顔の日焼け対策は〇〇?日焼け止めを使わない紫外線対策とは

 

「紫外線対策、何をしていいのか分からない!」

「日焼け止めって何を選んだらいいの?」

 

 

「どの日焼け止めを選んでもいいだろー」っていうのは
中には肌荒れを引き起こす日焼け止めもあるので、
危険です。

 

とは言っても、紫外線対策をしないと
日焼けだけじゃなくて、
肌の老化も進んでしまいます。

 

「老化の80%以上の原因は紫外線である」
って言葉は聞いたことないですかね?

 

これは米国皮膚科学会で言われていた事です。

 

実際はアメリカと日本の紫外線量は違いますので、
日本人の老化の原因の全てが
紫外線によるものではないですけど、
それでも紫外線量が
肌老化の大きな原因になっていることは確か
です。

 

実際に日焼けだけじゃなくて、
紫外線を浴びすぎて
シミやシワの原因となってしまう事もあって、
20代でもシワができてしまう人もいるようです。

 

 

あと、日本ではないんですけど、
外国の某タクシードライバーの方は
窓側からのみ紫外線を浴びて続けていたので、
顔の左側のみ老化が進み、
左右で顔が全然違うという事もあったようです。

 

 

つまりこの紫外線対策こそが
究極のアンチエイジング
なのです。

 

紫外線の種類|UV-A波とUV-B波とは?

 

地表に届く紫外線には2種類あります。

 

UV-A波とUV-B波です。

 

 

それぞれ波長の長さが違い、
UV-A波は肌の奥(シワ、たるみ等の原因)に影響を及ぼし、
UV-B波は肌の浅い部分(シミ、日焼け等の原因)
影響を及ぼします。

 

シワ、たるみ等の原因になるUVA波とは?

 

UV-A波にはタンパク質を変性させる働きがあります。

 

 

肌奥は「コラーゲン繊維」「エラスチン繊維」と呼ばれる
タンパク質でできていますので、
このように変形させられてしまうのです。

 

このように一度変形させられてできたシワやたるみは
化粧品では回復不可能です。

 

勿論肌には修復機能が備わっているんですけど、
間違った歪んだ状態で修復完了してしまうのです。

 

シミ、日焼け等の原因UVB波とは?

 

UV-B波は肌奥までは入らないんですけど、
エネルギーがめちゃめちゃ強くて、
肌に日焼けを起こしたり、
場合によっては皮膚がんの原因になったりするんです。

 

 

皮膚がんが起きないように
メラニンという黒褐色の成分でブロックするんですけど、
このブロックが残ると日焼けやシミとなるんです。

 

多少の日焼けであれば可逆反応によって
短時間で消失しますが、
2,3時間で元に戻らない程
強いエネルギーを受けてしまった場合、
数日~数週間引きずる日焼けになってしまうんですよ。

 

更にシミになってしまうと
肌の「ターンオーバー」という機能で
皮膚が新しく生まれ変わるのを待たなければいけませんので、
治るのに1ヶ月以上かかる事もあります。

 

それから稀なケースではありますが、
肌の機能が狂っている状態で紫外線を浴びると
更に肌の奥深い部分でシミが起こる事もあり、
この場合改善に5年以上かかります。

 

紫外線対策には何を選んだらよいのか?

 

そこで、紫外線対策をしようという話になるのですが、
通常の日焼け止めだと、
肌荒れを誘発する「合成ポリマー」や
肌老化を促進する「紫外線吸収剤」が含まれていますので、
紫外線対策ができても別の肌トラブルが生じる事があるのです。

 

そこで紫外線対策には
男性も女性も「日焼け止め」ではなく
「ミネラルファンデーション」を
使う事をお薦めします。

 

ミネラルファンデーションとは
ミネラル成分しか配合されていない
ファンデーションの事です。

 

レイチェルワインのミネラルファンデーションとは?

