目元・ほうれい線に効く表情ジワ対策|ホルモン分泌量が鍵?

 

「笑った時にほうれい線とかの表情ジワが最近残りやすい気がする…」

 

 

20代後半ぐらいから
この表情ジワに対してお悩みの方が増えているようです。

 

表情ジワとは普段の表情の癖によって
肌奥のコラーゲンが変性し、
癖になることで出てきてしまうシワ
です。

 

 

表情ジワが起こりやすい部分として

  • 目元
  • 眉間
  • ほうれい線
  • 口元

等があります。

 

あなたはどの部分にシワができやすい傾向にありますでしょうか?

 

思い出してみて下さい。

 

中学高校生ぐらいの若いころは
どんなにグチャグチャに笑っても
シワになることはありませんでした。

 

これは若いころは肌奥のコラーゲン量が多く
肌にハリや弾力があったから
なんです。

 

 

ですが、年をとるごとに肌奥のコラーゲン量が減少し、
肌を元の状態に戻そうとする力が
だんだん弱くなっていっていたんです。

 

大体20歳をピークにホルモン分泌量減少の関係で
肌奥のコラーゲン分泌量も少なくなっていきます
ので、
表情ジワが戻り辛くなり、
シワとして残ってしまい易くなるんです。

 

 

ですので、表情ジワの改善・予防法としては
肌奥のコラーゲンを維持・回復させること

何より大事になります。

 

コラーゲンのダメージを抑える対策

 

 

コラーゲン量が減ったり、
コラーゲンの変性を起こしたりする原因は
肌奥の酸化と糖化があります。

 

つまり普段の食生活などの不摂生が原因
コラーゲン分泌量が減ってしまうんです。

 

まずはこれらコラーゲン量を減らす原因を取り除くことで
これ以上表情ジワが悪化するのを食い止めましょう。

 

肌の酸化って何?酸化対策についての詳細はコチラ

 

肌の糖化って何?糖化対策についての詳細はコチラ

 

現代人は生活習慣が乱れがちですので、
シワに限らず肌老化の原因のほとんどが
酸化と糖化のケースが多い
ので
是非改善させてみて下さい。

 

コラーゲン量を増やす対策

 

 

コラーゲン量を増やすには
ホルモン分泌量を増やすことが大事
です。

 

具体的に女性ホルモンや成長ホルモンの分泌で
肌奥のコラーゲン生成が行われますので、
ホルモン分泌促進をすることでハリが向上し
表情ジワを薄くすることができます。

 

女性ホルモン分泌促進の方法の詳細はコチラ

成長ホルモン分泌促進の方法の詳細はコチラ

 

そして肌コラーゲンのもとは
グリシン等のタンパク質。

 

 

そしてタンパク質(アミノ酸)の代謝酵素としては

  • 亜鉛
  • ビタミンB2
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

等があります。

 

これらを意識的に摂取する必要がありますので、
魚介類や肉類、野菜・果物類の摂取が重要です。

 

肉や魚は揚げたり焼いたりすると
肌の糖化の原因になって、
肌老化の原因にもなりますので、
茹でるか低温調理で摂取するのが効果的です。

 

野菜・果物類は
実は1日の必要摂取量は350gと言われています。

 

因みに普通に食べるとなると
なかなかの量です。笑

 

「毎日毎日そんなに摂取できない」
という方はマルチビタミン&ミネラルのサプリを使うことで
ビタミン・ミネラル類を補ってください。

 

お薦めのマルチミネラルビタミンのサプリは?

 

もしくはコールドプレスジュースで摂取するのがお薦めです。

 

 

通常スムージーとかで野菜を摂取するとなると
ビタミン・ミネラル類が失活してしまうんですけど
コールドプレスジュースは
野菜に含まれるビタミン・ミネラル類を
そのまま取り入れる事ができる優れもの
なんです。

 

コールドプレスジュースって何?詳細はコチラ

 

それから良質なプラセンタサプリには
成長因子が含まれ
肌の新陳代謝を促進させますので、
コラーゲン分泌量を促進させる効果もあります。

 

良質なプラセンタサプリの選び方はコチラ

 

表情はできるだけ作らない方が良いの?

 

 

そのような生活はストレスになって
かえって肌を老化させる可能性がありますので、
無理な我慢はせず自然体でいることが大事です。

 

自然体が大事ですので、
逆に感情に反した無理な表情を作る癖のある方は
意識的に改善した方が良いです。

 

表情ジワの原因は表情だけじゃない?

 

他にも頬杖を突く癖や
睡眠時に顔の表情に癖のつく寝方をしていると
表情ジワの原因になります。

 

心当たりのある方はこの辺りも改善させてみて下さい。

 

肌奥の真皮層で起きている事ですので、
即効性のある改善を個人で行うことは難しいですが、
上記を実行頂くことで徐々にシワを薄くすることができます。

 

少しずつでも是非始めてみて下さい。

 

即効性のある対策をしたい方は
表情ジワを隠すメイクについて
後日お話いたしますので、是非ご覧ください。

 

次回は
ほうれい線対策
に焦点を当ててお伝えいたします。

 

まとめ

 

  1. 表情ジワとは普段の表情の癖によって肌奥のコラーゲンが変性してしまったシワ
  2. 額、目元、ほうれい線、口元、眉間などに表情ジワは起こりやすい
  3. 20歳をピークに女性ホルモン、成長ホルモンの分泌量が低下し表情ジワが起こり易くなる
  4. 肌奥の「酸化」と「糖化」が表情ジワの原因
  5. ホルモン分泌促進によって表情ジワをできにくくすることができる