【11月が旬の野菜】健康にお薦めランキングTOP5

 

 

今回は11月が旬の野菜を細かくお伝えいたします。

 

当サイトが旬な野菜をお薦めしている理由としては

  • 栄養価が旬じゃない時期より2-4倍豊富
  • 金額が安い

という2点のメリットがあるからです。

 

年がら年中同じ野菜じゃなくて、
旬な野菜を摂るべきじゃないですか?

 

11月は春菊、ネギ、白菜、キノコ類等の
鍋野菜と言われる野菜が
旬な時期になってきました。

 

そこで、11月が旬の野菜の中でも
特に健康効果やアンチエイジングに期待できる野菜を
ランキング形式でお伝えしていきます。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

【11月が旬の野菜ランキング】第5位キノコ類

 

 

秋の味覚、キノコ類
(シメジ、椎茸、松茸、マイタケ、エノキ、エリンギ、なめこ等)
には
豊富なビタミンB群、ビタミンD2、銅が含まれます。

 

ビタミンB群には糖代謝の働きがあります。

 

糖分はタンパク質と結びつくと
血管や肌奥のコラーゲンを老化させる働きがありますので、
ビタミンB群を豊富に含んだキノコ類は
老化防止の役割も果たします。

 

中でもエノキ、エリンギ、マイタケには
ビオチンも豊富に含まれますので、
特にお薦めです。

 

ビオチンは不足すると
アトピー性皮膚炎や白髪、脱毛等を
引き起こす原因
になるんです。

 

【11月が旬の野菜ランキング】第4位ブロッコリー

 

 

ビタミンCEK、B群、モリブテン等を豊富に含みます。

 

更にブロッコリーに含まれるスルフォラファンは
成長ホルモン分泌促進効果にも期待できるんです。

 

それから血行促進効果のあるクロロフィルも含みます。

 

美肌効果に期待できる野菜ですが、
熱を一度通さないと食べるのが難しいので、
この順位にしました。

(高熱が加わるとビタミンC等が失活する為)

 

ブロッコリーの栄養価の詳細はコチラ

 

【11月が旬の野菜ランキング】第3位春菊

 

 

春菊はビタミンA,C,E,K、葉酸、
モリブテン、カリウム、カルシウム等
を含む野菜です。

 

免疫力、自律神経、ホルモンの働きを高める成分
多く含まれている野菜です。

 

それから春菊に含まれるクロロフィルは
血中コレステロールを下げる働きもあります。

 

油っこい鍋には是非入れたい一品です。

 

春菊の栄養価の詳細はコチラ

 

【11月が旬の野菜ランキング】第2位かぼちゃ

 

 

夏野菜のイメージがあるかもしれませんが、
かぼちゃは貯蔵によって甘みを増すので、
この時期も旬になるんです。

 

ビタミンを豊富に含み、
ビタミンA,C,E,K,B群が豊富です。

 

かぼちゃの栄養価の詳細はコチラ

 

【11月が旬の野菜ランキング】第1位ほうれん草

 

 

ビタミンA,C,E,K,B群、カリウム、マグネシウム、鉄、モリブテン等
ビタミン類・ミネラル類を共に豊富に含みます。

 

抗酸化効果によるアンチエイジング効果は勿論、
鉄分、葉酸による貧血・冷え性予防
免疫力向上等の効果にも期待できます。

 

とにかく豊富な栄養素を含むので、
11月は是非摂取を意識してみて下さい。

 

ほうれん草の栄養価の詳細はコチラ

 

その他の11月が旬の野菜

 

  • ネギ(葉酸、ビタミンK等)
  • サラダ菜(ビタミンAEK、葉酸、鉄等)
  • レタス(ビタミンK、葉酸等)
  • 野沢菜(ビタミンCK、葉酸、モリブテン等)
  • 白菜(葉酸、ビタミンK、モリブテン等)
  • ごぼう(葉酸、銅等)
  • レンコン(ビタミンC、パントテン酸、マンガン等)
  • カブ(葉酸、ビタミンC等)
  • カリフラワー(ビタミンC,K,B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、モリブテン等)
  • 大根(葉酸等)
  • チンゲンサイ(ビタミンACK、葉酸、モリブテン等)
  • 人参(ビタミンA等)

 

鍋野菜、根菜類が11月は旬です。

 

是非、普段の健康的食生活のお役に立ててみて下さい。