肌質は25歳で変化する?年齢に打ち勝ち若さを取り戻すには

 

 

「25歳はお肌の曲がり角」
っていう言葉を聞いたことはないですか?

 

私自身も26歳頃の時は仕事が忙しくなって
睡眠時間が取れなくて
食事も外食で済ます日々を送っていました。

 

 

これら生活習慣の乱れもあってか、
私も26歳で急に老けて、
今まで実年齢より低く見られていたんですけど、
30歳以上に見られるようになってしまったんです。

 

 

一気に老化が進むと自分に対する自信も無くすもので、
もうこれ以上恋愛できないんじゃないかとか
かなりネガティブに物事を考えた物です。

 

ですが、何とかしなきゃって思って
色々調べて改善させたところ
なんとか自分を変える事ができました。

 

現在28歳なんですけど
つい先日ですけど、
なんと大学生と間違えられるまでになったんです。

 

ですので、「20代後半は肌の曲がり角」って言われるんですけど、
しっかり対策さえすれば、
しっかり老化を食い止める事もできるんです。

 

20代の前半と後半で肌の何が変わるのか?

 

  • 皮脂分泌量
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期

主に以上2点が20代の前後で変わっていて、
これがあなたの肌老化を起こしている原因となります。

 

20台前後で皮脂分泌量が違う?!

 

皮脂分泌量が20代前半をピークに
少しずつ減少していくようになりますんで、
徐々に肌の水分量が低下して
乾燥肌になりがちになります。

 

 

肌の水分量が低下すると、
外気やウイルスから肌内部を守る
肌のバリア機能が低下するので、
外気や紫外線の影響を受けやすくなって、
肌荒れやシミ、シワの生成に繋がってしまうんです。

 

20代後半からは保湿が大事

 

ですので、20代後半からは保湿のケアが必要になります。

 

ただ、セラミド配合の保湿美容液でないと、
肌のバリア機能を強化する事はできませんので、
セラミド配合の美容液を選ぶようにして下さい。

 

 

セラミド配合美容液の正しい選び方はコチラ

 

20代後半から肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が遅くなる?

 

 

主に寝ている時に分泌される成長ホルモンが
実は20代後半から30歳になるまでにガクッと下がるんです。

 

成長ホルモンは
新しい肌細胞を生み出す働きがあって
基本的に古い肌を垢として落として、
新しい肌に生まれ変わらせるのに
28日間かかると言われるんですけど、
成長ホルモンの分泌低下によって、
この周期がどんどん長くなっていくんです。

 

肌の生まれ変わりが遅くなると
古い角質が溜まって肌が厚くなって、
くすみがちになります。

 

 

このくすみによって肌の透明感が損なわれるんです。

 

因みに私の場合このくすみの影響で
肌が老けて見られていたみたいです。

 

写真とか見たら酷いっすもん。笑

 

成長ホルモンを分泌させるには

 

そこで成長ホルモンを分泌させる事が
アンチエイジングとして大事になります。

 

成長ホルモンが一番分泌されるのは睡眠中です。

 

 

特に22-2時が一番分泌される時間帯なんですけど、
お仕事の関係で
この時間帯に布団に入れない人もほとんどだと思います。

 

そこで、睡眠の質を上げる事
この成長ホルモンの分泌量を底上げすると良いです。

 

電車でのうたた寝と布団でガッツリ摂る睡眠では
当然成長ホルモンの分泌量は異なるんです。

 

徹底的に睡眠の質を上げるには

 

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCを摂取する

 

ビタミンA,B群,Cは肌の代謝に関与していますので、
普段の食事で意識的に摂取して頂けると
肌の生まれ変わりを促進させる事ができます。

 

マルチビタミン&ミネラルサプリの選び方は

 

20代前後におけるその他の変化

 

肌の主な変化は

  • 皮脂分泌量
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期

の2点ですが、20代後半だと人によっては

  • 仕事のストレス
  • 睡眠時間の低下
  • 食生活の偏り
  • そもそもスキンケアをしない

等の変化も考えられます。

 

睡眠や食生活は上記方法でクリアできますが、
ストレスに関してはどうする事もできませんよね。

 

ビタミンCなどの抗酸化食品を摂取するようにすると、
ストレスが肌に出る事を抑える事もできます
ので、
そういったところで対策してみて下さい。

 

まとめ

  1. 私は26歳で肌の急な老化を感じた
  2. 20代の前半と後半で「皮脂分泌量」と「ターンオーバーの周期」が異なる
  3. セラミド配合の美容液で保湿すると肌のバリア機能を回復できる
  4. 睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌量が20代後半でガクッと落ちる
  5. 睡眠の質を上げる事とビタミン類を意識的に摂取する事はターンオーバーに効果的
  6. 普段の生活でストレスを感じやすい場合は抗酸化食品を摂取すると良い