肌のバリア機能回復でニキビ予防!驚きの4つの方法とは?!

 

肌表面にある「バリア機能」ってご存知でしょうか?

 

肌にはもともと外部刺激から肌内部を守る為に
バリア機能という物が備わっています。

 

 

肌の構造として、
肌表面は互いに混ざり合わない水分と油分が
何層にも積み重なってできています。

 

このバリア機能によって紫外線やウイルスなどの
外部刺激から肌内部を守っています。

 

ですがこのバリア機能が弱まると肌を守る物が無くなり、
肌荒れやニキビが起き易い敏感肌になってしまうんです。

 

 

肌のバリア機能を強化するには

 

  • 肌の保湿
  • 肌に悪い成分配合の化粧品の利用禁止
  • バリア機能を強める栄養素の摂取
  • 生活習慣の正常化

 

この4点によって
肌のバリア機能を強める事ができます。

 

肌の保湿

 

 

保湿には肌のバリア機能の役割がある
細胞間脂質と同じ成分を補う事で
肌に優しく確実なバリア機能の強化が可能です。

 

 

具体的にセラミド1,2,3,6配合の保湿美容液
肌にもともとある成分ですし、
肌にある水分の蒸発を防ぐ成分ですので
保湿力が高くお薦めです。

 

当サイトお薦め無添加保湿美容液の詳細はコチラ

 

肌に悪い成分配合の化粧品の利用禁止

 

 

多くの化粧品に含まれる合成界面活性剤には
本来互いに溶け合わない水分と油分を
均一に混ぜ合わせる役割があります。

 

 

つまり合成界面活性剤配合の化粧品は
水分と油分でできた肌のバリア成分をも破壊します。

 

 

「浸透型」の化粧品に配合されがちな成分です。

 

「浸透型化粧品」の実態はバリア機能を破壊して
有効成分を肌奥に届けるという物
がほとんどです。

 

 

肌にはもともと「バリア」の機能はあっても
「浸透」の機能はありません。

 

むしろターンオーバーによって
外へ不純物を押し出す機能なんです。

 

 

ですので、肌奥に影響の与える美白美容液等に
合成界面活性剤や同様の効果のある
植物エキス
が配合される事が多いので注意が必要です。

 

同様に肌の常在菌に影響を与える
合成ポリマーや防腐剤も使われていない化粧品を
選ぶ事が大事です。

 

  • 合成界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 有毒な植物エキス
  • 防腐剤

 

当サイトでお薦めしている化粧品は
上記全て無添加ですので、
ご安心頂ければと思います。

 

バリア機能を強化する栄養素の摂取

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • パントテン酸
  • 亜鉛
  • ヨウ素

を意識的に摂取すると良いです。

 

食べ物からであればレバーやウナギ等を意識すると良いです。

 

食べ物からの摂取が難しい場合は
マルチビタミン&ミネラルのサプリで補っても良いと思います。

 

お薦めのマルチミネラルビタミンのサプリはコチラ

 

生活習慣の正常化

 

皮脂の分泌は脳から命令される事で行われ、
脳からの命令よってバリア機能も維持されます。

 

ですので、脳が疲れ麻痺した状態だと
命令が上手くいかず、
バリア機能が上手く働かない事があります。

 

ですので、

  • 睡眠不足
  • 食生活の偏り
  • 過度なストレス

にも注意して下さい。

 

それぞれの整え方は下記を参考にしてみて下さい。

 

質の良い睡眠を取るなら

 

バランスよく食事を摂る為に意識すべき事とは?

 

ストレスとの上手な付き合い方とは?

 

肌のバリア機能を改善するには

 

  • 肌の保湿
  • 肌に悪い成分配合の化粧品の利用禁止
  • バリア機能を強める栄養素の摂取
  • 生活習慣の正常化

で改善が可能です。

 

このバリア機能の強化によって
ニキビや肌荒れが起こりにくい肌になります。

 

是非日常生活に取り入れてみて下さい。

 

黒ニキビの予防法はコチラから

 

まとめ

 

  1. 肌表面には水分と油分が何層にもなって積み重なってできている
  2. バリア機能の強化には無添加化粧品での保湿が大事
  3. ビタミンA,B2、パントテン酸、ヨウ素、亜鉛等がバリア機能強化に有効
  4. 生活習慣が乱れると脳から上手く命令が行かず、肌のバリア機能も弱まる