【青ひげ解消法】カミソリ負けしない肌に優しい髭剃りとは?

 

「髭剃り後の口回りのカミソリ負けがヒドい!」

「髭剃り後に青ヒゲの症状が出易い。何とかしたい!」

 

 

カミソリ負けや青ひげの症状は見た目年齢を老けさせるし、
あなたの清潔感を損ねてしまいます。

 

 

実は20-30代の女性(受付嬢)をターゲットにした
「最も高感度の下がる髭は何か?」っていう内容の
男性の髭に関するアンケートがあったんです。

 

 

その結果が

  • 無精ヒゲ(54%)
  • 剃り残し(21%)
  • 青ヒゲ(15%)

ってなってて、更に
「寝ぐせのある男性より髭の剃り残しの方が高感度が低い」
「ハンカチを持っていない男性より青ひげの男性の方が好感度低い」

というアンケート結果も出ているみたいです。

 

髭に関するアンケートの詳細はコチラから

 

「いや、なりたくて青ひげになったわけじゃないから!」
と思うかもしれませんが、
残念ながら世間の評価はこのようになっているみたいです。

 

ただ、青髭の男性のほとんどが
「ただ、髭剃りのやり方を間違えていた」
というだけのケースが多いので、
今からあなたの印象を確実に変えていく事も十分可能ですので、
下記でしっかり改善していきましょう!

 

青ひげって何で起こるの?

 

 

基本的に髭を剃る事で
肌表面の古い角層も一緒に落ちるようになっています。

 

ですので、髭剃り後は古い角層が剥がれ落ちて、
肌が新しく生まれ変わるんですね。

 

「これだけ聞くと髭剃りって肌にいいんじゃないか?」
と思うかもしれないんですけど、
この新しい肌は髭剃りという人為的に生み出されたものなので、
髭剃り後の肌は敏感で傷付き易くなっているんです。

 

 

その傷付いた肌に細菌が入り込む事でカミソリ負けや
青ひげの症状が発症してしまうんです。

 

具体的に青ひげが起こる原因としては

  • 切れ味の悪いカミソリを使う事
  • 髭を剃り易い状態にしないで髭剃りをしている事
  • カミソリ負けが起こり易い剃り方をしている事

が挙げられます。

 

切れ味の悪いカミソリを使っている

 

 

切れ味の悪いカミソリを使う事で、
カミソリ負けを起こすケースも多いです。

 

髭の硬さは良く銅と同じぐらいだと例えられます。

 

ですんで、髭の1本1本が銅線と同じ強度だと思ってください。

 

 

そんなに固い髭を毎日剃り続けていたら
勿論カミソリの切れ味が悪くなります。

 

そして切れ味が悪くなると、
銅線と同じ固さの髭の1本1本によって肌が引っ張られて
肌に刺激を与えます。

 

 

この刺激が原因で炎症を起こす場合もありますし、
毛穴に細菌が入り込んで
カミソリ負けを起こす事もあるんです。

 

ですので、カミソリの刃を
定期的に交換して頂く必要があるんですが、
実際に皆さんはどのぐらいの頻度で交換していますか?

 

人によっては数か月交換していないという方もいると思います。

 

人によって髭の濃さも髭剃り頻度も違うので何とも言えないんですけど、
実は毎日髭を剃る方だと、
だいたい2週間に1回は交換する必要があるんです。

 

青ひげ持ちの方はこの交換頻度に
ドキッとした方も多いんじゃないでしょうか?

 

変に長期利用するんじゃなくて
まずは常に切れ味のいい刃で髭剃りをする事が大事です。

 

正しい髭剃りの順序

 

いくらいいカミソリを持っていてもやり方が間違っていれば
青ひげを作る事になります。

 

そこで、まず髭剃りの順序をお話しします。

 

起床後から少なくとも15分は時間を空ける

 

 

起床後は肌がむくんでいる状態なので、
毛が奥に入り込んで深剃りし辛い状態になっています。

 

ですので、まずは布団から出た状態から15分間の経過を待ちます。

 

朝食や朝風呂等に時間を充てるといいと思います。

 