 

特にお薦めなのが
レイチェルワインのミネラルファンデーションです。

 

  • 合成界面活性剤不使用
  • 合成ポリマー不使用
  • 防腐剤不使用
  • 紫外線吸収剤不使用

と、ミネラルファンデーションの中でも
特に肌に優しくできています。

 

「メイク落としの時のクレンジング」が
一番肌に負担をかける時
と言われていますが、
これらミネラルファンデーションは
通常の洗顔のみで落とす事ができます。

 

デメリットとしてはカバー力が小さいという事をよく指摘されます。

 

合成ポリマー不使用の為、
そのような事を特に実感し易いからだと思いますが、
基本的に問題はないです。

 

気になる方は「重ね付け」を行ってみて下さい。

 

厚くなり過ぎる事はなく肌にしっかり馴染みますので
是非試してみて下さい。

 

ですので、男性や普段厚化粧をしない方であれば、
このミネラルファンデーションでの
日焼け止めがお薦めです。

 

また、ファンデーションの為、
夏場は落ちやすくなっていますので、
都度パウダーで塗り直す事が必要です。

 

因みにこのレイチェルワインの
ミネラルファンデーションの日焼け止め効果は
SPF27、PA+++
です。

 

日焼け止めの指標「SPF」「PA」とは?

 

「よく聞くけどそもそもSPF、PAって何?」
って思われるかもしれませんので、
先にSPF、PAについて説明します。

 

SPFは先ほど言った
UVB波(シミ、日焼け等の原因)による日焼けを
どのぐらい遅らす事ができるかという指標
で、
PAはUVA波が影響を与える時間を遅らせる指標です。

 

 

 

SPF値とPA値はいくつがいいのか?

 

「UVカット効果SPF27/PA+++って大丈夫なの?」
と思われるかもしれません。

 

確かに最近の日焼け止めではSPF50の物が多いので、
SPF27では物足りなく感じるかもしれません。

 

ですが、実はSPF20以上の日焼け止めというのは、
紫外線カット効果は全然大差なく
SPF20とSPF50の日焼け止めの
紫外線カット効果の違いは1%以下
なんです。

 

それどころか、SPF値は高い程、
肌に悪影響を与える紫外線吸収剤の量が増すので、
肌を老化させてしまう逆効果になる事が多いのです。

 

ですので、紫外線吸収剤不使用で作られた
SPF27のファンデーションは
肌に悪影響を与えず、紫外線対策ができるので
ちょうどバランスが取れているのです。

 

また、UVAカットの指標であるPA値は、
高ければ高い程効果的と言われています。

 

実際の指標として日常使いであれば
PA+~PA++
で十分とされています。

 

そしてレジャー使いであれば
PA+++~PA++++
が理想とされています。

 

今回のPA値はPA+++ですので、
大抵のケースは問題ありませんが、
紫外線の強い国へ長時間外出予定のある方の場合のみ
PA++++の日焼け止めを塗ると良いと思います。

 

ですが、ほとんどの場合はPA+++で問題ないハズです。

 

行き過ぎた紫外線対策は良く無い

 

上記を行う事で
紫外線対策・アンチエイジングができますが、
行き過ぎた紫外線対策も実は良く無いんです。

 

「手の甲を日なたに15分程度紫外線を浴びる」
もしくは
「日陰で30分程度過ごす」

 

この程度は浴びないと健康的な側面で
ビタミンDが不足し、
骨粗しょう症などの原因になりますので
紫外線対策はやり過ぎないよう気を付けて下さい。

 

SPF値、PA値の基準の作り方はおかしい

 

先程伝えたSPF値・PA値の公式ですが
「日焼け止めを1㎠あたり2mg塗る」
というのが指標の作り方です。

 

これは明らかに厚塗りで、
そこまで塗るのはどの日焼け止めでも現実的ではありません。

 

ですので、上記のSPF値・PA値の公式は
「何となくの目安」程度に思っていて下さい。

 

紫外線対策はそれ以上に
「剥がれたらパウダーで塗り直す徹底」
をして頂く事の方が大事です。

 

剥がれてさえいなければ、
紫外線をある程度は防いでくれるハズですので。

 

レイチェルワインのミネラルファンデーションの詳細はコチラ

 

まとめ

 

  1. 紫外線を浴びすぎると肌の老化に繋がる
  2. UV-A波でシワやたるみができる
  3. UV-A波はPA値が高い日焼け止めほど効果的
  4. UV-B波で日焼けやシミができる
  5. SPF値20以上の紫外線カット効果はほとんど変わらない
  6. 紫外線対策はミネラルファンデーションが肌に優しく効果的
  7. レイチェルワインはSPF27、PA+++の無添加なのでお薦め
  8. SPF値、PA値にはそこまで振り回されなくてよい