フィトケミカル一覧表|肌のアンチエイジングへの効果は…?

 

 

糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維に続く
第7の栄養素「フィトケミカル(ファイトケミカル)」

 

直訳すると「植物の化学物質」で、
人体に取り込む事で、活性酸素除去効果による
肌のアンチエイジング効果や血行促進、免疫力増加等の
効果
に期待できる近年注目されている栄養素です。

 

言い換えると、
たんぱく質やビタミン・ミネラル等が
健康を維持する為の「守りの栄養素」なら、
フィトケミカルはあなたに若さを取り戻させる為の
「攻めの栄養素」
です。

 

 

ですので、肌のアンチエイジングへ効果が高いので
サプリになっている事も多いんです。

 

フィトケミカルは主に
ポリフェノール、カロテノイド、硫黄化合物の
3種類に分類され
数としては何千・何万種類あります。

 

ですので、特に肌のアンチエイジングに期待できる
主要なフィトケミカル11種類に絞って
まとめて紹介いたします。

 

フィトケミカル一覧表

 

フィトケミカル

摂取目安量~耐容上限量

効果

主な食品・備考

アスタキサンチン

目安:
2-6mg
(鮭の切り身2,3切れ分)

強力な抗酸化効果(ビタミンEの約1,000倍)が有り、肌荒れ・シミ・シワ予防として効果を期待できる。

脂肪に溶ける性質がある為、悪玉コレステロールの酸化を抑える作用が強い。

目の網膜に対しても活性酸素除去効果を発揮するので、スマホ・パソコンによるブルーライトや紫外線による目の酸化を抑えられる。

魚介類(鮭、いくら、鯛、エビ等)。

カロテノイド(色素成分)の一種。

アントシアニン

目安:
40-90mg
(ビルベリー15-20g前後)

強い抗酸化効果有(ビタミンEの約50倍)。

視神経の働きを支えるロドプシンという物質の再合成を助ける働きがあり、眼精疲労回復効果、視力UP等に期待できる。

悪玉コレステロールの低下、善玉コレステロールの増加効果がある。

ビルベリー、ブルーベリー、ブドウ等。

ポリフェノールの一種。

イソフラボン

目安:
50-75mg
(納豆約1,2パック分)

女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするので、美肌を作り上げる。

エストロゲンが過剰の時はエストロゲンを抑える作用もあり、女性ホルモンのバランスを整える。

ただ日本人の半数がイソフラボンから、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」を作る事ができないので、イソフラボンで効果を感じない方はエクオールサプリを摂取しても良い。

大豆類(納豆、豆腐など)。

ポリフェノールの一種。

カテキン

目安:
100-1,000mg
(緑茶コップ1-10杯分)

抗酸化効果有(ビタミンEの約20倍)。

血糖値を下げる効果有。

抗菌・口臭予防効果有。

緑茶、紅茶等。

ポリフェノールの一種。

カプサイシン

目安:
6mg
(唐辛子約2g分)

唐辛子の辛み成分で、交感神経を刺激し、アドレナリンなどのホルモン分泌促進効果有。

アドレナリン分泌によって体温が上がり、血行・代謝が促進されるので、冷え性対策に効果的。

代謝促進により体内の老廃物を外に出すデトックス効果にも期待できる。

唐辛子等。

カロテノイドの一種。

ファイトケミカルの一種「カプシエイト」も同様の効果有。

ケルセチン

目安:
200-500mg
(玉ねぎ500-1,250g分)

活性酸素除去効果有。(ビタミンEの約10倍)

コレステロール・血糖値の上昇抑制効果有。

玉ねぎ、ブロッコリー等。

ポリフェノールの一種。

スルフォラファン

目安:
30mg
(ブロッコリー1株分)

強い抗酸化効果有。(ビタミン類に比べて抗酸化効果の持続時間が約10倍長い)

肝臓にある解毒酵素活性化により免疫力も高まる。

グルタチオン生成を促進し、新陳代謝向上にも期待できる。

ブロッコリー(新芽)、キャベツ等。

イオウ化合物の一種。

フェルラ酸

目安:
100mg
(米ぬか約40g分)

上限:500mg

脳の活性酸素除去効果による脳機能改善効果有(認知症、アルツハイマーなど)。

悪玉コレステロール抑制と善玉コレステロール活性化効果有。

メラニンの生成抑制による肌のシミ防止効果もある。

米ぬか、玄米、トウモロコシ、タケノコ等。

ポリフェノールの一種。

β-クリプトキサンチン

目安:
3mg
(温州みかん2個分)

強い抗酸化効果有(ビタミンA前駆体の為、ビタミンAと同等の効果)。

骨の形成も促進する為、骨粗しょう症予防にも効果的。

温州みかん、オレンジ、トウモロコシ等。

カロテノイドの一種。

リコピン

目安:
15-20mg
(トマト2,3個分)

強力な抗酸化効果有(ビタミンEの約100倍)。

悪玉コレステロール値を低下させる効果有。

ブルーライト、紫外線などによる視覚機能の衰えを改善させる効果もあり。

トマト、スイカ、あんず等。

カロテノイドの一種。

レスベラトロール

目安:
50-150mg
(メリンジョ果実1-3g分)

強い抗酸化効果(ビタミンEの数倍-数十倍)があり細胞の老化を防止する。

寿命を延ばす長寿遺伝子も活性化させる。

メリンジョ果実、アーモンド、ブドウ、赤ワイン等。

ポリフェノールの一種。

 

フィトケミカルはあなたの悩みに合った物を摂取する

 

 

このようにフィトケミカルには
ほぼ全てにビタミンE以上の抗酸化効果があるので、
十分量摂取する事で
高いアンチエイジング効果に期待できるのです。

 

これら全てを基準値以上に摂取するのは難しいと思いますので、
あなたに必要なフィトケミカルを見つけ、
1つでも基準値以上に摂取できると
良いと思います。

 

女性ホルモンのバランスを整える
イソフラボンあたりは1日納豆1,2パックですので、
基準値を満たし易いフィトケミカルかと思われます。

 

 

繰り返しになりますが、
フィトケミカルは「攻めの栄養素」です。

 

あなたの肌のお悩みに
ピンポイントの成分を摂取して
積極的に改善させていきましょう。

 

ビタミン類一覧はコチラ

主要ミネラル類一覧はコチラ

微量ミネラル類一覧はコチラ

 

まとめ

 

  1. フィトケミカル(ファイトケミカル)はほぼ全てにビタミンE以上に強い抗酸化効果がある
  2. 女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンは意識すれば目安量を達成し易い
  3. アスタキサンチンはビタミンEの1,000倍の抗酸化効果がある