ファッションバランスを整える鍵は〇〇?!小顔がお洒落に見える理由とは?

 

これまでファッションには

  • 服の堅さ
  • 色合い

の2点のルールが大事だという事をお伝えして参りました。

 

服の堅さに整え方はコチラ

服の色のバランスの整え方はコチラ

 

上記2つで十分お洒落な着こなしが可能なんですけど、
最後に「服の重さ」について
久保田卓也さんの著書
「大人の為の私服の教科書」
を基にお伝えいたします。

 

ファッションバランスはW値を意識しよう!

 

Wとはウエイトの事です。

 

つまり服装の重さの事です。

 

このW値を使って
2種類の服装のバランスの合わせ方がある
ので
紹介いたします。

 

三角形型でバランスを合わせる

 

逆三角形型のファッションはアンバランス
三角形型のファッションはバランスが良いとされています。

 

 

つまり、
下を重く、上を軽くするスタイルが三角形型になり
バランスの取れたファッションとなるんです。

 

例えば、スウェットって
意外と何とでも合う感じしませんか?

 

スウェットが比較的何にでも会いやすいのは
スウェットがダボっとしていて
三角形型になり易いからです。

 

重い服装とは?

 

「重い服装って何?」
と思うかもしれませんが、
要するにダボっと見える重たい服装です。

 

この服の重さを
W値という数字を使って
整えていくんです。

 

【プラスのW値】

 

  • ゆったりした重厚な素材(W値+1)
  • 黒や濃色(W値+1)
  • 目立つ飾りがついている(W値+1)

 

【マイナスのW値】

 

  • ぴったりした軽い素材(W値-1)
  • 白や薄い色(W値-1)

 

上記を基準に
上半身と下半身のW値が
上半身の計W値<下半身の計W値
になるようにコーディネイトをすると
三角形型になり、お洒落になります。

 

三角形型コーディネートの例

 

例えば、画像の場合。

 

 

上半身は
ピッタリしたシャツ(W値-1)
白(W値-1)
なのでW値計-2。

 

ボトムスは
ピッタリしたズボン(W値-1)
なのでW値計-1。

 

靴は
濃色(W値+1)
なのでW値計+1。

 

上記のようになり、
三角形型のコーディネートができるんです。

 

因みに逆三角形でバランスを取りたい場合は
重厚な靴を履き、
土台を置くことでバランスを取る事ができます。

 

 

靴以外にもズボンのロールアップなどで
バランスを取る事もあります。

 

例えば画像の場合。

 

 

上半身は
ゆったりしたトレーナー(W値+1)
黒(W値+1)
なのでW値計+2。

 

ボトムスは
薄い色のズボン(W値-1)
なのでW値計-1。

 

靴は
濃色(W値+1)
なのでW値計+1。

 

これで砂時計型となり、
なんとかバランスを取る事ができるのです。

 

顔の大きさは勿論W値に影響ある

 

「小顔がお洒落、大きい顔は微妙。」

 

 

何となく、こんなイメージありませんか?

 

これは上半身のW値が顔によっても変わってくるからなんです。

 

つまり、顔が大きい人はW値を意識して
上を軽く、下を重厚に
という事を意識しさえすれば、
当然お洒落になるんです。

 

小顔の人はどの服を着ても大抵
上半身W値<下半身W値
になるのでお洒落に見え易いってだけなんです。

 

「服装だけで弱点を補える」と思うと
何か気が楽になりませんか?

 

ファッションって結構その人の感性によるものなので、
説明し辛い部分でしたが、
久保田卓也さんの著書「私服の教科書」は
唯一論理的にまとまっていた本でしたので、
その本に書かれている事を基に
ファッションの基盤を紹介いたしました。

 

 

それから「顔によってK値、W値が変わる」というのが分かると
ファッション誌の見方も変わってくるかと思います。

 

自分に近しい顔のK値、W値のモデルさんの
ファッションを見ると良いという事です。

 

これを基に服を買い集めるのが個人的にお薦めです。

 

ダサくない服であれば何でも良いという事であれば…

 

服のレンタルサービスをご存知でしょうか?

 

今は何でもシェアの時代です。

 

コーディネーターがあなたの私物や格好をヒアリングし、
月額を支払う事でコーディネートし、
私服をレンタルしてくれたり

必要なものを自由にレンタルできたりするサービスもあります。

 

こういったサービスを利用してもいいとは思います。

 

ですが、自分で買えば月何千円もかける必要はありません。

 

しかも個人的には(男性の場合)靴に10万円以上、
ボトムスに3万円以上かける事を推奨していますので、
個人で買い揃えた方が良いと思っています。

 

より良いファッションの実現が可能だし
感性が身に着きますので。

 

まぁどちらにしても、
あなたのファッションのお悩みを解決してくれるはずですので、
あなたに合った方法をお試しください。