青クマを消すメイク方法|スッキリ綺麗にカバーするには?

 

「青クマを今すぐに消し去りたい」

「青クマをスッキリカバーできるメイク術を知りたい」

 

 

これまで青クマを素肌レベルで
改善する方法
についてお伝えしてきましたが、
今回はメイクで今すぐに消す方法について
お伝え致します。

 

青クマを素肌から綺麗にするお薦め栄養素と食べ物

青クマができにくい肌にするには?

 

メイクの基本は補色でカバー

 

まず、メイクの基本は補色でカバーする事です。

 

 

上記を色相環と言うんですけど、
その色の反対部分にある色を補色と言います。

 

例えば目の下の青クマをメイクで隠すのであれば、
反対に位置する黄色やオレンジで
カバーしましょうというものです。

 

この反対に位置する補色でカバーするのが
メイクの基本となります。

 

青クマを消す為のメイクの順番

 

目の下の皮膚は肌の他の部分と違って
かなり薄くなっています
ので、
刺激の強いメイク等は避けた方が良いです。

 

ですので、まずは刺激を抑える為、
化粧下地を塗ります。

 

①下地を塗る

 

 

化粧下地はメイクの刺激を和らげる為に使われる物です。

 

ですので、勿論肌の負担にならない
無添加の化粧下地を使いましょう。

 

レイチェルワインのコントロールカラーベース
肌に悪い成分無添加なので最もお薦めです。

 

②補色のコンシーラーを塗る

 

下地の上にコンシーラーを乗せていきます。

 

 

青クマの場合、青の補色に当たる
黄色~オレンジのコンシーラーを使うと良いです。

 

クマのコンシーラーと言うと、
クリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーを
思い浮かべる方もいると思うんですけど、
これらは油分を含むので、
肌に悪い合成界面活性剤や
それと似た働きをする植物エキスが配合されています。

 

注意点:肌に悪影響を与えるコンシーラーは避ける

 

簡単に合成界面活性剤とは本来溶け合わない
水分と油分を溶かす為に配合される物
です。

 

 

肌表面も水分と油分が何層にも重なってできているので、
これら成分が配合されていると
肌の保湿機能が壊れてしまいます。

 

 

んで、壊れたバリア機能に化粧が染み込み、
肌荒れや茶クマの原因になりますので、
これら成分が配合されていない
コンシーラーを選ぶ必要があるのです。

 

 

そこでお薦めなのがパウダー型のコンシーラーで、
レイチェルワインのコンシーラーがお薦めです。

 

合成界面活性剤は勿論、
肌に悪影響を及ぼす合成ポリマーや防腐剤なども
無添加
なので、安心して使う事ができるからです。

 

③パウダーファンデーションでナチュラルに仕上げる

 

あとは、コンシーラーを自然にする為に
上からパウダーファンデーションを塗って
青クマ対策のメイクの出来上がりです。

 

 

因みにファンデーションもリキッドタイプではない理由は
上記と同じでリキッドタイプも
合成界面活性剤かそれに似た植物エキスを配合させた
肌に悪いファンデーションがほとんどだから
です。

 

このファンデーションもレイチェルワインの
ミネラルファンデーション
がお薦めです。

 

 

レイチェルワインの口コミや詳細は
下記をご覧ください。

 

レイチェルワインの良い口コミ・悪い口コミはコチラ

 

あなたのクマは本当に青クマ?!

 

 

本当に青クマだけであれば上記メイクで隠す事が可能です。

 

ですが、よく青クマ+黒クマという
混合クマのケースもあります。

 

その場合、少しメイク方法が異なります。

 

色が暗くなっていて色彩だけでなく
明度も調整しないといけないので、
その場合のメイク方法はコチラを参考にしてみて下さい。

 

青クマ+黒クマのメイク方法の詳細はコチラ

 

それでは次回は茶クマについて
原因と改善法をお伝え致します。

 

茶クマの原因と解消法の詳細はコチラ

 

まとめ

 

  1. メイクは補色(色相環の反対に位置する色)でカバーするのが基本
  2. 目の下の皮膚はかなり薄く、刺激に弱いので、肌に優しいメイクを選ぶ事が大事
  3. 化粧下地⇒黄色~オレンジのコンシーラー⇒パウダーファンデの順でカバーすると良い
  4. 下地もコンシーラーもファンデーションもレイチェルワインが成分的にお薦め
  5. 上記メイクで消えない場合、黒+青クマの混合クマの可能性がある