茶色い炭水化物でぷるぷる美肌GET?!玄米の選び方は…?

 

いきなり「茶色い炭水化物」と始めてしまったんですけど、
「白い炭水化物」と「茶色い炭水化物」ってご存知でしょうか?

 

白い炭水化物とは精白された炭水化物の事で、

  • 白米
  • 白パン
  • うどん

等の事を言います。

 

 

一方で茶色い炭水化物とは精白されていない炭水化物

  • 玄米
  • ライ麦パン
  • 蕎麦

等の事を言います。

 

 

どちらが美肌に効果的か…

 

まぁ、これは結構有名なので、
ご存知の方も多いかと思います。

 

結果から言うと、茶色い炭水化物の方が
アンチエイジングに効果的
なんです。

 

それだけでなく、
白い炭水化物は老化を促進させますので、
極力避けた方が良い
のです。

 

今回はその

  • 【老化促進】白い炭水化物を避けるべき驚きの理由とは?
  • 【実は危険?!】茶色い炭水化物の罠
  • 【注意点は3つ?】具体的に玄米はどうやって選んだらいいのか?

についてお伝え致します。

 

「白い炭水化物中心の生活」は老化を促進する?

 

 

何となく想像がつくとは思いますが、
白い炭水化物の殆どが
特に栄養価がない炭水化物です。

 

ですので、そのほとんどがエネルギーとして使われ、
残った分は糖分として蓄えられるんです。

 

更にGI値が高く
摂取する事で血糖値が急上昇を起こし易く、
血管や細胞を老化させる「糖化」という現象を
起こし易いんです。

 

具体的に各GI値(血糖値の急上昇させ易さ)は

  • 白米:81
  • 玄米:56
  • 白パン:91
  • ライ麦パン:55
  • うどん:80
  • 蕎麦:54

となっています。

 

糖化についての詳細はコチラをご覧ください。

 

全然違いますよね?

 

これが白い炭水化物を避けるべき理由の1つなんです。

 

茶色い炭水化物には栄養価が豊富!だが…

 

 

つまり血糖値が緩やかに上昇する
茶色い炭水化物を摂取すると
美肌には効果的
なんです。

 

しかも白い炭水化物と比べて
ビタミンB群を中心にあらゆるビタミン・ミネラル成分
豊富に含まれていますので
健康には圧倒的に茶色い炭水化物が良いんです。

 

ただ、茶色い炭水化物なら何でも良いというわけではなく、
注意したい点もいくつかあります。

 

まず1つが「農薬」です。

 

玄米は精白されていない分、
農薬の影響をもろに受けてしまいます。

 

ですので、当然ですが
無添加・無農薬の物を選ぶことが大事です。

 

2つ目が「製法」です。

 

玄米を高温で乾燥させている場合、
ビタミンやミネラル類が熱で壊れてしまいますので、
できれば自然乾燥の玄米を選ぶことがお薦めです。

 

3つ目が「配合成分」です。

 

更に玄米には
アブシジン酸やフィチン酸という
体内の細胞(ミトコンドリア)を傷つける成分
配合されていて、
摂取すると低体温症や肌荒れの原因になります。

(既に発芽された状態で販売されている玄米も同様)

 

ですので、完璧を求めるのであれば、
玄米を発芽させる専用の炊飯器が必要です。

 

発芽させる事で上記成分を無毒化させる事ができるからです。

 

当サイトのお薦めの玄米と炊飯器はコチラです。

 

当サイトお薦めの安全・安心な玄米はコチラ

 

当サイトお薦めの炊飯器はコチラ

 

炭水化物中心の生活から脱出しよう!

 

炭水化物は必要エネルギーとして糖に分解された後、
素早く吸収されます。

 

ですが、実際にエネルギーに変換されなかった糖は
脂肪としての蓄えになるだけです。

 

しかも糖質はお菓子類同様依存性がありますので、
ついつい食べ過ぎてしまう傾向があるんです。

 

ですので摂取量にも注意するようにしてみて下さい。

 

まとめ

 

  1. 白い炭水化物は血管や細胞を老化させる「糖化」の原因
  2. 茶色い炭水化物は栄養価が豊富でGI値も低い
  3. 玄米の選び方としては無添加・無農薬、自然乾燥の物を選ぶと美肌に良い
  4. 専用の炊飯器を使う事で体内細胞を傷つける成分を無効化できる