女性ホルモンを整える方法5選|ここまでやれば大丈夫?!

 

「女性ホルモンのバランスが悪くて肌荒れがひどい…」

「体調を崩しやすい…」

 

 

このように現代の乱れた生活習慣等によって
女性ホルモンのバランスを崩し易い人が
現代では結構いるようです。

 

女性ホルモンには
肌奥のコラーゲン分泌量を増やして
肌や胸のハリ・弾力を上げたり
肌の水分保持力を上げて
皮膚の透明感を上げたり
PMS改善したり…

様々なメリットがあります。

 

つまり女性ホルモンを整える事によって
素肌力を高めることができるんです。

 

 

どんなメイク術や表面上の基礎化粧品の利用よりも
あなたを若々しく魅力的にするのが女性ホルモンですので、
美肌の為、
是非下記を参考にして頂けると幸いです。

 

女性ホルモンを整える方法一覧

 

女性ホルモンと似た物質を摂取する

 

女性ホルモンは一生の内に
ティースプーン一杯分しか分泌されない
ことが分かっています。

 

 

かなり少量ですよね?

 

そこで女性ホルモンと似た働きをする物質を摂取する事で
女性ホルモンの働きを補うことができます。

 

その物質が大豆イソフラボンです。

 

【女性ホルモンを整える極意①】大豆イソフラボンを食事から摂取しよう!

 

 

大豆イソフラボンは通常摂取すると
腸内でエクオールという物質に変換されて、
女性ホルモン的な働きをします。

 

 

ですが、大豆イソフラボンの代謝酵素が備わっているのが
日本人の約50%
と言われています。

 

つまりいくら摂取しても全く意味がない人も中にはいるんです。

 

エクオールを摂取しよう!

 

代謝酵素に関しては遺伝による問題なので
どうしようもないことなんですけど、
そういう方の場合、
大豆イソフラボンではなく別の物質を摂取する事で
女性ホルモンの分泌バランスを整えることができます。

 

その物質がエクオールです。

 

つまり大豆イソフラボンが代謝された後の物質を
摂取すればよいんです。

 

【女性ホルモンを整える極意②】エクオールを効率的に摂取しよう!

 

アロマオイルで視床下部を刺激する

 

 

女性ホルモンは脳の視床下部から
命令が行くことによって分泌されます。

 

アロマオイルのような香りは
嗅神経から直接視床下部を刺激します
ので、
取り入れる事で女性ホルモンの分泌促進効果にも期待できます。

 

【女性ホルモンを整える極意③】女性ホルモン分泌に効果的なアロマオイルを使おう!

 

生活習慣を整える

 

 

女性ホルモンは視床下部を通じて分泌されると言いましたが、
他にも自律神経や免疫力も
視床下部から分泌されるホルモンに依存します。

 

つまり

  • 女性ホルモン
  • 自律神経
  • 免疫力

は三位一体的に働きますので
どれか一方が崩れると
女性ホルモンの分泌バランスも崩してしまうんです。

 

 

そこで

  • 質の良い睡眠
  • バランスの取れた食事
  • 軽い運動の習慣
  • ストレス管理

の4点も女性ホルモン分泌バランスを崩さないために大事です。

 

それぞれを整える方法として
色々意識すべきことがあるんですけど、
別記事で詳しく説明いたします。

 

 

恋愛をする事

 

 

恋愛によってフェニルエチルアミンという
女性ホルモンが分泌されます。

 

フェニルエチルアミンが分泌されると代謝が促進されますので、
肌のハリや透明感が上がります。

 

ただ、効果あるのが恋愛初期だけですので、
いつまでも使える方法ではないんですけど、
「恋愛すると綺麗になる」
という理論は強ち間違いではないようです。

 

【女性ホルモンを整える極意⑧】恋愛と女性ホルモンの関係を知ろう!

 

女性ホルモンを整える方法としては…

 

このように

  • 大豆イソフラボンの摂取
  • エクオールの摂取
  • アロマオイルの利用
  • 生活習慣の改善
  • 恋愛

の5点によって女性ホルモンのバランスを
整えることができます。

 

どんなメイク術や化粧品よりも
体の内側からの女性ホルモンによる魅力には敵いませんので、
これら方法を是非意識して頂けると良いと思います。