勿論人によっては15分でむくみを取る事ができない人もいると思うので、
むくみの解消については下記も参考になるかと思います。

 

むくみを解消するには

 

髭・肌に水分を含ませ髭を剃り易い状態にする

 

先ほど言った通り髭は銅線クラスに固いです。

 

ですが、水分を含ませることで髭は柔らかくなりますんで、
先にぬるま湯で石鹸洗顔をします。

 

洗顔によって肌の細菌を先に落とし、
毛穴に細菌が入り込むリスクを抑えるのです。

 

もしくは洗顔後に蒸しタオルを顔に当てて頂き
髭を柔らかくして頂くのもいいです。

 

シェービングフォームは石鹸を使う

 

シェービングには余計な界面活性剤や合成ポリマーが含まれていて、
肌荒れの原因となりますので、
普通の石鹸を使います。

 

 

石鹸を泡立てネットで泡立てて使うんですけど、
洗顔ネットも石鹸もできるだけ水を切って頂いた後にご利用頂けると
濃密な泡が作れますんで、
できるだけ水分は切ってから使ってみてください。

 

カミソリ負けを起こさない正しい髭剃り方法

髭剃り方法1順剃り

 

まず、あなたの髭がどちら側に向いて
生えているか確認してみて下さい。

 

基本的に上から下に、内側から外側に向かって
髭は生えているはずです。

 

この髭の流れに沿ってまずは一通り剃ります。

 

 

これを順剃りって言うんですけど、さっき言ったように
髭に抵抗がかかるとカミソリ負けの原因になるので、
まずは一番リスクの少ない方法で、髭を剃っていきます。

 

この時、髭剃りはできるだけ力を抜いた状態で行ってください。

 

髭剃りに手を添える程度です!

 

髭剃り方法2逆剃り

 

逆剃りとは毛の流れに逆らって剃る方法なんですけど、
さっき言った通りで
カミソリ負けを起こし易いというデメリットがあります。

 

 

ただ、順剃りよりも深く細かく剃れますんで
気になる部分にだけ行うと良いです。

 

とはいっても几帳面な人の場合、
「完全に剃り切れないと気になる」
という人もいると思うので、
「逆剃りは2回まで」みたいに
ルールを作っちゃうのもいいかもしれません。

 

肌を手で引っ張って髭を強調させながら剃ると、
少ない回数でも剃り易くなります。

 

髭剃り後の保湿で細菌の侵入を防ぐ

 

こうやって髭剃りができるんですけど、
さっき言った通り髭剃り後の肌は、
一緒に古い角質も落としていますので、
新しい肌がむき出しになっている状態なんです。

 

 

つまり敏感肌状態ですので、
細菌が入り込むと炎症を起こしてしまうんです。

 

そこで、アフターケアとして
しっかり「セラミド」という成分が配合された
保湿美溶液で保湿すると
肌が守られ、カミソリ負けを防げます。

 

おすすめセラミド美容液は?

 

髭剃り後に稀に肌がヒリヒリする症状が出る事はありませんか?

 

それは実は肌からのSOSです。

 

そのような症状が出た時は、
逆剃りを控えたり、髭剃り自体を控えたりする事
肌を綺麗にする上で重要です。

 

口回りの髭を整えるだけで
かなりのアンチエイジングになりますので、
上記是非実践してみて下さい。

 

まとめ

  1. 無精ひげ、剃り残し、青ヒゲは3大好感度低いヒゲ
  2. 髭剃り後は古い角質が落ちて、新しい皮膚が出てくる
  3. 髭剃り後は敏感肌状態なので、細菌が入ると炎症や青ひげ等の症状が出易い
  4. カミソリは2週間に1回のペースで刃を交換すると良い
  5. 起床後15分以内に髭剃りしても深剃りができない
  6. 水分を肌に含ませると髭が柔らかくなり、剃り易くなる
  7. シェービングは普通の石鹸を泡立てて使うのが一番肌に優しい
  8. 順剃りが基本で、逆剃りは青ひげを招くので極力控える
  9. 髭剃り後は保湿美容液で細菌から肌を守る