肌の若返りホルモン?!ビタミンD3を十分量摂取するには?

 

肌のアンチエイジングにおいて絶対に欠かせない成分
ビタミンD3
について今回はお伝えいたします。

 

「そもそもビタミンD3ってホルモンなの?」

「ビタミンって名前付いてるけど…」

と感じる方もいるかもしれませんが、
全身の細胞に働きかける
ホルモンにかなり類似した成分
なんです。

 

 

実際にビタミンD3は
身体の各細胞の内部にまで入り込んで、

  • ニキビ改善
  • 血行促進
  • ダイエット効果
  • 免疫力向上
  • 自律神経調整
  • 骨粗しょう症予防
  • 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌調整
  • 男性ホルモン(テストステロン)の分泌調整

等の効果があるんです。

 

ですので、このビタミンD3は
そのままホルモン的な働きをしますので
他の栄養素とは別格で肌に良いんです。

 

そこで今回はビタミンD3を
しっかり分泌させる為の方法をお伝えいたします。

 

ビタミンD3を増やす方法は2つ

 

  1. 紫外線を浴びる事
  2. 食品・サプリから摂取する事

です。

 

紫外線を浴びると何故ビタミンD3が生成するのか?

 

 

紫外線を浴びると
体内にある7-デヒドコレステロールという
ペプチドホルモン前駆体から
ビタミンD3の前駆体が生成されます。

 

ビタミンD3前駆体は
体内で色んな変化を経て
大体2,3日後にビタミンD3となります。

 

つまり太陽光を浴びて
すぐにビタミンD3になるわけではないんですね。

 

紫外線は顔以外で浴びよう!

 

 

「さぁ、太陽光を浴びよう!」
って言いたい所なんですけど、
紫外線は肌のシミやシワの原因になりますので、
腕や足など顔以外の部分で浴びるようにしましょう。

 

皮膚がんのリスクを抑える為には、
1日30分前後の日光浴を繰り返すのが
効果的です。

(とは言え、これはイギリスの論文の研究で言われている事ですので、
日本ではもう少し浴びても大丈夫だとは思いますが…)

 

因みに私は毎朝20-30分の日光浴を取り入れています。

 

朝は紫外線がそこまで強くないですし、
体内の時計遺伝子もリセットできるので、
夜の睡眠の質を上げることもできるんですよ。

 

 

幸福ホルモンのセロトニンが分泌されて、
1日をポジティブに過ごす事もできますので、
紫外線の弱い朝の早い時間帯に浴びるのが
個人的にはお薦めです。

 

食品やサプリで摂取しよう!

 

まず注意したいのが
上記アンチエイジング効果に期待できる成分は
ビタミンD3だという事です。

 

シイタケなどに含まれる
ビタミンD2とは別物ですので注意してください。

 

ビタミンD3の摂取目安量は5.5μgで、
耐用上限量は100μgと言われています。

 

安く抑えるのであれば
サプリでの摂取がお薦めです。

 

お薦めは「ビタミンD3 1000IU」です。

 

  • 天然原料である事
  • GMP認定の品質管理

が異性体を含まない良いサプリの条件なんですけど、
下記サプリはどちらも満たしています。

 

それから無添加なので、
体に害のある成分も一切ないんです。

 

んで、ビタミンD3の配合量ですが、
25μgなので十分量と言えます。

 

※1IU=0.025μgより算出。

 

サプリであればこのサプリがどのサプリよりもお薦めです。

 

[ お得サイズ ] ビタミンD3 1000IU 360粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/ビタミン/ビタミンD/お徳用/now/ナウ/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/ソフトジェル/サプリンクス]

 

高いけど食品での摂取もお薦め?

 

それから値段がかかるんですけど、
やはり食品からの摂取がお薦めです。

 

実はシラスにはビタミンD3が豊富に配合されていて、
100gあたり46μg配合されているんです。

 

 

更にシラスにはビタミンD3の他に
血行促進効果や体内臓器の抗炎症(負担を減らす)効果に期待されている
DHAやEPA等のn-3系脂肪酸も豊富に含まれています。

 

それに実はシラスの餌は他の魚類と違って
プランクトンを餌にしています。

 

他の魚類はシラスなどの小魚を餌にしていますので、
水俣病の原因となった重金属が
多く蓄積されやすいんです。

 

重金属の摂取は無毒化させる為に
体内臓器を余計に働かせますので、
老化に繋がるんです。

 

 

ですので、DHA・EPAを食品から摂取しようとするのであれば、
シラス(もしくは別の小魚でも可)からの摂取がお薦めで、
ビタミンDも一緒に摂取できますので、
一石二鳥です。

 

ただ、費用対効果を考えれば
ビタミンD3サプリ+DHA・EPAサプリの方が安い
ので、
お好みで健康対策をすると良いと思います。

 

因みに下記シラスは1kgで3,999円ですので、
1日分(25g)で100円です。

 

無添加&無漂白の一級品!【静岡県産】釜揚げしらす業務用たっぷり1kg食べ放題[送料無料]【釜揚げしらす】【シラス】【しらす】【シラス干し】【しらす干し】【ちりめん】【チリメン】※北海道・沖縄は追加送料756円

 

ビタミンD3は身体全体の細胞内部にまで作用する
凄い栄養素ですので、

  • 1日30分の早朝日光浴習慣
  • 食品・サプリからのビタミンD3摂取習慣

を是非取り入れてみて下さい。

 

お薦めのDHA・EPAサプリはコチラ

 

まとめ

 

  1. ビタミンD3は全身の細胞の内部にまで働きかけるホルモン様物質
  2. ビタミンD3はホルモン分泌、肌のアンチエイジング、血行促進などに効果的
  3. 1日30分、顔以外で紫外線を浴びる習慣を付けると良い
  4. 食品やサプリで摂取する場合、最低摂取目安量は5.5μg
  5. サプリはビタミンD3 1000IUがお薦め
  6. 食べ物であればシラスがお薦め