモン様作用
  • 消化促進作用

があります。

 

ローズ

 

 

フローラル系の香り。

 

  • リラックス作用
  • 抗うつ作用
  • 催淫作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 抗炎症作用

があります。

 

上記の女性ホルモン分泌に影響を与える中でも
そこまで癖の強くない香りとしては

  • クラリセージ
  • サイプレス
  • ゼラニウム
  • ローズ

等がお薦めです。

 

アロマオイルを初めて使う方は
この4つから選ぶと良いと思います。

 

アロマオイルの注意点

 

 

まず1つ目が
猫などペットを室内に飼っている方は
絶対にアロマを使用しないで下さい。

 

アロマで中毒症状を起こしたり
最悪な場合死亡したりするケースもあるからです。

 

それから2つ目が
妊婦の方も使用は控えた方が良いです。

 

強い香りは流産や妊娠中毒を
引き起こす可能性があります。

 

ですので
「室内でペットを飼っておらず」
「妊娠中でない方」
のみ利用されると良いと思います。

 

アロマオイルは下記サイトであれば
結構安く売っていますので
参考にしてみて下さい。

 

アロマオイル各種の詳細はコチラ

 

まとめ

 

  1. アロマオイルで女性ホルモン分泌を司る視床下部に刺激を与えられる
  2. 視床下部への刺激によって女性ホルモンのバランスを整える事ができる
  3. 視床下部は免疫機能、自律神経まで司るのでストレスにならない香りを選ぶと良い
  4. 初めての方はクラリセージ、サイプレス、ゼラニウム、ローズがお薦め
  5. 室内でペットを飼っている方や妊婦の方は使用を控えた方が良い