遺伝的なそばかすを消す方法とは?|今から始める本気のケア

「そばかすは遺伝なの?治せないの?」

 

 

そばかすは強い紫外線とかが原因でできる事もあるみたいですけど、
子供の頃からのそばかすは
基本的に遺伝的要因が強いみたいですね。

 

ですが、実は20代になる頃には既に薄くなって
自然に消えた
という方は結構いるんですよ。

 

ただ、そばかすから
そのまま濃い茶色のシミに
発展してしまうケースもあるみたいですので、
今回はそばかす「雀卵斑」の予防法と
改善策
をお伝え致します。

 

そばかすとは?

そもそもそばかすとは
鼻や頬に薄い茶色で小さい点で広がっているシミの事を言います。

 

 

赤いシミや、黒くはっきりしたシミは
そばかすじゃないので、注意して下さい。

 

そばかすは遺伝が原因?どういう仕組みでできるの?

 

人間には肌の内部を紫外線から守る為に
肌内部に「メラノサイト」と呼ばれるものがあります。

 

 

このメラノサイトからメラニンを分泌して
肌を守っている
んですけど、
見栄えが悪くこれが一般的にシミと呼ばれます。

 

 

これは人間誰しもが持っている防衛機能なんですけど、
人によってはこのメラノサイトの働きが超活発で、
そばかすの原因であるメラニンを過剰に生成し過ぎる事があるんです。

 

 

「汗をかきやすい体質」「毛が伸びやすい体質」と同じように
このメラノサイトの機能は遺伝的なものですので
過剰なメラニン生成によってそばかすができてしまうのです。

 

そばかすの予防法改善法

 

まず、誤ったスキンケアは改めて下さい。

 

クレンジングは合成界面活性剤を使わない

洗顔料は普通の石鹸を使う

美容液も合成界面活性剤が含まれていない物を使う

美白美容液は絶対に使わな

 

上記を参考にして頂けると
紫外線や外部刺激に強い肌を築く事ができます。

 

肌の生まれ変わりであるターンオーバーも
正常に働くようになっていきます。

 

これに加えて紫外線対策をしっかり行って頂くと、
そばかすを薄くする効果にも期待できるんです。

 

というのもいくら遺伝が原因と言っても、
紫外線が当たらない事には
そばかすもほとんど作られないからです。

 

紫外線が当たる事によって
メラノサイトにメラニンを作るように指令が行きます。

 

ですので、この紫外線による刺激があって初めて
そばかすはできますので、
紫外線対策はキッチリ行うと効果的です。

 

日焼け止めを使わない肌にいい紫外線対策

 

栄養素を摂取する

 

ビタミンA、B群、亜鉛、オルニチンを摂取して頂く事で
肌の生まれ変わりのターンオーバーが促進されるので、
そばかすを薄くできます。

 

ビタミンミネラルを効率的に摂取するなら

 

それからビタミンC、EやコエンザイムQ10、アスタキサンチン等を摂取して頂くと、
抗酸化効果に期待できますので、
肌に張り巡らされた血行が良くなって、
栄養素を肌に送って、不純物を毛細血管から流す事ができるんです。

 

 

鉄分、葉酸、ビタミンB12にも
血行促進効果がありますのでお薦めです。

 

そして更に効果的なのが、
トラネキサム酸の内服薬を摂取する事です。

 

内服薬トラネキサム酸はメラノサイトの働きを抑制する

 

先程、そばかすの原因は
過剰なメラニン生成によるものと言いましたが、
このトラネキサム酸はメラニン生成を抑制する効果に期待できます。

 

そばかす体質の方であれば、
メラニンの分泌量を正常にすることが可能かもしれませんので
用法用量を守りお飲み頂くと効果がじわじわ出てくるかと思われます。

 

皮膚科で処方して頂く事が可能ですので、
そばかすでお悩みの方は問い合わせてみてください。

 

あと基本的に皮膚科で処方される薬は
添加物が多いのでその辺もご容赦ください。

 

トラネキサム酸のデメリットとして
血液が固まり易くなりますので、
通販サイトからの購入ではなく、
皮膚科で相談した上でのご利用をお薦めします。

 

他にもフェルラ酸、システインにも
メラニン抑制効果がありますので、
普段の食事にも気を使って頂ければと思います。

 

そばかすは歳を取れば基本的に消える

 

以上がそばかすの改善策ですが、
もともと子供の頃にできるシミは
大人になるにつれて薄くなります。

 

メラノサイトの働きが落ち着いてくるからです。

 

ですが、紫外線を浴びる量がもともと多いのが原因で
できてしまったそばかすの場合、
同じ紫外線量を浴び続ける事で、
そのままシミを作ってしまう事もあります。

 

ですので、優先順位としては

  1. 正しいスキンケア
  2. 紫外線対策
  3. ビタミン・ミネラル類の摂取
  4. トラネキサム酸の摂取

という意識で改善に向かって頂けるとシミに効果的です。

 

まとめ

  1. そばかすはメラニンの過剰分泌によって起こる
  2. メラニンの分泌量は遺伝的なものなので、紫外線対策で極力メラニンの分泌を抑える
  3. そばかす対策には肌の機能を正常にする為に正しいスキンケアをする必要がある
  4. そばかすを薄くするにはビタミン類、コエンザイムQ10等の摂取が効果的
  5. トラネキサム酸の内服薬はそばかすに効果的だが、用法用量を守らないと危険
  6. そばかすは歳を取れば基本的に消える