20代の老人性色素斑(シミ)をガッツリ消す方法

 

「シミのせいで+5歳ぐらいに老けて見られる事がある」

「今の自分の顔が嫌い」

 

 

「何でシミを予防してこなかったんだ!」
と自己嫌悪に陥る人もいるみたいです。

 

その上紫外線が強い時期が近づくと
「またシミが濃くなる時期か」と本当、鬱にすらなりますよね。

 

実際にそのまま紫外線対策をしないで
地肌を紫外線に晒し続けると、
シミが更に濃くなりますし、
シミができ易い体質になってしまいます。

 

 

今よりシミができ易い体質なんて冗談じゃないですよね?

 

そこで今回は今からでもできるシミの対策方法と
シミをでき辛くする為の予防法
についてお伝え致します。

 

紫外線が原因でできるシミ「老人性色素斑」とは?

 

シミには何種類かあるんですけど、
この老人性色素斑は最も多いタイプのシミで、
紫外線とか肌の老化が原因で起こるシミって言われています。

 

 

老人性色素斑は薄い茶色~黒いシミで
数ミリ~数十ミリと様々なサイズがあります。

 

紫外線が当たると
肌の内部を守るように
肌奥のメラノサイトという部分に指令が行くようになっています。

 

 

指令が言い渡されるとチロシナーゼと言われる酵素が働いて
肌の内部をブロックするメラニンという物質が生成されます。

 

 

これによって肌の内部を守る事ができるんですけど、
そのバリアの見た目は悪く、
このバリアの事を私たちはシミと呼んでいます。

 

 

細かい事を話しちゃったんですけど、
要するにシミは紫外線が当たる事によってできるって事です。

 

紫外線によりシミができ易い肌になる

 

更に紫外線を浴びる事の一番怖い点は
肌構造が変わってしまうという点です。

 

 

紫外線によって最終的にはこのようにシワができるんですけど、
強い紫外線が当たると肌の内部の構造が変わって
シミができ易い体質に変わってしまうんです。

 

 

肌構造が変わってしまうと
肌の生まれ変わりにも時間がかかりますし、
少しの紫外線でも先ほど言った
紫外線を防ぐバリア成分の過剰生成によって
すぐに目立つシミができてしまうんです。

 

シミの予防にはまず紫外線対策

 

紫外線によってシミができ易い肌質になってしまいますし、
紫外線が当たる事でシミは生成しますので
まずは紫外線対策をキッチリしましょう。

 

日焼け止めを使わない肌にいい紫外線対策はコチラ

 

それから肌を外的刺激から守る為に
正しいスキンケアをする事で肌の強いバリア機能を築くと
より効果的です。

 

合成界面活性剤を使わない安全なクレンジング

95%の人が間違っている!洗顔料の正しい選び方

無添加で選ぶセラミド含有保湿美容液

 

上記を参考にしてみて下さい。

 

既にできてしまったシミはターンオーバー促進で改善

 

ビタミンA、オルニチン、シトルリン、スルフォラファン等を摂取する事で
古くなった肌を垢として落とす新陳代謝の促進に期待できます。

 

あとはビタミンB群や亜鉛、硫黄等は
新しい肌細胞を生み出す事にも期待できますので、
不足しないよう注意が必要です。

 

サプリでビタミン類を効率よく摂取するには

 

更にビタミンC,E、コエンザイムQ10、アスタキサンチン等は
抗酸化効果に期待できますので、
紫外線による影響を抑える事ができます。

 

更にシミができにくい体質にするなら、
「フェルラ酸」や「システイン」を摂取する事で
メラニン生成を抑制する事ができますのでお薦めです。

 

それでも治らなければ内服薬トラネキサム酸を使う

 

あとは内服薬トラネキサム酸を使う事でも
シミの生成を抑える事ができます。

 

これも「フェルラ酸」や「システイン」同様、
シミを作る酵素(チロシナーゼ)を抑制する事で
シミをでき辛くしてくれます。

 

 

皮膚科などに相談の下、
用法用量を守ってご利用ください。

 

用法用量を守らないと
皮膚を紫外線から守る機能を抑制し過ぎてしまう点と、
血液が固まり易くなる点でデメリットが出てきてしまいますので。

 

上記を行う事で老人性色素斑(シミ)の対策は可能です。

 

よく「シミ対策に美白美容液」という方もおりますが、
私は美白美容液に関しては断固反対派です。

 

美白美容液は危険?利用を控えた方が良い理由とは?

 

このタイプのシミの場合、
正しいスキンケアと紫外線対策で
基本的に十分対応可能なはずですので、
焦らずじっくり改善に向かて頂けると
あなたの肌にとって良いと思いますよ。

 

まとめ

  1. 紫外線を浴び続けるとシミが濃くなるしシミができ易くなる
  2. 紫外線によって老人性色素斑は起こる
  3. 紫外線を浴びる事で肌の内部構造が変わってしまう
  4. 紫外線対策と正しいスキンケアで強いバリア機能を築くと良い
  5. ビタミン類の摂取で肌の生まれ変わり周期を早める事ができる
  6. トラネキサム酸は用法用量を守って利用すると効果的