デッドリフトでテストステロン分泌しまくり?筋トレ方法は?

 

 

今回も男性のモテホルモン
「テストステロン」分泌に
効果的な筋トレ方法
についてお伝えいたします。

 

筋肉量が増えると
テストステロン受容体が増えるので
筋肉量が上がるほど
テストステロンが効率的に分泌されます。

 

ですのでテストステロン分泌に効果的な筋トレとしては
「広範囲で多くの筋力を鍛えられること」です。

 

そこで

  • スクワット
  • デッドリフト
  • ベンチプレス

の3つがテストステロン分泌に効果的なんですけど、
今回はデッドリフトの正しいやり方について
お伝えいたします。

 

デッドリフトでどこの筋肉がつくの?

 

下半身~背筋までを鍛える事ができます。

 

細かく言うと

  • 大殿筋
  • 脊柱起立筋
  • 広背筋
  • 像帽筋

です。

 

 

このようにデッドリフトは
広範囲の筋肉に大きく負荷をかけることができて、
筋肉量を上げることができるんです。

 

やってみると分かりますが、
これマジで疲れます…笑

 

デッドリフトも目的別にやり方が色々あるんですけど、
今回は男性のモテホルモン「テストステロン」を
効果的に分泌させる上での
方法
をお伝えいたします。

 

中には近くにジムが無いという人もいるかと思いますので、
ダンベルで簡単にできる方法も後述いたします。

 

デッドリフトのやり方

 

0.ウォーミングアップ

 

 

デッドリフトは準備運動・ウォーミングアップ後に
一番最初に取り組むべき筋トレ
です。

 

筋肉がまだ疲れていない最初の内にやることで
腰を痛めるなどのリスクを減らすためです。

 

1.足を肩幅に開く

 

 

つま先、目線は正面を向けます。

 

この時バーベルは足の脛に当たる
ギリギリのところまで来ます。

 

2.脛の真横の肩幅より少し広い位置でバーを握る

 

この時、曲げる関節を意識してください。

 

この時曲がっているのは腰と膝の2点のみです。

 

背中は絶対丸めないようにして下さい。

 

「背中を丸めない」
というのがデッドリフト中で
最も意識すべき点です。

 

背中が丸まった状態でやっても
全く意味がないからです。

 

3.膝を伸ばす

 

膝を伸ばしてバーベルを持ち上げます。

 

この時バーベルは
膝と同じ高さぐらいまで持ち上がります。

 

この時も背筋は丸まらないよう注意してください。

 

4.上体を起こす

 

 

曲げていた腰を元に戻すんですけど、
この時に肩甲骨を後方に引き寄せるよう意識してください。

 

このバーベルが腰まで上がった状態が最終地点です。

 

5.腰を元の位置まで戻していく

 

背筋を伸ばした状態で
腰を45度曲げてください。

 

お尻を後ろに出しながら
自然に腰を曲げると上手くできます。

 

6.膝を元の位置まで戻す

 

背中が丸まらないよう注意しながら
膝を曲げていき、元に戻します。

 

この戻す作業はゆっくりやってください。

 

これで1回です。

 

これを6-12回×5セットやって下さい。

 

5回目ぐらいで
「もうこれ以上できない」
ってぐらいに負荷がかかっていると
効果的です。

 

逆に5回目も楽々できるということであれば、
重量を上げて負荷を上げてみて下さい。

 

セット間のインターバルは3分前後にしてください。

 

デッドリフトの注意点

 

 

かなり負荷がかかる筋トレですので、
最初から重いものに手を出すと
フォームが崩れ腰を痛めることもあります。

 

ですので、最初のうちはフォームを覚える意味でも
軽量の重りから始めるとよいです。

 

むしろバーベルなしで始めてもいいぐらいです。

 

デッドリフト中は特に背中が丸まりやすいので、
背筋は常に意識すると良いです。

 

 

あとは肩甲骨や背筋も意識しながら行ってみて下さい。

 

腰を痛めないよう
トレーニングベルトを付けて行っても良いと思います。

 

「近くにジムが無いからできない」
という方はダンベルを購入して
ダンベルでデッドリフトを行うと効果的です。

 

ダンベルデッドリフトのやり方

 

 

上記と全く同じです。

 

両手で同じ重量のダンベルを持ち、
同じ流れでデッドリフトを行います。

 

デッドリフトはテストステロン分泌に効果的

 

デッドリフトは直訳すると「死の拳上」。

 

その名の通りめちゃくちゃきつい筋トレです。

 

ただその負荷の分大きな効果を得ることが可能です。

 

筋肉量が上がると代謝が上がり痩せ易くなりますし、
何よりテストステロン分泌量も上がります。

 

ですので普段の筋トレに取り入れると良いと思います。

 

トレーニングベルトなどは下記ショップの
「カテゴリーを探す→トレーニングギア」
で購入できますのでコチラも参考にしてみて下さい。

 

トレーニングベルトを購入するなら

 

まとめ

 

  1. デッドリフトは下半身~背筋と広範囲の筋肉を鍛えられる為テストステロン分泌にお薦め
  2. 腰を痛めやすいので準備運動後1番最初に取り組み、トレーニングベルトを付けると良い
  3. 注意すべきは「背中を丸めないこと」「正しいフォームで行うこと」「背筋の意識」
  4. 5回目で「もうこれ以上できない」というぐらいに負荷をかける
  5. 6-12回を5セット。インターバル3分で行うと良い。
  6. 近くにジムが無い方はダンベルで行うと良い