肌に良い湿度は何%?加湿器の仕組み・メリット・デメリット

 

 

まず、タイトルの件からお答え致します。

 

肌に良い湿度は60-70%と言われています。

 

ただ「湿度って良く分からない」
っていう方も結構いると思いますが、
ザックリ肌や唇の乾燥が気になり始めるのが
60%以下
って感じです。

 

 

地域によっても異なりますが、
平均湿度は

  • 冬~春が50%
  • 夏~秋が60-75%

と言われています。

 

「え、でも私は夏とか秋でも乾燥が気になることがある…」
と言う方も中にはいらっしゃると思います。

 

実は上記は梅雨の時期や台風の時期も含めた湿度となっていて、
実際晴れた午後の湿度は

  • 冬~春が10-20%
  • 夏~秋が10-40%

になることが多いんです。

 

60%に全然達していないですよね?笑

 

これが乾燥肌・敏感肌の原因となって
シワや肌荒れを引き起こしてしまうんです。

 

 

そこで加湿器の利用が望ましいんですけど、
加湿器には

  • スチーム式加湿器
  • 気化式加湿器
  • 超音波式加湿器
  • 加熱超音波ハイブリッド式加湿器
  • 温風気化ハイブリッド式加湿器

の5種類があります。

 

今回はそれぞれの仕組みとメリット・デメリットから
肌にいい加湿器の選び方
をお伝えいたします。

 

各加湿器の仕組み・メリット・デメリットについて

 

1.スチーム式加湿器

 

 

スチーム式の加湿器は
やかんに入った水を沸騰させて部屋の中の
湿度を上げるのと同じ仕組み
です。

 

水分を熱で蒸発させていますので、

  • 水蒸気が衛生的
  • 即効性がある

というメリットがあります。

 

ただ、沸騰させる熱を加えるので

  • 全加湿器の中で最も電気代が高い
  • 音が大きい

というデメリットがあります。

 

更に、水を沸騰させますので、
水のミネラル成分が加湿器中にこびり付いて
取れなくなることがあります。

 

 

例えばシリカとかのミネラル成分が
白く結晶化することが原因なんですけど、
シリカの融点は1414℃なので、
結晶化するとほぼ取れなくなってしまうんです。

 

当然衛生面的にも良くはないので、
こまめな清掃も必要になります。

 

2.気化式加湿器

 

 

水を含んだフィルターに風を送ることで
水蒸気を空気中に飛散させることで
湿度を高める加湿器
が気化式です。

 

  • 電気代が安い
  • 音が静か

というメリットがあります。

 

ですが、

  • 即効性が弱い
  • 加湿力が弱く湿度が60%以上になり辛い

というデメリットもあって、
加湿能力自体が高くないので、
あまりお薦めできません。

 

3.超音波式加湿器

 

 

超音波による超細かな振動によって
水面から霧が発生します。

 

この仕組みを用いた加湿器が超音波式の加湿器です。

 

水を超音波で霧化させますので、

  • 音が静か
  • 電気代が安い

というメリットがあります。

 

ですが、水を完全に気化できていないので

  • 設置場所によっては加湿器周りを水浸しにしてしまう
  • 水に含まれるミネラル成分が家具などに付き、白く結晶化することがある
  • 水が衛生的でない場合雑菌を空気中に飛散させてしまう

というデメリットがあります。

 

ですので上記3つとも
そこまで強くお薦めできないんですけど、
これら3つの良いとこ取りをした加湿器があります。

 

それがハイブリッド式なんですけど、

  • 加熱+超音波のハイブリッド式
  • 温風+気化のハイブリッド式

の2種類があります。

 

4.加熱超音波ハイブリッド式加湿器

 

 

超音波でただ水を飛ばすのではなく、
熱を加えることで霧化した水を
気体化させ易くします。

 

電気代は
気化・超音波<ハイブリッド<スチーム式
となります。

 

加熱式のデメリットだった音の大きさや、
ミネラル成分の結晶化を防ぐこともできます。

 

あと超音波式で問題だった
水浸しのリスクも抑えることはできますが、
清掃が行き届いていないと
雑菌を飛散させてしまうというデメリットは同じ
です。

 

雑菌フィルター付きの加湿器はありますが、
それでも衛生面的には完全に気化できていないので
↓で説明する温風気化ハイブリッド式加湿器には劣ります。

 

5.温風気化ハイブリッド式加湿器

 

 

水を浸したフィルターを温風で空気中に飛散させるのが
温風気化ハイブリッド式の加湿器
です。

 

電気代は
気化・超音波<ハイブリッド<スチーム式
です。

 

温風にする事によって
気化式で実現できなかった即効性・加湿力を
高めることができます。

 

フィルター交換などの最低限の手入れは必要ですが、
手入れの手間を除いては一番デメリットが少なく、
最もお薦めです。

 

当サイトお薦めの加湿器はコレ?!

 

温風気化ハイブリッド式の加湿器はいくつか出ているんですけど、
個人的にはダイニチの加湿器が最もお薦めです。

 

 

清掃が必要な際はランプが点くようになっていますので、
非衛生的な利用のリスクを抑えることができるから
です。

 

部屋の大きさによって、
加湿器をお選び頂けると良いと思います。

 

値段は多少しますが、
美肌のために是非購入を検討してみて下さい。

 

ダイニチの加湿器の詳細はコチラです。

 

部屋の大きさが洋室8畳までの方。

 

加湿器 HD-RX315送料無料 加湿器 加湿機 静音 DAINICHI 加湿器静音 加湿器DAINICHI 加湿機静音 静音加湿器 DAINICHI加湿器 静音加湿機 ダイニチ ネイビーブルー・プレミアムブラウン【TC】

 

部屋の大きさが洋室14畳までの方。

 

加湿器 HD-RX515送料無料 加湿器 加湿機 静音 DAINICHI 加湿器静音 加湿器DAINICHI 加湿機静音 静音加湿器 DAINICHI加湿器 静音加湿機 ダイニチ コンフォートブラック・プレミアムブラウン【TC】

 

次回は
紫外線のメリット・デメリット
についてお伝えいたします。

 

まとめ

 

  1. 肌に良い湿度は60-70%
  2. 乾燥はシワやバリア機能低下による肌荒れの原因になる
  3. 晴れた日の午後は湿度が50%以下になることがほとんど
  4. 衛生面・加湿力・即効性・音から考えて温風気化ハイブリッド式加湿器がお薦め
  5. 特にダイニチの加湿器は衛生状態が良くないと知らせてくれる機能があるのでお薦め